ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 この間、久々に海ソロツーリングをやってまいりました。
ここ最近はスペリオ480乗りのS君とチョイ漕ぎばかリやっていたところ、「たまには真面目に漕がないと」「ソロも行かなあかんな」なんて話がでて、そろそろ行きますかという事で日生を漕ぎに。久々にメンテしたのでシーショアで。ルートは初めて海をまともに漕いだルートをほぼトレース。いやあほんとにいいツーリングでした。漕行記書くのは面倒なので(笑)、その後に起こったことを書きましょう。

 日生を久々にソロで漕いだ後、急にカヤックのやる気が復活。まあ仕事が忙しい上、体脂肪率下げるためにいろいろと鍛錬してヘロヘロ状態で、カヤックにあまり行けてませんでしたが、今度こそは出撃回数が増えそうです。ただもう少しで冬なんだな・・・・。

 心が復活すると、急に十号艇が欲しくなりました!困ったものです。出撃回数が減っているので、新艇を手に入れるどころが何艇か処分すべきなんですが、処分は後回し、という事で検討している「バタフライカヤックのクルーソ500」の話を聞かせてもらうために、カヤックコウノトリに久々に寄らせてもらいました。いつの間にか店舗所在地が変わっている!危なかった。

 訪問した時にちょうど他のお客さんがいなかったので、クルーソの質問をしようと思ったら、店長のNさんが「クルーソ500」今あって組立できるとのこと!なんというタイミングそして運命かな。ユーザーさんの頼んでいた艇が漸く完成してきたばかりとのこと。ユーザーさんの許可を得て組立できるとのことで、お言葉に甘えて手伝いながら説明していただき写真を撮らせていただく。

 それにしても工夫の塊みたいなカヤックだなクルーソ500。パーツ点数が少なく組立は簡単で慣れたら10分台前半ってところかな。しかし返す返すもフェザークラフト社が辞めてしまったのが悔やまれる。個性的という点でいえばファルト界随一だったんだがとバタフライカヤックを組み立てつつ思ってしまう。何故か急にカサラノが乗りたくなってきた。

 それはともかく、気づいた点やN店長にお聞きした点ををインプレ気味に。写真はブレまくり・・スマホですから!


             IMG_0903.jpg    IMG_0904.jpg

 コクピットにシーソックがついている方式なので足が絡まないな。実際クルーソ460試乗した時は快適であった。後付けのシーソックより明らかに丈夫だし。ただ補修となると工場に送る必要があるなまあ補修布を張り付ければ大分もちそうだが。

                  IMG_0907.jpg

 フレームはグラスファイバーとアルミ及び樹脂系。グラスファイバーはフジタカヌーと素材の違いはどんなだろう?あと樹脂系のリブフレームはフェザーとの違いは?聞く機会があれば聞いてみよう。

                  IMG_0909.jpg

   

 エアチューブが他の国産艇と違いフェザークラフト艇のように上寄りについているので、実際の艇幅より喫水幅?が短くスピードが出るかつリーンがかけ易い。艇の操船も楽しめるだろう。

 バタフライカヤックの艇でクルーソ460に試乗した時にスピード出るなと感じたものだが。エアチューブの位置だけでなく、エアを付属の高圧ポンプで入れて、他のファルトと違いエアチューブがかっちりとした状態になり、剛性が高まるという理由もあるのだろう。
 ただ口で吹いてエアを入れれないので、ポンプを忘れてはいけない。それはともかく460より細く長くそしてスピードを求めて作られた艇であるので、スピードは期待できるだろう。

                  IMG_0913.jpg
 
 バウハッチは個人的には丸型がいいかな。防水バッグは丸型の方が入れやすそうだ。ただバタフライのスクエア型?は防水性が高いだろうからこの点は良しか。

 シートは今回座らなかったが、ファルト界随一のすばらしさ。ほんとファルト乗りはシートに苦労するんです。このシートは本当に素晴らしかった。以前試乗した時に感動ものだったな。

 とりあえずこんなところです。
 そのうち試乗艇の乗せていただき、その結果いってしまうかもしれません!
 

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。