ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 時は平成20年6月1日、場所は湖東の宮ヶ浜において記念すべき第一回、

      「カサラノ三兄弟サミット開催!」

 といってもお世話になっている、グランストリームのイベントではありません。以前に当ブログに登場していただいた、ロールを極めんと欲する者「ナオさん」がカサラノを譲り受けたとのことを聞き、そこでカサラノS所有者で数々のシーカヤックマラソンに参加されているスピードに魅せられし男、ハンドルネーム「和泉の踊り子」さんと僕のカサラノ乗り同士で集まりましょうか?という話が切っ掛けで、これを「ダシ」にわいわいがやがややりましょうということになり、そこにカヤックフィッシングでご一緒させていただいた「まっちゃん」も合流と相成りました。というわけで勿論出撃艇は5号艇カサラノです。では書いてみます。

 朝8時30分ごろ、JR能登川にてナオさんに拾ってもらい宮ヶ浜へ。到着したら和泉の踊り子さん、そして偶然ヨコちゃんがいらっしゃった。。お二人とも初めてお会いする。踊り子さんはすでにカサラノSを組み立ててカートップされていた。ヨコちゃんは最近リバーカヤックにはまっており、リバー艇2艇とシーカヤック「不知火2」を持ってきている。

 ちょっとのんびりした後に組み立て開始。組み立て7割5分ほど終了した時に、ナオサンが「ちょっと聞きたいんですけど」と。なんとほぼ組み立て終了しているではないが!すでに30分ちょいで組み立てできるんじゃないかな? カサラノ組み立て道「免許皆伝」である。それを解決した後、当方もくみ上げ準備完了、宮ヶ浜の水辺までカサラノを運び出撃準備を終了。湖上には数艇カヤックが浮かんでいる。リバー艇も練習中だ。

 湖水温度は思っていたよりはあった。万一の沈に備え、上下3枚着、気温を考えると暑いが仕方ない。
 
 
    IMGP0015.jpg    IMGP0017_20080602133021.jpg    miyagahama1.jpg

  出撃後、湖上での話し合いの結果、沖島へ。ついに琵琶湖四島、最後の沖島へ行けるなあ。一番陸地から距離が近かったのもあって最後まで残していたのだ。それはともかく、今日のカサラノはなぜか安定している。というより装備が整っていて、思っていたよりも水温が高くなってたので緊張感が薄れていたのだろう。少しは僕のバランス感覚がよくなったのかも。

 
沖島ツーリングメンバーはカサラノ3兄弟とまっちゃん。漕ぎつつ各自話しをする。因みにナオサンのカサラノはラダー無しでエアチューブに空気は入れていない、コクピット後方のリブはローリングリブに変えてある。レイバック系のロールがしやすくなるとか。僕のはラダーを付けてエアチューブに空気を入れている状態。両者ともカサラノレギュラータイプ。踊り子さんはカサラノSというヨコの張り出しがカサラノレギュラータイプより少し出ていて安定感がアップしているタイプだ。三者三様である。Sは午後から試乗させてもらう予定だ。
 
     IMGP0020_20080602133031.jpg    IMGP0022_20080602133052.jpg    IMGP0025_20080602133131.jpg
 

 僕はちょくちょく外傾ターンを試す。カサラノはやはり漕いでいて楽しいカヤックだ。そカサラノの操作を楽しみつつ気がつけば、沖島の目の前まで来ていた。せっかくなので沖島を1周することに。

     IMGP0021_20080602133327.jpg    IMGP0027.jpg    IMGP0030_20080602133235.jpg   
 

 湖面は非常に穏やか、沖島を周りつつ写真を撮る、カサラノまたカサラノ、そしてまっちゃんのイースキーというポリ艇。カサラノが3艇あつまるってのも珍しいものだな。

 
 沖島は世界でも珍しい湖上の有人島。かつて「湖賊」堅田衆がお山「比叡山」と坂本衆との戦いに敗れ沖島に逃れた後、数年後逆襲に出て結局講和を結ぶという話を以前本で読んだ。この島でよく数年持ちこたえる事ができなあなと改めて思う。琵琶湖はそれだけ水資源が豊かだったのか、それとも物資補給のルートを確保していたのか?それとも水上戦では堅田衆が圧倒的に強く、制海権ならぬ制湖権を握っていたのか?いろいろ想像しながら漕いでいた。

            IMGP0035_20080602133245.jpg    IMGP0037_20080602133254.jpg   

 沖島を周った後、宮ヶ浜に戻る途中、ナオさんの友人夫妻と会う。琵琶湖のシーカヤックマラソンに出撃するとか。

 
その後宮ヶ浜に戻って昼食をとろうとすると、国民宿舎で働いている可愛らしい女の子が写真を取らして欲しいという事で再度乗り込み湖上カヤックの撮影。我ら野郎どもはかわいい女の子には弱いのだ。が何を隠そう年上好きの僕にはほとんど効果はなかったりするのだが・・・そんなことはどうでもいいか。
 

                    IMGP0038_20080602133304.jpg

 その後、まっちゃんが「虹や」と。空を見ると逆虹が!太陽の周りにも虹が。ばっちり写真に収めた後、昼食に。

 

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tessanfalt.blog80.fc2.com/tb.php/115-9a953b95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。