ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   9月7日の日曜日は480スペリオ乗りの友人、S君と和歌山は白崎海岸及び黒島へ行ってきました。最近出撃回数が諸般の事情により2週間に1度くらいになっているので、「妙に新鮮」なカヤックツーリング。JR和歌山駅で拾ってもらい、いざ現地へ。では書いてみます。

 和歌山駅9時40分過ぎに到着。そのままS君の車に拾ってもらい、出艇地へ向かう。といっても出艇地は決めていないので、とりあえず偵察。まずは大引海水浴場隣の砂浜。組み立て場所としては舗装された地面があるものの、傾斜しており、まあまあといったところ。砂浜は誰もいない。ついでに言うと景色眺めもなかなか。が一度小引海水浴場に行ってみることに。小引は駐車スペースを使えば組み立てはし易い。今回のツーリング目標を考えるとベストの出撃地か。ただ雰囲気は大引に譲る。

         IMGP0089_20080908234005.jpg     sirasaki1.jpg

 まあまた戻るのも時間がもったいないので、ここから出撃することに。当方出撃艇は壱号艇「シーショア」でS君はもちろん480スペリオだ。本日は最高気温が30度を下回るとか。組み立ても結構楽で、暑い季節は大概クールダウンしてから組み立て開始するのだが、その必要もなし。

 
           IMGP0093_20080908234035.jpg       IMGP0091_20080908234050.jpg

 12時過ぎに準備完了、出撃する。まずは黒島の洞窟ということで北方面へ漕いで行く。風はゆるいがうねりがそこそこある状況。

         IMGP0097_20080908234140.jpg     IMGP0101.jpg

 のんびり漕いで本土と十九島との間、水路を抜けると黒島が見えてくる。このあたりの景色もなかなかだ。しかし今日は本当に楽しいツーリングだ。やはり贅沢な遊びだなあといつもながら思うのだ、カヤックは。

  IMGP0103_20080908234324.jpg     IMGP0104.jpg     IMGP0108.jpg

  一直線に黒島まで向かい洞窟へ入る。洞窟内のひんやり感と独特の雰囲気はやはりいいな。ただ相当水路が狭いので通り抜けするのは厳しそうだなとS君と話す。ちょっと様子を見つつ先に彼が行く。問題なくクリア。僕も続く。

                  IMGP0113_20080908234537.jpg

 通り抜けた後の黒島北側は結構海面がざわめいている。北側からのうねりと返しし波、後水深の浅さの問題だろう。 そのまま島を周って漕いで行く。

   IMGP0114_20080908234556.jpg       IMGP0128_20080908234653.jpg       IMGP0134.jpg

 途中うねりも小さくなり快適なカヤッキングとなったものの、暑くなってきたので そろそろクールダウンがしたくなってきた。ということで十九島の西側を通りそのまま本土まで行き、小さな浜に上陸だ。

 上陸後はお決まりのシュノーケリングと昼食。午後3時前までのんびりした後に、白崎海岸へ向かう。一度行ってみたいと思いつつ行けていない場所だ。出撃前に車および陸上から眺めたが、なかなかに インパクトのある白岩。「百聞は一見に如かず」とはこのことか。

   IMGP0140_20080908234758.jpg    IMGP0151_20080908234818.jpg 
     IMGP0154.jpg

   

 うねりと返し波でざわめく海上を漕いでいき、すぐに白崎海岸に到着。岬と岩との間を漕いで行くと、急にうねりと波がスケールアップ。ここは今ツーリング一番の難所か?波をいなしつつ無事通過すると海面も大分落ち着いた。

 

    IMGP0157.jpg     IMGP0163_20080908235015.jpg     IMGP0166_20080908235120.jpg 

 白崎海岸の「異景?」を眺めながら漕ぎいだあとは、少し離れた場所の白岩に向かって進んでいく。 到着してみると、なんとここは洞門であった。反対側へはくぐりぬけることができなかった。(というよりファルトに穴を開ける危険性があったので止めたのだが)なかなか迫力のある眺めだ。全景を撮らなかったのは失敗だった。 

                   IMGP0173.jpg   

 洞門を回り白崎の岬方面へ戻っていく。風がやや強くなってきて、岬の前は先ほどよりさらにパワーアップ。なかなかいかつい状況。S君は3度目のシングル艇シーカヤッキング。480スペリオなら問題ないだろうが、ついつい気になって僕も後ろを何度も振り返りつつ抜けていく。もちろんシーショアなのでうっかり艇を回されない限り大丈夫。いや回されても何とかなるかな。

 万一S君が沈したらということを頭に入れつつS君をみてみると、あまり問題なさそうに漕いでいる。難所を抜けて聞いてみると、「大丈夫」とのことだ。肝が据わっている。

          IMGP0175.jpg     IMGP0183_20080908235328.jpg

 そこから出艇地に戻っていくが、風が出てきてうねりが大きくなっていた。後ろから見ると結構僕は波の中で上下していたと後でS君に聞いた。乗ってるとそんなに感じないのだが。ただ通り過ぎていく波を見るとそこそこあるんだなということがわかる。ファルトはフレームがしなることにより波の力を吸収するのだが、それもあるのだろうか?
       

                   IMGP0184_20080908235345.jpg

さて出艇地までもどってきたら、そこはプチサーフゾーン。打ち上げられないように慎重にゆっくりと漕いで行き、乗り上げずに途中で降りて無事上陸。時間は午後4時過ぎ。景色、水質、波やうねり、天気と総合的に満点に近いツーリング。和歌山、なかなかいいじゃないか。こちら方面に来る回数が今後増えそうだ。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
>最近出撃回数が諸般の事情により

わたくしも、さっぱり漕ぐ気が減退モードなんですが、涼しくなったら、、、たぶん。鹿児島の阿久根に甑島というのがあるんですが、片道人だけ3,800円!イクスペンシブ~!なので、同市牛ノ浜にでも行こうか、行かなきゃ、と思います。
ときに何故かボクラは岩場の風景に惹かれますよね。
2008/09/09(火) 22:09 | URL | Tanigu痴 #-[ 編集]
こんちは!
たまには、こちらに書き込み。
白崎思った以上に楽しかった~。
ダッキーやったらつらいけど、スペリオ480やったら波を切り裂いて進む感じで、買ってよかったなとしみじみ。早く新しいパドルも欲しいね。どんなん買おう(^^)
2008/09/10(水) 12:54 | URL | sumi #-[ 編集]
甑島!
Tanigu痴 さん、甑島良さそうですね。島の形が独特で、西側なんて相当荒波に削られて絶景がみれそうですね。いつか行ってみたいものです。
2008/09/11(木) 00:01 | URL | てっさん #-[ 編集]
正解だなあ
白崎確かに予想以上によかったねえ。ほんまなんであそこだけ白いんだい?

スペリオはいい艇だよ。高い安定性を持ちつつも小気味よく曲がる。ダッキーであの状況ではしんどいよ。といよりあそこを漕ぐのにダッキーはやめておいた方がいいなあ。

 パドル、うーん中古の高級パドルなんてあればいいんだが・・・・。
2008/09/11(木) 00:03 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tessanfalt.blog80.fc2.com/tb.php/136-9bc95ee9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。