ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 7月13日はフジタカヌーのファルトを購入検討していた友達とバイエルン主催の試乗会に、和歌山県は栖原海岸に行ってきました。因みに検討艇はハイブリッドフレーム艇である430トレックと480スペリオ。トレックはともかく、スペリオは実はあまり乗ったことが無かったので、自分自身試乗できるのを期待しておりました。それはそうと7割の確立でトレックを選ぶだろうなあと(予算的に)思っていましたが、さてさてどうなりましたか、それは後のお楽しみという事で・・・・。

 10時前にJR和歌山駅到着。そこで友達S君の車に拾ってもらい、イザ栖原海岸に向けて南下。現地到着少し前に海沿いの道に出る。そこから紀伊水道が見える。いつかここを渡って四国へ行ってやろうと思っているのだが、まだ時期尚早だ。もう少し経験や漕力をつけてから、最良の気候かつ潮周りの日を狙って行くとしよう。勿論その時の出撃艇は壱号艇シーショア。こいつなら無事連れて行ってくれるだろう。

 さて現地到着後、着替えてから栖原海岸に。すでに11時30分。海上にはローボリュームのかっこいいファルトが浮かんでいる。私のファルトサーチが起動する。長さはなんともいえないが、絞られているデッキボリューム、ロッカーのつき具合からスペリオ480ではないかと推測・・・・・・。正解!今回は当たったが、以前水上に浮かぶアルピナ430を460であると間違えたりしたので、まあ私のファルトサーチの正解率は実はたいしたことが無いのである。

 K店長やバイエルンでお世話になっているユーザーの方と挨拶をかわす。噂に聞いていたシーショア乗りの方がいらっしゃる。琵琶湖を永原から近江大橋までの約65kmを10時間ちょっとで縦断されている。時速6.5kmそれも休憩時間を含めてだ。マラソンに出れば上位入賞間違い無しだろう。もし今後ご一緒していただく機会があれば、シーショア同士であるなら相当手を抜いていただかないといけないなあ。こっそりこちらはカサラノを持っていくという手もあるが。

     IMGP0004.jpg      IMGP0005_20080715171140.jpg     IMGP0007_20080715171157.jpg

 その後まだ組み立てられていないトレックの組み立てをS君と見学。その後出撃と相成る。今日の栖原海岸の人出はまあまあといったところか。夏休みならもっと混雑するのだろう。(上の画像 左側の一番奥が480スペリオ 中央の右側ライトグリーンが430トレック)

                   IMGP0021_20080715173441.jpg

 スペリオ480を久々に乗った。詳しいインプレッションはまた次回書くとして、やはりシーショアとは性格的に似ても似つかぬ姉妹艇と言ったところか。その次はトレックに。今回の試乗会はこの2艇を3回、後パフィンスポーツを1回乗りその他リジット艇を3艇、シットオントップを2艇と散々乗り回した。結局試乗時間中の3分の2はファルトに乗っていたなあ。本日はスペリオとトレックで友達と共にうっかり試乗会であるのを忘れて苅藻島まで行ってしまいそうになったよ。

    IMGP0011_20080715173349.jpg    IMGP0018_20080715173425.jpg    IMGP0019_20080715173433.jpg

  試乗の合間に海に入ったりK店や他のユーザーの方と話をしたりして過ごす。昼過ぎに見えられたユーザーの方、いぜんどっかでお会いしたなあと思っていると、あの忘れもしない堂島川ツアーでご一緒だった方である事が判明。
SS-1で乗った後に沈、そして左肩をはずし掛けたあのツアーだ。まあ今までで一番印象に残る沈であった。その後伊良子水道を渡られたK店長に話を聞く。ちょっと前にノア500で伊良子水道を横断されているのだが、いろいろとあったということだ。なかなかいろんな意味で「いかつい」場所だ。ちなみにその時の漕行記はこちらのブログ、平成20年7月10、11日の日記。さていつか行ってみたいが・・・・。

 シットオントップで遊んでいる最中、沖合いから戻ってくるシーカヤックを発見。以前カサラノサミットでお会いした踊り子さんとハンドルネーム「ムッシュKAZZ」さんだ。今日見えられるとのことだったが、見当たらないので急用でこれなくなったと思っていたが、苅藻島に渡られていたらしい。最後にあえてよかった。常神ではまたよろしくお願いします。

 結局14時30分頃までカヤックに乗りまくり、その後撤収する。で結局当初の予想を覆し、赤のスペリオに決定!

 いやあ実は僕も彼も使用目的で考えるとトレックで十分だなという結論に達していたのだが、乗って操作を楽しめるかつスピードの出るスペリオに惹かれてしまったらしい。確かにこの船は操船を結構楽しめる。ついでにいうと「渋い」しね。かなり海もいけそうだし、ラダーつけたらかなりのものだろう。

 というわけでこれにて友達三人、シーショア、スペリオ、トレックのフジタカヌー三兄弟ならぬ「三姉妹艇」揃い踏みとなったわけだ。ついでに言うと、青(正確には紺)のシーショア、黄色のトレック、そして赤のスペリオ。海上信号連合艦隊?結成だな。さてさて後は処女航海地だが、恐らく常神になりそうだ。さてさて後はフジタさんにがんばって早急に作ってもらわないと。

 

 

 
 

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tessanfalt.blog80.fc2.com/tb.php/127-62120ebe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。