ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 さてとえらい遅くなってしまった。慣れたとはいえ毎度この時期は「あれ」があるので疲れるなあ。


 エアリスインフレータブル

 艇長 330cm 幅 79cm 重量 9kg(名称、サイズ関係は要確認)


     DSCF1653.jpg  DSCF1647.jpg  DSCF1646.jpg


 カヤックコウノトリの河野さんに、「オルカヤック」に試乗させていただいたときにもう一艇試乗させていただいたのがこれである。はよ「書け」と突っ込まれそうである。一言でいうと、SUPみたいなインフレータブルシットオンのカヤックである。

 
 ハイボード採用しているので、剛性高く、ダッキーらしからぬスピードが特徴。そしてダッキー故のコンパクト収納および軽さが魅力。オルカヤックも大概楽だが(組立分解)こっちはなんといってもコンパクトさでは勝る。まあダッキーですし。


          DSCF1657_201502230804260b2.jpg  DSCF1649.jpg

 乗った感じもなかなかよい。速いのもいいが、シットオンのあののんびりした感じがよいものだ。安定性は良いが、普通のダッキー程ではない。これは素材故でしょう。ハイボードってのはやはりすごいもんだ。ダッキーなのに海で使える点が素晴らしい(まあのんびり穏やかな時にだが)。実際動画もアップされているので、確認されたし。

 ハイボード(ハイプレッシャーボード?)といえば私がカヤックを始めてそんなに経ってない時期に「カタマラン(双胴船)」タイプが出るという話を「大阪アウトドアフェスティバル」(今年は3月7日と8日、ちょいと行ってきます)で聞いて心待ちにしていたのだが、結局発売されず仕舞い。あれを手に入れていたら、当方のラインナップも結構変わっていただろう。

 しかしいろいろと変わったカヤックが出てきているが、「際物」どころか十分戦力になるのがいいところである。

 さて次はフジタカヌーの」アルピナ450ハイブリッド「本気海漕ぎバージョン」についてちょっと書いてみます。

スポンサーサイト
さてインプレッションである。実は仕事もあって試乗時間は15分あるかないか。なので簡潔に書いてみる。

 
 安定性

            DSCF1659.jpg

 エアチューブがなく、形もはっきり出ている艇なので、安定性が低いと思いきや

 一時安定性 まあまあ。普通のファルトよりは無いが、問題ないレベル。
 二時安定性 予想以上に良い。抜群。しっかり粘れる安心感。

 乗り味


             DSCF1654.jpg


 ファルトというよりもリジットに近い乗り味。結構新鮮。

 

 操作性その他


             DSCF1626_20150205014015142.jpg

 直進性よし。リーンは膝をかけるところがないので、太ももでかけるとは河野さん談。膝でかけてた私には練習。掛けると結構曲がるかな。スピードは結構速い。これも素材ゆえか。
 
 


 感想その他


             DSCF1663.jpg

 ファルト乗りの私にはファルトの乗り味がベストだが、これはこれでなかなかいいかな。
 シートが簡潔なので、個人個人で工夫が必要か。もう一枚下に引くなりしたほうが、長い時間乗るのはよいかと。スプレースカートは標準装備ではないが、つけることができる。シーソックもおそらく。エアチューブが無いのでシーソックはどうしても欲しいところ。

 折り目の耐久性はどうなんだろう?まあその辺もテストして販売しているはずなので問題はないだろう。

 この艇のもう一つの特徴はナイトパドリング時にある。プロモーションビデオがユーチューブにあるので、検索してみてほしい。まさに必殺技である。これは楽しい。

 値段が比較的リーズナブルなのも良い。

 とにかく工夫の塊というべきかシンプルの極みというべきか。まあほんとよくつくったよなあ。
 なんといっても日本の折り紙を参考にした、ある意味和魂洋才カヤック。

 その他参考までにカヌーの日記 鸛にて。ポリプロピレン2層構造なんだなあ。
 
 フォールディングカヤック、すなわち「折りたためるカヤック」。
 それゆえにいろんな場所へ持っていける、電車で行ける、宅配便で送れる、保管も場所をとらない、とまあ組立や分解の手間がかかるが、やはり魅力的なカヤックである。カヤック界ナンバーワンである。

 それはともかく、フレームと船体布、主にこの2つで主要部分が成り立っている、まさにファルトの標準といったところ。がその常識を覆すファルトが日本に上陸した。それが「オルカヤック」。まあカヤック関係の雑誌に載っていたりするので、ご存じの方もそこそこいるだろう。ちなみに取り扱ってるのはモンベルである。

 
 オルカヤック 艇長370cm 重量 12.0kg 幅 62cm

 あれこれ書く前に、写真を見ていただこう。これだ。

  box-s-73shzm27hcpkjd7zvyt3wbdzgq-1001[7] box-s-73shzm27hcpkjd7zvyt3wbdzgq-1001[10] ll box-s-73shzm27hcpkjd7zvyt3wbdzgq-1001[9]


 そう、本当に折り紙のように折りたたまれているカヤック。そしてこの船体布一枚で形はほぼ成り立っている。一応リブが2枚だけついているが・・・・。フレームさんどこいったの?というところか。

 この「オルカヤック」の「オル」ってのは日本語の「折る」なのだろうか?そもそも製作者は日本の折り紙にヒントを得てこのファルトを作ったとのことだ。そして「オル」は「織る」とも読める。「織る」は「紡ぐ」にも通ずる。まさか「あなただけの旅を紡ぎだす」なんてロマンティックな考えてつけた名前でもあるまい。単に「オル」さんのカヤックだったりして。

 しかし考えてみると、これほど「フォールディングカヤック」という意味にふさわしい艇もないのかもしれない。
 

 しかし折りたたんだ状態はちょっとおしゃれな芸術系?ってところだ。 

           DSCF1627.jpg   mm
     

 
 
 重量が11キロなので余裕だ。


                DSCF1640.jpg

 と長々と書いたが、このカヤックをカヤックコウノトリの河野さんより試乗させていただくことになったのだ。そして香櫨園の御前浜に行ってきたわけである。実は腰をちと痛めていたのだが、そんなことは言ってられないのである。そして実は初漕ぎだったりする・・・・・。最初は一回で書こうかと思っていたが、もったいないので2回に分けて書くとする。実は組立以外にもこのファルトならではの「必殺技」があったりするのだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。