ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 九号艇 カレント 艇長 3.98m 幅 63.5cm 重量 9.85kg

 デッキ色 レッド ボトム色 ブラック

      IMGP0012_201409251647123b6.jpg   IMG_0284_20140920165204303.jpg   IMGP0024_20140918164143040.jpg
    

        IMGP0020_20140925164710c20.jpg    DSCF1248.jpg  


 軽い、とにかく軽い!シーカヤックとしては最軽量のファルト。まさかフェザークラフトがこのようなタイプのファルトを製造するとは思わなかったが、大瀬さん曰く「もともと企画があった」とのこと。
そういえば、ウィスパーはもともと軽量カヤックとして作られる予定であり、フレームがチタンだったのを思い出した。


 購入顛末

 体調を崩してからより軽い艇も欲しくなった。かつバス便でも気楽に行ける軽くてコンパクトなシーカヤックが欲しくなったというのが購入理由。この艇を手に入れてから明らかに行動範囲が広がった。といってもまだ10回も出撃していないが。

 性能等
 
 スピードは思っていたよりも速い。本格的なシーカヤックファルトに比べると譲るものの、超軽量艇としては十分ではないか。ただ漕いだ後の伸びがあまりないかな。
 普通のツーリングで困ることはないかと。直進性は良く、特筆すべきは操作性。デッキストリンガーが膝をかけやすく(購入店により標準装備、オプションの違い有り、手に入れることをお勧めする)
リーンがかけ易く、回転性も良い。ファルトとしては文句なしではないか。一時安定性はそこそこあり、二次安定性は良い。、ちょっと波が高くなっても問題はなかった。
ウェザーコッキングにも強く、なかなかどうして性能は良い。
 大きめのうねりが前方から来た場合、バウが突っ込んでしまう癖がある。それにより減速してしまうのが弱点といえば弱点かな。基本は穏やかな海向けの艇であると思う。というよりこの艇で大遠征をたくらむ人はいないだろう。それこそ5mクラスのエクスペディション艇の出番だ。
 


 フレーム

 縦のフレームはアルミでリブは樹脂系のフレーム。縦のフレームは軽量化するために肉厚が薄く作られている。当たり前であるが軽い。しかしその分、キャンプ道具積んだままで運ぶのはダメージを与える可能性があるので、ある程度荷物を取り出してから運んだほうがよいかと。
当方はデイツーリング装備程度ではそのまま運んでいる。この辺は人それぞれか。今のところは問題なし。リブのフレームもカサラノやK2の素材と違うタイプで軽い。
 テンション掛けはフェザークラフト独自のキール、チャイン、ガンネルを一本づつ伸ばしていく方法をとっているが、てこの原理を利用するのではなく、そこを簡素化して手で伸ばしていく方法をとっている。
 利点は言うまでもなく、楽に組立ができる点。欠点はテンション掛けがどうしても弱くなること。船体布の張り「ピシット」張る感じではなく、ややたるむところもある。まあほんと「ライトへの執念」には恐れ入る。

 剛性も梃子の原理を利用した場合より落ちるだろうが、海で漕いだ感じではさほど気にならない。より楽に「ライト」にと割り切った男前の艇である。

  
 船体布

               IMGP0002_201409251647117be.jpg

 軽くてコンパクトである。それゆえに取り扱いには注意を要する。組立分解時は下に敷物を引いたほうがいい。あとロックガーデンや浅瀬を通るときは要注意。
 出艇時は水に浮かべてから、上陸時は乗り上げないようにと気を遣う必要がある。船体布が薄めに作られているということは、底をより擦りたくないということ、要するに川の中流域や浅瀬での使用には向いていないということでもある。




 一艇目としてはどうなのか?

 扱いは丁寧にする必要があるのは言うまでもない。上陸、出撃時は水上にて浮かべてから、組立時は下に何か引く、そしてロックガーデンや浅瀬では他の艇より要注意と。このあたりが守れるならば、面倒くさいとは思わないだろう。まあどうということもないのだが。それゆえに「お子さん」用の艇としては向いていない。

 

 


 



 これ以降は後日加筆していく予定。カレントの写真が何故か見つからない・・・・。それからそろそろ他の所有艇も加筆していこうかな。

 
スポンサーサイト
 八号艇 トランパー 艇長 4.1m 幅 72.0cm 重量 16kg弱?

 デッキ色 オリーブ ボトム色 イエロー

   IMGP1822_20100927171445.jpg    IMGP1834.jpg    IMGP1850_20100927171444.jpg

   IMGP1855_20100927171443.jpg

 すでに製造中止になっているリバースチール製「日本初」アルミフレーム艇。その当時発売されていたウッドフレーム艇に比べて、サイズの割りに軽く、そして積載量多く、また独特のアルミフレーム構造は結構衝撃だったのではないかと思われる。それゆえ相当数売れたとか。ちなみに当方所有艇はノーマルタイプではなく「ヘビーデューティ」タイプである。いまどきのファルトと違ってまともなテンション掛けがなかったり、フレームの接合が独特であったり、標準のシートがただの座布団だったりとなかなか「アク」の強い艇である。

 購入顛末

 カヤックコウノトリの河野さんと「加古川」をご一緒させていただいた時に「出物がある」とお聞きした。さすがにすでに7艇所有していた私であるが。トランパーそれも珍しい「ヘビーデューティ」タイプである。とりあえず見てみてあまり「癖の無い組立」なら友人に話をふる事も考えたが、実際物を見て組み立ててみて、それは止めた。いろいろ「癖」があるのだ。というわけで僕の「最後」の艇になったのだ。まあ最後は「面白そうな」艇だし値段も問題なかったしということで。

 性能等

 直進性よりも回転性重視でまさに川向けである。エアチューブSS-1と同じく小さめではあるが、安定性はこちらがずいぶん上。そうそう沈しないだろう。艇の形状によるものか。スピードは遅め。幅が72cmというのもあるが、直進性があまり高くないのと形状によるものだろう。

 積載量等

 シングル艇としては抜群の積載量を誇る。キャンプツーリングも余裕をこなすハイボリューム艇。デッキが高く荷物も積み込みやすい。ただその分風の影響も受けやすいので、ますます海向きではない。因みにハッチはついていないが、後ろはジッパー開閉なので問題なく積み込める。

 独自性


                   IMGP1818.jpg


 スプレースカートが船体布についている。これはトランパーの「チャームポイント」として結構有名とか。あとフレームの接合でワイヤーとゴムを兼用。そしてまるで「土管」みたいなストリンガーパイプ。やけに多い「船体布やパーツ」とフレームのベルト止め、ついでにシートや足置き等の取り付けが意外と煩雑(これが組立時間が意外とかかる理由の一つ)といろいろ特徴があったりする。日本初のアルミフレーム艇故の「試行錯誤」が伺える。ついでにシートはただの吊り下げ式座布団で背もたれは無く、直接フレームが背中にあたる・・・・製作者よ初のアルミフレームカヤックとはいえもう少し考えてくれ・・。別のシートを流用した方が良いのは言うまでも無い。ついでにフットペダルも無し。

 テンション掛け

 船体布にフレームを入れた後、ジッパーを閉める、そのたフレームと船体布のベルトを結構な数を閉める、それだけ。故にテンションは弱い(スピードが出ない原因の一つだろう)。それから船体布のジッパー閉めはかなりきつく、ジッパー破損の原因となる。船体布がしっかり濡れて伸びれば閉めるのは問題なくなる。

 七号艇 エルズミア480 艇長 4.80m 幅 58.0cm 重量 18kg

  デッキ色 ホワイ ボトム色 ホワイト

  P4111209.jpg    P4111203.jpg    P4111223.jpg

   IMGP1387_20100331171743.jpg     IMGP1751.jpg    IMGP1794.jpg

 アルフェック製グリーンランドタイプの高速艇。シャープなシルエットやスピードの速さ、剛性の高さやコストパフォーマンスのよさ等でなかなか人気がある。当方所有艇との比較では、シーショアとカサラノとの中間的な性能といったところ。厳密に言うと、スピードはカサラノ寄りで安定性はシーショア寄り。バランスが取れた艇だ。この艇の人気は単に「コストパフォーマンス」に優れているだけではない、というのは乗ってみれば分かる。グリーンランドタイプ故のフラットデッキ及びボリュームを抑えた艇だけに、向かい風には強い。

 
 購入顛末

 K2を購入してこれで最後かと思いきや、カサラノライダーのサスケさんからお話いただき、即決。かつてカサラノとともに検討していて、結局カサラノを選んだために、手に入れることは無いだろうと思っていたのだが、まさか所有することになろうとは・・・・縁というのは不思議なものである。

 
 性能等
 
 直進性は高く、リーンもまずまず掛けやすい。ただ二次安定性は、しっかり傾けたままで漕ぐとそこそこグラグラするのであまり高くない。リーンし続けて曲げるカヤック形状ではないとはとあるユーザーの弁。

 スピードは速い。剛性は評判どおり高くスピードに寄与していると思われる。トップスピードはカサラノに及ばないもののなかなかどうしてたいしたもの。剛性の強さゆえ陸で担いで移動するときも楽か。一次安定はまずまずあるが、安定性の高いタンデムファルトに乗っている方が、初めて乗ったりした場合、不安定と感じると思われる。また吊り下げ式シートの調整で安定性はアップする。


 積載量

 グリーンランドタイプなので、アリュートタイプに比べて積載量は落ちるものの、思っていたよりも積み込みやすい。バックジッパー方式を採用しているのと、バウ側のハッチの使いやすいのがその理由。個人的にもう少しバウ側のハッチが大きければ思う。デイツーリングでは電車行でも余裕。キャンプツーリングも問題無いと思われる。グリーンランドタイプなのでデッキに荷物が積みやすいのは良い。スターン側が、特にボリュームを抑えて作られているので、軽い荷物はジッパーを閉める前に入れておくのが良い。


 リジット艇の如く

 試乗した人が「リジット艇」に乗っているようだということがよくある。剛性の高さゆえであろう。リジットユーザに評価が高いのはそれが理由か。  

 その他

 嵩張らないかつシーソックやスプレースカートの付けやすい「分割式FRPコーミング」や力のいらない「てこの原理を利用したテンションがけ」は秀逸。


  六号艇「K2Expedition」 艇長5.87m 幅84cm 重量39.5kg
  
  デッキ色 ティール  ボトム色 ブラック

   

     K2 3      K2 4      K234.jpg         

    IMGP0202_20090212232356.jpg      IMGP0215_20090223001608.jpg      IMGP0206_20090214141658.jpg

    P9260903.jpg      IMGP2396.jpg

 
 カナダのフェザークラフト製大型タンデム艇。国内外の遠征や冒険に使用される、安定性、積載量、居住性、スピードに優れる最強のダブルカヤック。「この艇を所有することは人生への投資である」「後は世界各地のフィールドへ旅立つチケットを手に入れるだけ」・・しびれるではないか。ちなみに当方所有のK2はキールの生地が一枚多めに張ってる特別仕様。そのため重量が0.5kg上がるものの丈夫になっている。かなり迫力のある艇である。他のファルトには無い独特の風格がある。

 購入顛末

 サザンワークスのHPを見ているとK2が中古で売り出されていた。タイ旅行が駄目になったので、その資金を流用?すれば値段は届くが、電車派の私、K2の重量は電車向きではない、しかし気になる。その日久々に中学の同級生から電話。飲みに行ってテンション上がって、それから帰宅。またHPを拝見、そして問い合わせ。先に乗艇予約入れていた方が購入見送りのため私が手に入れることに。まさかK2を手に入れることになろうとは。その辺の詳しい顛末は「パズルの最後のピースをはめる時」 前編 後編 参照。

 性能等

 直進性良く、ロッカーもそこそこついているので結構回転性も良い。スターン側に乗ってリーンを掛けずにスイーブしてみるとそこそこ曲がる。安定性は絶大で大きめの波を真横から受けても、何の問題も無くいなす。安心感信頼感は最大級。シーショアの3段上を行く安心感といったところ。まずは沈しないだろう。スピードは漕ぎ始めはともかく一旦巡航速度に達すると結構速い。まさに外洋航海をこなす遠征艇としての性能は十二分であると思われる。K2にとって少々の波風は細波の如くだ。乗れば分かる最強のカヤック。

 積載量

 大積載量を誇る。スターン側コクピットから後部スペースすべて、バウ側コクピットから前部の大部分。バウ・スターンコクピット間の大分部に荷物が積める。コクピットが大きいのでその周りにもある程度は、また吊り下げシート故にシートの下にもと荷物の収納場所に事欠かない。ただハッチの下にはデッキバーが通っているので、そこからいれるには荷物をある程度コンパクトにしないといけない。

 

 フレーム

           IMGP0092_20090203173839.jpg     IMGP1142.jpg

  アルミフレームと高密度ポリエチレンを採用。特徴は所有艇「カサラノ」参照。他の同社艇と違い、キールフレームの大部分とガンネルフレームはダブルフレームとなっており、強度と剛性が強化されている。テンション掛けもヒンジエクステンション方式を採用。これは拝み倒し方式と同等のテンション掛け方法である。非常に楽でしっかりテンションもかかる。

 2、3、4、5番のリブフレームは金属パーツが補強としてネジ止めされている。このごつさが魅力的だ。

  船体布  デッキ ポリテック   ボトム ヘビーハイパロン

  デッキの素材ポリテックは防水素材。以前のコーデュラーナイロンは防水コーティングが劣化すると水が持ってきていたので、それを改良したのだろう。しかしこのK2、溶着ではなくデッキの所々が縫い目があるため、目止めする必要がある。

 ボトム素材のヘビーハイパロンはファルトの素材としては最強クラスでかなり丈夫。このK2はもともと試乗艇としてキールに特別一枚厚めに張ってある為かなり耐久性が高い。K2のキールはダブルのフレームの為、カバーされる範囲が広くなりその分貫通する可能性が少なくなる。頼もしい限りだ。

 K2を電車でもって行った感想

 他の所有艇ならいざ知らず、断トツの重量とサイズを誇るK2を電車で行ってみた。2つのザックに装備を分けて持っていってみた。個人装備込みでおそらく60kg前後の重量となるので、階段等の上り下りはザックをひとつづつ担いだほうが良いだろう。幸い当方はエレベーターのある駅だったので問題ななかったが。フレームを入れた重量のある方のザックをカートに乗せて行ったが、しっかりとカートとザックを縛り付ける必要性を感じた。帰りは、いい加減にしていたので2度ほど倒してしまった。これぐらいの重量になると移動も慎重にするべきだろう。やはり一人で電車に乗せて行くには気合がいる。遠くに送る場合や友人に手伝ってもらう場合はともかく、一人で運ぶなら素直に車で行くのがいいかもしれない。といいつつ今後も電車でもって行くこともあると思うが。

 3回目の電車行の時、フジタカヌーの大容量ザックとアルフェックのエルズミア480用ザックを使ってみたが、大分ましになることが判明。縦のフレーム等を大容量ザックに、コーミングや船体布をエルズミア480のザックに入れる。そうすればK2での電車行もいやになるほどではない。

 K2故の問題点 

 完全なるタンデム艇(2人で漕ぐ必要があるという意味)であるので、必ず誰かを誘う必要がある。可愛らしい女性を乗せてのんびりツーリングするも良し、屈強な男性を乗せて海峡横断に挑むもよし。

 バウ or スターン

 タンデム艇において、バウかスターンのどちらで漕ぐのが好きか?それは人それぞれだ。僕はバウがどちらかといえば好きである。なんといっても景色がゆっくり見えるし、操作しなくていいので楽だ。しかしこのK2のスターンに乗ってみて少し考えが変わった。というよりもK2でスターンに乗り込み操船しつつツーリングを行うのが楽しいのかもしれない。大型のタンデムでスターンに乗ると、船長気分がより強くなり、終わった後の達成感のようなものがより強く感じられるからかもしれない。

 K2の載っている本

 堀田貴之氏著 山と渓谷社出版 「海を歩く」  IMGP0207_20090926171410.jpg 

 冊丸ごと北海道一周K2ツーリング記録。そしてそれだけでなく、装備やその他についてのためになる情報もあり読み応えあり。K2の長期ツーリングにおける実力が良く分かるお勧めの本。

 

 五号艇「パフィンスポーツ」 
 艇長3.20m 幅75cm 重量約7.8kg
  
 デッキ色 レッド  ボトム色 ブラック

  IMGP0373.jpg    IMGP0376.jpg    IMGP0379_20081223170545.jpg

  ac65.jpg    nakanosima 075    nakanosima 062

 アメリカのパックボート社製超軽量ファルトボート。カートを必要としないくらいの軽さで、女性でも問題なく電車利用等で行くことの出来るのが特徴。片手で腕を伸ばした状態で持ち上がる!組み立て撤収も楽、乗り降りもオープンタイプなので楽、ちょっと漕ぐには最適の艇。  最初の艇でも問題は無いが、一艇持っている方のセカンドカヤックとしてもお勧め。 

  購入顛末

 ある日河野店長より電話。「綺麗なやつ出たけどどう?」と。電話いただく少し前に、パフィンスポーツを宇治川ツーリングでお借りして乗ったのだ。しかしこの当時、すでに5艇持っていた私、一度お断りするものの、わずか1日で翻意。だって軽すぎるんですから!ほんとこいつは楽だ。手に入れて正解。

   性能等

 直進性は使用場所(流れのある川や小さめの湖)を考慮すればちょうどいいくらい。回転性もよし。一次安定性はすごく安定しているとまでは言わないが、なかなか良い。二次安定性も良い。そこそこ粘る。シートの空気をやや抜き気味にするとより安定する。スピードは艇長短く幅が広い割のでかなり遅いと思いきや、思っているよりは出る。艇が軽いからだろう。ただあくまでも風の弱い穏やかな場所前提。風には弱い。

 積載量
 
 艇のサイズは小さいもののオープンタイプ(というよりもまんまカナディアンカヌーの形状)なのでデイツーリング程度の荷物なら問題なく載る。キャンプツーリングの荷物なら積み込みに工夫がいるが、1泊2日程度なら大丈夫。もともと中長期のキャンプツーリング向きではないのでこれで充分だろう。

 フレーム・船体布

 アルミフレーム。オレンジがかった銅色をしていてなかなか綺麗だ。リブフレームは1本を除いてハーフとなっている。縦のフレームはキールと左右のガンネルの3本構成。艇の重量が軽くなっている理由のひとつだ。
船体布は意外と丈夫である。川を下っている最中にすりまくっているが、穴はいまだに開いていない。

 その軽さを利用した旅プラン

 温泉旅行との組み合わせ。某温泉地近くの川を漕いで上陸。その後パフィンスポーツを荷物預かりしてもらって温泉に入る。その後回収帰宅。実際城崎温泉で実行済み。

 川や湖のハシゴ旅。ホテルを予約して、たとえばA川漕いでホテルにとまり、次の日はB川やC湖へ行くといったようなもの。軽い故に苦にならない。

 普通の旅行との組み合わせ。フジタカヌー等のザックあればそこに全装備と観光旅行用の小さなザック等を入れて行くと、例えば1日目は観光旅行(小さなザックかついで行く、カヤックはもちろんホテルに置いて)、2日目はカヤックツーリング。

 とりあえず持っていって、漕げそうなら漕ぐといった強行偵察用としても使える。やはり軽いので楽なのだ。堰堤越えもらくらくである。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。