ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 この間の3連休、三重の湾を2日連続で漕いできたのですが、漕行記は例によってちょいと後で書くことにして、季節の定番的に当方所有のドライスーツである「スティキーンキャニオン」の画像を載せて、どうでもいいことを書こうかと。

                     
DSCF1546.jpg

 
 かつてはこれを着て、冬場も躊躇することなく、あちこち漕いでました。その頃は「オールシーズンパドラー」だなどとほざいており、「ほかの趣味をする時間と余裕なんてないぞ」何ぞと言っておりましたな・・・・あのころが懐かしい。若いっていいもんですね。40超えると疲れがなかなかとれないや・・。

 まあ冬場に漕ぐ人ってのは、ちょいと好き者といったところですが、ツアーやグループツーリング、それからメインゲレンデや一度でも行ったことのある場所を漕ぐこと、なんてのはどうという事もないのですが、初めての場所は少しは気合がいりますね。誰かと約束しているのなら、それは「行かないといけない」となりますが、単独行だとついつい「今日は寒すぎる」「別の趣味したいな」等々の理由で、ついつい足が遠のいてしまいます。

 それはともかく、そんな好き者に戻るべく、寒い季節の遠征(といってもホテル泊でのんびりですが)を久々にやろうかと。しかし去年もそんなこと書いて、結局行かずじまい。さてさて今回はどうなるやら。

 久々にドライスーツのジッパーやガスケットを確認。ジッパーは固着なく、すべり良し。ガスケットはまだ大丈夫だが、来年辺り交換しないといけなさそうです。

 それはそうと、カヤックに時間が取られて、写真に行けない、それがちょっとつらいところです。がまあ仕事と家庭の事情で、いつカヤックにまともに行けなくなるか、また私の体がぶっ壊れるか、その辺もありますので行けるときに行っておかないとなんて思っています。

 相変わらずの電車行ですが、寒い季節は日照時間が短かったり、風が重く疲れたり、ファルトの分解をかじかんだ手でやるのがちと辛かったり、車じゃないので撤収も時間がかかったり、帰りに温泉にも行けなかったりと、まあちと修行気味になりますが、結構印象深いツーリング(というよりもツーリング以外の点での印象も大きいが)、なかなかいいものです。


 特に単独行はドライツースーツに身を包み、孤舟海を行く、プチ漢と世界というやつですね。はたから見たらなかなか渋いのか、いやちと可笑しいのか果たしてどう見えているのか・・・まあ「好き者の世界」といったところです。
スポンサーサイト
 あれは夢だったのだろうか?いつの頃だっただろう、雲がどんより立ち込める、今にも雨が降りそうな日。とある地方の町に写真撮影に出かけたときの事。持ちこたえていた空からついに雨が降り出し、その時点で撮影は中止、撤収することに。駅に戻るのに同じ道を辿るのも芸がないので、適当な路地に入って駅に向かっ歩いていると、途中で開けた場所に出た。そこには小さな映画館があり、上映中の映画ポスターを見てみると、そこには「Fの仕業」と書いてあった。変な名前だな、なんて思って詳しく見てみると、どうもファルトの話らしい。どうやら自主制作映画であるようだ。


           IMGP0141_20141119125527e7a.jpg    K2 2

 まさかこんなところで。しかしそれにしても「]というのはファルト乗りにとって神聖文字といってもいいかもしれない。

ァルトボート」、「ォールディングカヤック」、「ジタカヌー」、「ェザークラフト」、「アルェック」、「バタライカヤックス」、「ァルボット」。そしてファルトの特徴である、「リーダム」、「レキシブル」なんてもの。あ、そういえばォト」もだ、いやォト」はPだった、そもそそもォト」は関係ないや・・・・。

 それはともかく、迷いなく入館、席に着く。客席はわずか、私を含めて10名にも満たない客数。まあそんなものだろう。


            IMGP2005_20141119125919fdb.jpg    IMGP0087_20141119125526142.jpg

 ほどなく映画が開始される。
 
 黒い背景、雷光の中から一人の男が現れる。

 「北米大陸に現れた一人の天才がファルト界を震撼させる」というナレーションとともに、背の高い白人が表れる。

 「ファーザークラフトマン社、ダグラム・トンプソン」(うーむどこかで聞いたことのある名前だが、気のせいだろう。そもそもカナダではなく北米大陸である。アメリカやメキシコかもしれないではないか!?)

 これまた黒い背景からもう一人の男が現れる。

 「日本に現れたもう一人の天才がそれを迎え撃つ」というナレーション
 「笠木カヌー研究所 笠木 四書阿」(まさか場所はあそこ?、私の思い違いだろう、あのカヤックの老舗ではない、断じて。、いやそもそも漢字がちがうじゃねえか、しかし「シショア」という名前にやたらと親近感が湧くのは何故?)

 長くなるのでこれ以降の映画の内容を要約すると、


 どうも今まで主にウッドフレームで作られていたファルトに、金属フレームを導入して、一気にファルトの世界を変えたのが、「ファーザークラフトマン社」であるらしい。なんか聞いたことがあるのだが、アルミフレームとは明言していないので、ギリギリセーフである。もうほんときわどいが。

 「ウッドフレームがメインのフレームであったファルト、それが金属フレームがメインとなった衝撃」

 ウッドが駄目なのか?ウッド、すなわち木は人間とはるか昔から共存してきた天然素材、それを利用しつつ、他の素材を加えて、新たなファルトを作ろうと悪戦苦闘する「笠木 四書阿」。熱い漢(おとこ)である。フレームを作っては急流で命がけの耐久テスト・・・・大したもんであるが、ファルトは急流ではあれです・・・・。折れては作り直し作り直し。

 その次はトンプソン氏が社内で艇を制作しているシーン。いろんなタイプの艇を作り、中にはえらい美しいカヤックや極地遠征艇・・・そして自ずからそれに乗り込んで冒険を・・・・・似てる、あの方に似ている。「アウトローいっぱいいっぱい」でも「ストライク」といったところ。

 そして切り替わり、朝日の中、ついに完成させた樹脂フレーム。それをウッドフレームと組み合わせて新たな艇を作り上げた「笠木 四書阿」。フレームに人が乗っても折れない!あれれ、これも記憶の片隅に・・。
 
 それはともかく、一体この映画の結末はどうなってしまうのか?と思ったときに最後に大きな字幕。

 「物語の結末は皆様の思うままに

 ・・・・リドルストーリーかよ



                  IMGP1543.jpg


 ちと最後は気が抜けたが、それなりに楽しめた。それから数か月後、前回あまり撮影できなかったこともあり、同じ町を尋ねたついでに寄ってみたが、なんとすでに映画館が無い!そしてその場所には「稲荷神社」が。

 近くに駄菓子屋があったので、そこのおばあちゃんに尋ねると「子供のころから稲荷神社、それどころか300年くらい歴史があるよ」とのことだった。あの映画館は何だったんだろう?私は夢でも見ていたのか・・・・・・いや違う。私としたことが大切なことを忘れていた。

 そうか!そうだったのか!

 稲荷神社といえば狛犬ではなくキツネ!

 こ、これはF(fox)の仕業じゃ・・・・・・・
 さて11月半ばの日曜日は、久々に近江八幡の水郷に行ってきました。ほんとつかれまくっている私には、いいストレス解消のツーリングとなりました。そしてこの間、カヤックコウノトリで入手した「バタフライ」パドル?を早速使用することに。これがまたあれでした・・・。

 今回は久々にOeさんと毎度のS君の3人で、艇はOeさんがアルピナ2-430、S君と私はS君所有の「クイーングース」で出撃。フジタカヌーの新旧タンデム2艇3人で出撃。それでは書いてみます。

 
 8時30分台に近江八幡駅到着、そこから3人2台の車で、とある場所にある出撃場所まで行き、そこで組み立てる。

 アルピナ2-430も組立は楽ちんだが、クイーングースはそれに輪をかけて簡単。S君にレクチャーしつつ、あっという間に組みあがる。力が必要ないのも良い。15分かかってないんじゃないか?慣れた二人なら10分を切るもの容易、一人でも10分台前半。楽すぎてすいません状態だ。


                     DSCF1349.jpg

 ささっと組み上げて出撃することに。風緩く、気温、天気も上場。べたべたの水面を漕いでいくのは気持ちよい。出撃場所の湖状?の場所を少し行き、水路に入っていく。S君ちと感動。「ええ場所やないか」。

            DSCF1364.jpg   DSCF1395.jpg

 そして私のバタフライパドル、てっきり「きわもの」パドルと思いきや、定価1万半ばのパドルとしては、十分いける!漕ぎ味よし、ブレードの形状およびある程度の浮力(ブレードが浮くほどではないが)のためか、実際より軽く感じる。そそて太陽の光を透かした時の黄色というより「雰囲気金色」がなかなかいいではないか。今度は20km程度のツーリングで試してみよう。いい意味で誤算であった。せいぜい川でのメイン、海では予備と考えていたが、結構使えそうだ。そして時々太陽光を透かして「金色」の色を楽しむのだ・・・。

       DSCF1353.jpg   DSCF1357.jpg   DSCF1360.jpg


 しかし今日は天気・季節の関係で水郷には多くの遊覧船が出ている。挨拶しながら近くを通ったり、ゆずったりしつつ、水路や湖を漕いで行く。以前Oeさんと来た時とはえらい違いである。

 ある程度漕いで、湖畔に家が立ち並ぶ場所を過ぎ、それから大学のレーシング艇の練習場所を過ぎてから上陸、昼食休憩をとる。そこにはリバーカヤック乗りの方がいらした。

 リバーカヤックにスケグがついているタイプでこういう場所では十分使えそうだ。当方達の艇をみて、いつかはファルトが欲しいとのことであった。まあ一艇タンデムのファルトあれば、十分楽しめるな。

 昼食後、出撃場所に別ルートから戻る。葦の迷路で、いったいどこを漕いでいるのか私とS君には分からないので、ガイドをOeさんに任せ漕いで行く。しかしこここんなに良かったか?と思えるほどである。基本海へ行くことが多いが、こういうのんびりできるフィールドってのもいいもんだ。

             DSCF1381.jpg   DSCF1391.jpg

 ある程度漕いで竜神様の祠に水上詣で、そこからさらに水路に入っていきと連続で湖と水路が続くので飽きが来ない。

 のんびり進む、観光船の後ろからこちらものんびり漕いで行き、広くなった場所に出るとそこは出撃場所。ぐるっと回って戻ってきた故に、ほとんどいっきぱなしのツーリング間隔。天気も良くかなり良いツーリングとなった。

 そして撤収。クイーングースは2人でのんびり分解で3分・・・・。もうシンプル過ぎるほどである。そして製造から30年近く経っているだろうが、ノープロブレムである。使用頻度もあるが、ファルトはしっかりメンテすれば、長持ちするのである。フジタカヌーのウッドフレーム艇はまさにその生き字引?である(いや生命は宿ってないか)。
 10月の3連休にカヤックコウノトリへ行った時の話でも書いてみます。
 そういえば二色浜店以来、何度来店させてもらっているのだろう?
 
 
 
 


 バタフライパドル?


               IMG_0477.jpg

 以前から気になっていたパドルを手に入れました。
 もともと次は「軽い2PのGパドル」でもと思っていたのですが、「カヌーワールド」でみてこのパドルも気になっていたところ、カヤックコウノトリでついつい購入。蝶の羽を模したブレード、目立ちます、結構渋いです。シャフトがFRPってのもいいですね。ブレードは「プラスチック」らしいです(素材については要確認)。折角これで漕ごうと思っていたら、家庭の事情でまだカヤックに行けずじまい。今度の日曜日が楽しみです。ちなみにそこそこ売れているそうです。ブレードの色が青もあります。

 
 
 

 刀袋?

       padorucase.jpg    IMG_0467.jpg

 

 いやいやパドルケースです。薄手のパドルケースを探してました。
 色は写真の通り。即断で紫。しかし紫は1ピース用しかない!が2ピースパドルを入れてみましたが、無事入りました。と書いたとおり、1ピース用とピース用があります。

 紫の袋、これは刀袋みたいだな・・・というのがこの色を選んだ理由。

 「てつ」とでも名前を入れてみるかいと河野さんのお言葉。
 「日生を漕ぐ者なら『長船』がいいですね」とは私の言葉。

 長船すなわち「備前長船」そして長い舟・・・・「シーカヤック」。
 素晴らしい!?

 帰宅時、気分は武蔵は武蔵でも「飛鳥武蔵」で帰りました。太もも突いちゃうぞ!
 まあ私のカヤックの実力は「不知火」くらいですが。

 しかしいい色です。パドルケース以外の用途でも使えますね。ちなみに値段は800円と消費税です。


 急流にファルトで突っ込んでみると

         IMGP0067_2014111212420057c.jpg    IMGP0063_20141112124158078.jpg

 河野さんが「バタフライカヤックス」のクルーソ415(写真は以前の試乗会参加時のものを。415は果たして写っているかどうか?)をお借りして、木津川の上流で「急流でのテスト」というファルトにとって本来そこでは乗らないという「実験テスト」を行ってみた時の動画を見せてもらいました。

 なかなか動画を見ただけでは「リバーカヤック」をやったことのない(急流でのという意味で)私には、艇の細かい操作の意味が分からないので、いろいろと質問しながら答えてもらっていました。

 下るだけならともかく、流れに逆らって艇を移動させていくその技術、右に左に傾けて「キールを外す」細かい技術を見ていると、さすがは「海でも川でも湖でも池でも沼でもドブでも」行く漢だな・・・・。はた目から見てるとよちよち横に移動しているので、知らない人は「苦戦しているのかな」なんて見えます。同じ動作を2mのリバーカヤックですると、「余裕」らしいです。キールが無く、艇が短いので水流の圧を受けにくいといのがその理由。

 そういえば木津川のカヌー広場前の瀞場から少し上がった場所で、5m近いファルトの横から水流を受けた時、艇が横ざまに流されていったのを思い出しました。まあまさに「餅は餅屋」で急流ならリバーカヤックの独壇場と言ったところですかね。

 ちなみにクルーソ415は剛性強く、強い流れの中でファルトとしては問題なく使えたようです。がまあファルトはもともとこういう場所で使う艇ではないので、普通の人はやめておきましょう。実力者は自己責任でやるでしょうが、シャレにならない事態が起こる可能性もあるので、まあやらないほうがいいかな。やはり急流ならリバーカヤック、当たり前ですが。


 それからクルーソ415はロッカーの具合を調整できるようです。ロッカー上げて川での性能アップするか、上げないで(標準?で)海や湖を行くかってところですが、上げて接水面積を下げると、それだけでも川で操作しやすくなるようです。415cmという艇長も大いに関係してるのでしょうが。

 まあやはりリバーはどちらかというと「戦術のカヤック」、それに対してシーカヤックは「戦略のカヤック」だなあ。もちろん逆の要素もありますが。


              DSCF1289.jpg    DSCF1322.jpg

さてダグ社長によるインプレッションが終わり、試乗艇にいろいろ乗って、3時頃だっただろうか、今夜のしし鍋会場?である「一二三館」にマイクロバスで向かう。なかなか渋い外観に、光量抑え和室には多くの地図や海図、写真が待っていた。プロ、アマ問わずの「旅の発表会」ってところか。、といっても参加者の前に立ってしゃべるとかではなく、聞かれたら答える形式である。

                  DSCF1333.jpg

 私自身が今、一番興味のある場所「五島列島」だったりする。以前ブログにも書いたのだが、もともと社会人2年目くらいに、18切符で長崎に行き、とりあえずの観光場所として「大浦天主堂」を訪れたときに、その場所の「信徒発見」の説明を聞き(テープが流されていた)すごく感動した覚えがあった。その後カヤックで「日生」を漕ぐことになるのだが、まさか日生の「鶴島」が「キリシタンの流刑地」それも明治になってからの。

 それから天主堂の少し興味を持つことに。そして写真を始めてみると、天主堂の写真集が欲しくなり、とりあえずアマゾンで古本購入。この本がほとんど写真が載っていなくて、ほとんど文章だったりするものの、読んでいるうちに五島列島に行きたくなった、というわけである。で海の上から天主堂を見に行きたいなあといったところだ。

 となると五島といえば「サザンワークス」の松本さんである。たしか今日は見えられているはずであるが・・・・。ただならぬ雰囲気を醸し出している益荒男発見!いやしかしおかしい・・・・・名前が違う。この方のはずだけど。苗字も違う・・・・(今回のイベントはシールに氏名を書いて各々服に貼るのが決まり)。もう一度名前をよく見てみる。

 「潮男」・・・・なるほどいわゆる今日のニックネームってところだな。それはともかく五島列島の質問をさせていただいてわかったこと。

 最強流速4ノットくらいと思っていた潮流が7ノットくらいで流れている場所がある!(海図に載っていない場所でも強いところは結構あるようだ)

 島の位置からして南側が冬でも漕げるんじゃないかなんて思っていたが「えらいこっちゃ」となるとのこと。

 そして海図をじっくり見てみると、ここは素晴らしいフィールドという事がわかる。そして相当きつい場所でもある。波がない穏やかな時は浅い場所や入江は天国だろうな。入江も多く、島はどうしようもないくらい多い。潮流にもまれ外海のでかい波がやってきて・・・・ここでカヤックを1年鍛えたら相当の漕ぎ手になれそうだ。

 が問題は休みである。ここをキャンプツーリングとなると3泊4日は欲しいところ。それが取れるかどうか、あきらめて2泊3日のデイツーリングで行くか。そこに家庭の介護問題出立。まあ困ったもんだ。

 まあそんな感じでいろいろと見たり聞いたり、このイベントは素晴らしかった。

 まあしかし個人ユーザーも良く漕がれている。日本の様々な場所をツアーだけでなく個人で漕がれたり、20kmの島渡りを難なくこなしたり、新婚旅行にアリューシャン列島行ったり、カヤックではないが、サバニで八重山の波照間島から沖縄本島の旅にクルーとして行った女性ユーザー。こんな話を見たり聞いたりすると、私の心が燃え上がらないはずはなし。まあしかしフェザークラフトユーザーの「ファルト狂い」というべきか「フェザークラフト愛」はいいもんである。

 あっという間に時間は過ぎ、次はダグ社長による「エアロナット」「自転車旅」等報告会?
 
 その後しし鍋食べて、私ともう一人のユーザーの方は本日電車にて帰宅。
 ダグ社長もわざわざお見送りいただく。やはりハイテンションである。

 すでに疲れが限界に達していて、食事中は半分寝ていた私であるが、ダグ社長の「ハイテンション別れの挨拶」に良い返しができなかったのは切腹ものだ。いやそもそも私は英語がほとんどしゃべれない、「ア リトル」程度だ。

 それはともかく、この明るさが、世界各地を旅する時に「長所」となったのは想像に難くない。厳しい条項でもこの性格で乗り越えて来られたのだろう。帰宅する電車の中でそんなことを考えていた。そしてフェルト界にアルミフレームをもたらしたことを考えると「ファルト界」の「ハンニバル・バルカ」というのが私の結論。アルミフレームは「ファルト界のアルプス越えだ」もうこの辺にしておこうか・・・。世界史好きにはわかってもらえるはず、多分、きっと。

 気が付けばそこは神戸。我が降車駅である(終)。

     img700.jpg   IMGP0037_20141106123218051.jpg   img865.jpg

 フェザークラフトミーティングその四じゃないのか!とおしかりを受けそうですが、実は諸般の事情にて只今えらいバタバタしております。ということで軽く書いてみます。ほんと大変だ。その四はなんとか今週中には…おそらく。いや難しいか。

 写真が最早屋上からの景色ではありませんが、我がメインゲレンデの日生であります。
まあその久々に日生に行って癒されたいなあと。というほど家庭の事情で疲れています。
こんな時こそカヤックに行かないとも思っているので、今週末出かけますが。
おっと、そういえば「カヌーワールド」最新号で日生が特集されていましたね(瀬戸内特集)。

 せっかくファルト熱が復活してきたにも関わらず、諸般の事情にていろいろと・・・まあしかし男性より女性が平均的には根性があるなあと思う今日この頃であります。特に年を取って弱ってきた場合。

 11月予定していた、徳島は牟岐大島ツーリング断念。12月の三重県太平洋側漕ぎ予定微妙・・・・・・。さてどうなるやら。行けるときに行っておく、やはりこれが大事ですね。

 逆にこうなると、早いうちに「しんどめ」のツーリングをしたくなってくるのが不思議です。私の体がついてくるか、家庭の事情が許すかという問題がありますが。

それはともかくまあなるべくその四を早く書けるようにしたいところですが、気長にお待ちください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。