ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
 さてとやっとこさ始動しました、ファルトを。
4月の某日、牛窓へ久々に。毎度毎度のS君とです。
 
 今年は最初は良かったものの、またまたいろいろありまして、いまいちの年となっております。
そこでカヤックで少しでもストレス解消と、まあそこそこ積極的に出撃しようかと。実際、岡山の瀬戸内、別の場所をすでに漕いでいます。それはともかく、書いてみます。

 前日、久々に壱号艇「シーショア」を準備しようとザックを開けると・・・・・潮まみれの船体布、錆びた金属パーツ!洗うの忘れていたよ。まあ仕方ない。そういえばここ最近、カレントとアルピナ2-430ばっかりやったなあ。

 当日、S君の車に乗っけてもらい、牛窓へ。S君も今年初めて、いや厳密にいうとアウトドアフェスティバルでオルカヤック乗ってたなあ。当方も試乗させてもらっているので、厳密には2回目の出撃である。

 牛窓海水浴場から出撃。まだこの時期は駐車場が埋まっている心配はなし。駐車場で組み立てて、出撃だ。右側通行を考慮して、前島を時計回りに回ることに。とりあえず前島に向かって漕ぎ、到着後、逆風逆潮のなか、ちんたら島沿いを漕いで行く。


          DSCF4006.jpg   DSCF4024.jpg   DSCF4008.jpg

いまいちの天気だが、久々のカヤックに気分上々だ。

 島を回り込むと、そこは別天地、。ベタ凪でちょうどタイミングよく日も差してきた。前島の浜でちと休憩。日生に比べるとフィールドとしては小さいが、開放感はあるな。再度出撃、青島を左手にみつつ、黒島へ。黒島から島へ向かい、そこで休憩。

 リジットのグループが1つ、以外は誰も漕いでいない。いい天気なのにもったいない。まあ瀬戸内で漕いでいる方が少ないだろうし、そもそも瀬戸内が広すぎるから仕方ない。いやカヤック人口がまだまだ少ないのも原因だ。

 そこから前島に、前島のフェリー乗り場前の浜であがり、コーヒー休憩だ。バスで来た時は、前島にわたってから、ここで組立出撃するのだが、まあ舗装された組立場所、トイレ有自販機有で、出撃場所としてはなかなかよい。

そこで少しのんびりした後、海水浴場に向かう。穏やかな海面を進む2艇。牛窓瀬戸あたりの景色はなかなか良い。このフィールドの見どころでもある。それを眺めつつ、海水浴場に到着。撤収。



             DSCF4036.jpg   DSCF4039.jpg

 3時間程度のツーリングであったが、肩慣らしにはちょうどいい。いや心が荒廃していっている私には、必要なツーリングであった。さてさて今年はどれだけ行けるのだろう?いやそれよりもブログをどれだけ更新で
スポンサーサイト

 やっとこさ、今年二回目のカヤックを行ってました。瀬戸内は牛窓です。
 そのツーリング記録はさておき、シーショアを屋上でメンテしてました。
 実は牛窓行の準備でザックを開けると、潮まみれの船体布、錆びた金属パーツ・・・・・メンテせずにほったらかしが発覚!やったつもりだったんですけど。

 やっとスイッチが入ったと思いきや、諸般の事情で緊縮財政になるかもしれません。まあ月に2回は行く予定ですが。

 というわけで、屋上からの景色、どんよりとした空は私の心を映しているようです。

                  DSCF4045.jpg

 シーショアの船体賦の曲がり具合が、私の心を映しているようです。

                   DSCF4042.jpg


 牛窓に現れた「なんちゃってフォルラン」・・・・・何とかしてくれい!といったところです。
 
                   DSCF4040.jpg

 精神安定のためにも、カヤックに行かないと、と思う今日この頃です。