ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  この連休を利用して12日は香住から諸寄の予定でしたが、波高く風も強いとの予報だったので、場所を変更、久美浜湾に行ってきました。湖のような海で風が強かったものの、波は小さい、しかし漕ぎにくい状況でした。ここはアルピナやSS-1でも十分行ける場所ではあったのですが、日本海用にシーショアで出撃準備していたので(実は天候の急変は出発前20分に確認したのでした・・)、変更せずに行ってきました。では書いてみます。

                  IMGP0097_20081014140746.jpg

 豊岡に取ったホテルを出て、シーショアとともに北近畿丹後鉄道に乗り込む。1両だけのローカル電車。ここから2駅目の久美浜で降りる。歩いて公園まで6分くらいかな。その手前で川沿いに小さな公園があった。そこの近くからでも出艇できるが、諸般の事情で公園まで行くことに。

    IMGP0102.jpg    IMGP0099_20081014140852.jpg   
 IMGP0101_20081014140902.jpg

 公園は組み立て場所もなかなか良く、出艇もそこそこしやすい。東屋もあるが、トイレは無い。ちなみに駐車スペースはあるので、車でも来ることが出来る。

 出艇時は水につかっているコンクリの段がぬるぬるなのでずっこけそうになる。斜めのスロープ状になった場所を利用して出艇する。

    IMGP0111_20081014140946.jpg    IMGP0113_20081014141007.jpg    IMGP0115_20081014141023.jpg

 今日は北よりの風。南海岸から出撃なので向かい風だ。海面も結構ざわついている。とりあえず、流れ込んでいる川を遡って行く。家の裏側は川に下りる石段があり、かつては川で洗濯や野菜を洗ったりしたんだろうなあ、とその当時の情景が思い浮かぶ。川から見上げる町並みはなかなかの眺めだ。のんびり漕いで写真を数枚とってからターン、湾に戻っていく。

           IMGP0119_20081014141045.jpg
      IMGP0122_20081014141056.jpg

 湾にもどったあとは北西の緑多い場所まで一直線で漕いでいく。向かい風に抵抗しつつしっかりこいで、すぐに到着。そこから岸べたで漕いでいく。この辺りは琵琶湖と相当似ている印象を受ける。琵琶湖7割5分、瀬戸内2割5分のブレンド?といったところだ。なかなかいい眺めだ。

    IMGP0126_20081014141128.jpg    IMGP0127_20081014141146.jpg
    IMGP0129_20081014141157.jpg

 岸べた数メートルは遠浅になっているので岩乗り上げないように慎重に漕いでいく。気が付けばキャンプ場のような場所が見えてきた。ヨットやボートもあるところを見ると別荘地のようだ。そこを超えて島影を出ると風の影響をもろに受ける。ところどころ波頭が崩れている。ウェザーコッキングの為、ちょいと漕ぎにくい。
          

           IMGP0142_20081014141300.jpg     IMGP0145.jpg
 

 そのまま北の漁村まで漕いでいき、漁村風景を眺めながら東へ。海抜数十センチといった家もあり、舟屋形式でもおかしくないほどの低い場所に建っている。また家の前に桟橋が多くあり、一家に一艇といっていいほど船が並んでいる。船の途切れた場所に上がるところがあったので上陸休憩。

 
              IMGP0150_20081014141345.jpg       IMGP0156_20081014234121.jpg

 5分程休んでから日本海に通じる水路に向けて、来た方向に戻っていく。大橋までくると、橋脚のすぐ横の小島に鳥居があり神様が鎮座されていたので、航海の無事を祈る。ちょいと地元の人が岸から見ていたので恥ずかしかったが。
 
 その後は出艇地まで来た海道を戻っていく。途中までは風の影響で漕ぎにくかったが、追い風を受ける方向に転換してから追い波でプチサーフィン。行きより大分速く戻ってこられた。

                   IMGP0157_20081014141410.jpg

 上陸後はとっとと折りたたんで駅に向かう。電車は到着寸前。ホームは橋を渡って向かい側。ちょいと間に合いそうもないが・・・。がここで駅長さんが助け舟を出してくれた!パワフルな駅長さん。シーショアのザックを担いでそれからこれ以上あえて書きませんが、とにかく電車には間に合った。有難うございます北近畿丹後鉄道の久美浜駅長さん。

 ここから電車を乗り継いで神戸に着いたのは9時前。4時間半の旅。気が付けばこれくらいどうってこと無いほど、電車でカヤックに慣れてしまったなあ。で予断だが、乗り換え駅に付くたびに「てっちゃん」(鉄道マニア)が多くいた。18切符の縮小版が販売された影響もあるのだろう。スナイパーの如く電車が入ってくるのを待ち構え、ここぞとばかり激写。なかなか見ごたえ?がある。

               IMGP0159_20081014141426.jpg       IMGP0160_20081014141440.jpg

 あとは播但線和田山から寺前行きの電車はまさに電車はには素晴らしいレイアウト?である。10艇くらいは積めそうだ。参考までに写真を撮ってきた。

 というわけで一度行ってみたかった久美浜に行ってきました。まずまずのところでのんびり漕ぐにはいいとこです。本文でも書きましたが、琵琶湖になんとなく似ています。でも海ですけどね。さてと次は13日のバイエルン主催「河口まで川を下ろう」イベントについて書いてみます。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tessanfalt.blog80.fc2.com/tb.php/141-44e2e76b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。