ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

matto.jpg matto fo-mu IMGP0005_20080606135218.jpg mattokurabe.jpg

 水色のマットははオーソドックスなフォーム材入りの物です。今まで主にこれを使っていました。長さ120cmなので足は完全にカバーできませんが、まあ問題なしと。
 
 ある日大阪のモンベルに行ったら、オレンジ色のインフレータブルマットを発見。フォーム材が入っていない、空気を入れると相当厚みがでるタイプのもので長さが180cmのもの。右に比べて空気を入れる量は数倍以上必要ですが、なんと行っても寝心地がいい。相当、地面のでこぼこを吸収。快適です。

 さて両者を比べると右側の利点は空気を入れる量が少なくて済むので楽。破れてもフォーム材があるので最低限のマットとしての役割は果たせるといったところ。山に行く方はほとんどこちらを使用されているとか。
 
 左側の利点は地面のでこぼこ吸収度が高く快適に睡眠できること、空気を抜けば非常にコンパクトになる事、高さがあるので地面から離れることによる断熱性といったところです。

 GWで左側のマットを初めて使用したのですが、快適度が全然違うということが分かりました。寝るのがちょっと楽しみに。最悪破れても補修用のパッチがあるし、キャンプする場所は砂浜が多い当方、これからは左側をメインに使っていこうかと。「おすすめ」です。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
いいですね
このマット、実は以前からいいな~って思ってました。
ただ、価格が...未だ買えずにいます。
当面は体に標準装備の“クッション”でしのぎます^^;
2008/06/06(金) 19:31 | URL | だい #-[ 編集]
なかなかの
ものです、このマット。琵琶湖でキャンプした時、テントの下に大きな木の根があったのですが、それでも問題なく寝ることが出来ました。メインで使っていこうと思ってます。
2008/06/07(土) 00:22 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tessanfalt.blog80.fc2.com/tb.php/117-3292ff30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。