ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます

 9月28日はマキノから出撃してきました。出撃艇は五号艇カサラノ。体調がいいともいえないので菅浦あたりで引き返すことも考えましたが、漕いでいるうちに調子が良くなってきたので、結局は近江塩津まで行けました。それでは書いてみます。

 8月・9月は散々であった我がカヤックライフ、9月の連休等も有効利用できず(結局23日にSS-1で須磨に行ってきたのみ)。ちょいとリハビリに琵琶湖が漕ぎたくなったので、GWにウィスパー乗りのKさんに以前連れて行ってもらった場所を漕ごうということで、今日は近江塩津か飯浦まで行くことに。だめなら適当なところで引返すもよし。単独行であるから、ファルトであるからその辺は自由なのだ。

 しかし今日は肌寒い。ちょっと前までクールダウンだのなんだのと言っていたのに、すでに秋ですねえ。

 組み立て前にトイレに行って戻ってくると、カフナユーザーの方が見えられた。
お話させていただくと、なんと以前赤穂に住んでおられたとのことだ。惜しい、もう少し早く知り合いになれていたら日生ツーリング行けたのになあ・・。

 ちなみに今日のマキノは僕ら2人以外にファルトが2艇4人のグループがいるくらい。その艇は恐らくアルフェックのボイジャー。

           IMGP0026_20080929093038.jpg      makino oumisiodu11

 それはともかく20分ほどいろいろ話させていただいた後、Nさんを見送り、僕も出撃。 既に時間は正午近く。とりあえず海津を目指す。今日は曇りで風ゆるく気温低く結構漕ぎやすい。べたなぎの湖面をすべるように進んでいくカサラノ。たまには曇りの日もいいものだ。
 
           IMGP0033_20080929093127.jpg      IMGP0037_20080929093139.jpg  

 ペダルの調整に失敗したので、海津の桟橋を越えたところにある浜にて上陸して調整後、菅浦に向けて漕いでいく。途中の海津大崎には結構多くの家族連れが見えられていた。ファルト一艇発見。どうやらフジタのアルピナ2-430か460の模様。

 そこを通り過ぎてどんどん漕いでいく。気が付けば海津の端まで来ていた。ここから菅浦まで横断。地形的に風は少しくらい出てくると思ったが、相変わらずゆるく、湖面はべた凪。カサラノはスルスルと進んでいく。

 この艇はその乗り手の身体動作がダイレクトに伝わる操作性とその美しさで熱狂的なユーザーが世界中にいたりするのだが、僕はこの水上を伸びていく間隔も結構好きだ。これもカサラノの個性である。
 
   IMGP0044_20080929093229.jpg      IMGP0048_20080929093239.jpg     IMGP0049_20080929093333.jpg

 菅浦まで来たが、今回はあまり時間がないので上陸せずに行く。集落から東へ数百メートル程度いったところ辺りを目指して陸地に近づいていく。ここは「木」の香りがするお気に入りの場所。以前にも書いたと思うが、カヤックを漕ぎつつ森林浴気分が味わえる稀有な場所。

           IMGP0057_20080929093343.jpg      IMGP0061_20080929093424.jpg

 そこを超えてつづら尾崎を回りこんで北上、ちょいと行った場所で昼食の為上陸。しかし上陸していると結構寒い。そろそろ天候によってはコンロを持ってきてもいいかもしれないな。食事をとっとと済まして、北上再開。ところどころ岸べたで、ところどころショートカットしてどんどん漕いでいく。

           IMGP0066_20080929093437.jpg      IMGP0069_20080929093506.jpg

 ある程度北上したところの岬?鼻?をまわったら月出集落が見えてきた。かつて都人が任地から帰郷するとき、にここで1泊の宿を求めた。ちょうど望月の頃、あまりにも美しいのでついつい何泊もしたという故事からこの名前がついたのだ。という勝手な想像が思い浮かぶ風情?のある地名だな。
 

           IMGP0075_20080929093722.jpg        IMGP0079_20080929093733.jpg

 月出集落に短時間上陸した後、出発、さて今日はどこで上がろうか?近江塩津の上陸場所近くにバス停はあるのだろうか?雨がぱらついていたので、東屋なんてあればいいのだがといろいろ考えつつ、漕いで行く。月出からはすぐなので、到着より大分前から見えている近江塩津。かつての重要な湖北の港。近づきつつ、上陸場所を探す。すぐに見つかった。藻がはんもして漕ぎにくい湖面を漕いでいき、上陸。

 すぐにバス停を探しに行こうとしたら、農作業をされている地元の方がいらっしゃったので聞いてみる。上陸場所から結構近くにバス停があるのが判明。ちなみに上陸した場所に掲示板?があり、塩津浜と判明。ついでにいうとファルトの組み立てに便利な舗装された地面、そして東屋もありばっちりである。というわけで今日はここで撤収することに。時刻は午後4時前。ちょいと漕ぎ足らないが、6時頃には暗くなるので仕方ない。  

                   IMGP0084_20080929093810.jpg      

  
 雨がぱらついていたので、東屋までカサラノと道具を運んでいってから分解、撤収、そしてバス停まで歩いていく。バスを待っていると、声が・・・・マキノでお会いしたNさんだ。マキノで上がった後、こちらの道を回って帰宅する途中、偶然僕を見かけたとのこと。ご好意に甘えて駅まで送っていただくことに。駅に付く頃には既に大分暗くなってきた。さて時間的には短くなってくるものの、涼しく水温が比較的高い季節である秋、いままでの分を取り戻す為に漕ぎまくるぞと・・・言いたいところだが、休みが少ないのだよなあほんと・・・・。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
琵琶湖
湖北って、とっても綺麗で風情があるんですね。行ってみたい。
2008/10/01(水) 20:50 | URL | Tanigu痴 #-[ 編集]
いい場所です
Tanigu痴 さんかなりいい場所です。
癒されます。一度いかがですか?
2008/10/03(金) 11:02 | URL | てっさん #-[ 編集]
どもでしたー
同じエリアにいるとはいえ1日2回は珍しい遭遇率でしたね。
赤穂の昨年は仕事漬けで遊びも塩漬けしてましたので、カフナも1度も乗ってやれず、2年前に買って3回きりでしたので、一緒に日生ツーリングは足手まといだったかも。
今年は少しは時間が取れる業務になりましたので、通年漕げるようになろうとしています。
では、これからも縁がありましたらまたー
2008/10/03(金) 21:54 | URL | あのう #-[ 編集]
ありがとうございました
あのうさん、先日はありがとうございました。助かりました。確かにすごい遭遇率です。またそのうちご一緒してください。琵琶湖だけでなく伊勢方面にも行こうかなとおもっております。
2008/10/06(月) 10:34 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tessanfalt.blog80.fc2.com/tb.php/138-e4c21baa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック