ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 8月24日は日生に行きました。盆は諸般の事情により漕げなかったので、漕ぎまくろうと思ったのですが、夜に用事があるので、久々に鴻島のお気に入りの「秘密の場所」まで行ってのんびりしてきました。出撃艇は五号艇カサラノ。カサラノのスピードを活かし、目的地にとっとと行ってのんびりしてから、またとっとと帰ってくるというツーリング。では書いてみます。

 8時20分台の電車でらくらく「電車でカヤック行」。琵琶湖方面に行く場合は6時台の電車で行くが、瀬戸内も日生なら8時20分台の電車でも10時頃につくので楽チンだ。電車の扉が開いて、潮の香りが飛び込んでくる、毎度この瞬間ボルテージが一挙に上がる。まさに昇竜の如く?である。

 駅前のいつもの場所から出撃。今日は30度を超える真夏日、目の前の海は水質が最悪なのでクールダウンする勇気はない。というわけでこの前ブログに書いた方法、「折りたたみバケツにコンビニで買った氷を入れて、水で溶かし、その水をちょくちょく頭からら浴びて組み立てる」という方法を実行。これは使える。炎天下でもだいぶ楽に組み立てできた。

    IMGP0044_20080826173525.jpg    IMGP0045_20080826173535.jpg    hinase115.jpg 

 到着してから食事して、その後のんびり組み立てしていたらすでに12時20分頃に。とりあえず出撃だ。とっとと行くぞ、といいたいところだが、少し漕いで防波堤の外側にある浜に上陸、そしてクールダウン。その後、秘密の場所まで漕いで行く。今日は風もそれなりに吹くとゆう予報にもかぎらず、ゆるくそして凪いでいる。曽島の東側をとおり、鴻島の北、定期船乗り場を偵察。自販機があるかどうか、上陸できるどうかを調べるためだ。

           IMGP0046_20080826173546.jpg    IMGP0054_20080826173622.jpg    

 乗り場近くに上陸する浜はあったものの、自販機は見つけられず。大多府島にはあるのだが、別荘の島「鴻島」では採算が取れないのだろう、恐らく。残念!

    IMGP0060_20080826173632.jpg    IMGP0062_20080826173641.jpg    IMGP0063.jpg

 偵察後は、島を回りつつ繁茂する木々の緑と空の青、白い雲の「真夏」の景色を楽しみつつ漕いで行き、気が付けば秘密の場所に到着だ。

                  IMGP0066.jpg

 ここで海水浴、昼食、そして日向ぼっこだ。真夏日とはいえ日が翳っているときはなかなか快適だが、日が出ているときは暑い。タープ持ってくればよかったかな。ついでにマットも。タープ下で読書なんかできたらいいだろうな。ついでにクーラーボックスと冷たい飲み物も。誰もいない浜でこんなことができるのも、カヤックならではだ。大げさだが至上の贅沢であるなあ。

 ここでのんびり過ごし、3時前に出撃。岸べたでのんびり漕いで行き鴻島を周る。島影から出ると、結構風が吹いている。北風で向かい風なのだが、うねりが東から入ってきたりする場所もあり、海面が複雑にざわついている。ついでに船が結構通るのと、島に当たった返し波でカサラノの練習に良い状況だ。

 波を見つつパドルを入れたり、リーンかけたりして進んで行く。途中突風気味に風が何度も吹いたものの、そこはカサラノだ。向かい風には非常に強い。難なく風に逆らって進み、曽島を超えて本土まであっという間だ。最後までざわめいていた海上を進み、ちょうど4時頃に到着。撤収と相成った。カサラノで出撃しなくてもいい距離だが、カサラノは乗ってないとあるとき発作的に乗りたくなる、「やばいカヤック」なのである。

 それと今回は「ハイドレーションバッグ」およびパームの「カイコウラツアー」というPFDも持ってきた。このPFDは後ろに大型ポケットがついていて、そこにハイドレーションを入れることができる。ハイドレーションには1リットル程度のお茶を入れてからポケットに入れて漕いでみた。その感想はまた後日に。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tessanfalt.blog80.fc2.com/tb.php/135-818e45af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。