ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  18日は仕事前に六号艇パフィンスポーツの処女航海へ、以前から漕いでみたかった地元「兵庫運河」を漕ぐことに。パフィンスポーツはやはり超軽量かつコンパクトで楽でした。これからたまにこいつを使って楽々ツーリングもよさそうです。では書いてみます。
 
                  
 
 神戸市営地下鉄海岸線利用で出撃地近くまで行くきそこから歩いて3分ほど、以前から目をつけていた出艇地へ。組み立ては2度目、問題なくすぐに組みあがる。装備を積んで持ち上げて水上まで。やはり軽い!艇と全装備をいれてもアルピナの空荷状態より軽いかな。

 

    IMGP0001_20081020080242.jpg    IMGP0010_20081020080323.jpg     IMGP0011_20081020080305.jpg

 さて出撃は新川運河沿いのとある場所。西に向けて漕いで行く。1本橋を越えて右手に回り込み、独特の形状をした橋をくぐったら、そこに水門が。そこ向こうは新川運河だが、それ以上はいけないようになっている。漕ぎ戻り、今度は南方向へ。兵庫運河(ちなみに新川運河や兵庫運河、そのたの運河等を合わせた総称も兵庫運河と呼ぶ。日本最大の運河である)に入っていき、清盛橋をくぐる。
 
                   IMGP0013_20081020080457.jpg

 清盛という名は、もちろん神戸ゆかりの偉人「平清盛公」だ。僕の子供の頃、まさに「悪人」扱いされていたが、近頃大分見直されてきた人物でだ。歴史好きには常識的なことなのだが、歴史とは「勝者がつくる」ものだ。源氏が勝ったから(ついでに言うと当時の坊主と戦をした)歴史上あること無いこと言われているだけで、実際は・・・・。家族親族で殺し合いをした源氏、ほぼ一致団結して戦った平家、信憑性の高い資料によると下賎の者にも丁寧で気のつく清盛の優しい人柄。これ以上は止めておこう、ここはファルトのブログだ。

 

           IMGP0015_20081020080507.jpg     IMGP0017_20081020080623.jpg

 橋をくぐるとJR和田岬線が見えてきた。鉄道マニアに人気のある路線。三菱重工業等の出勤退社時間に合わせて運行している路線だ。それをくぐって、橋を1本くぐるとボート競技の練習をしている場所に。左手にそれを見つつ漕いで行く。

 

            IMGP0027_20081020080658.jpg       IMGP0032_20081020080633.jpg

 またも橋をくぐると(とにかく短い区間に橋がたくさん架かっていて、いいアクセントになる)船が多く停泊している区画に。そこで荷物の積み込みや補給をしている。これ以上行くかどうか悩んだが、邪魔にならないよう岸ぎりぎりで漕いで行く。右手に回り込み少し進んで、そこから北へ川をさかのぼる。
      

            IMGP0035_20081020080741.jpg      IMGP0043_20081020080751.jpg   

 川から風景の見上げつつ漕いでいると、水面から音が。結構な数の魚がいる。30cmくらいかな。かもの群れも見かける。非常に平和な風景。なかなかほんわかしているぞ。
  
 
                  IMGP0046_20081020080815.jpg

 どんどん遡っぼって行くと、上陸できる場所及び道路に出る階段が。そこで上陸して上がっていくと柵があり、どうやら河川沿いの公園になっていて、ただいま整備?中である。5分ほど休んでから出撃。それからまたちょいと遡ぼったら段差があり行けなくなったので、そのまま戻ってい行く。

            IMGP0053_20081020080910.jpg     IMGP0062_20081020080920.jpg

 船舶が多く停泊している場所に戻ってくると船が向かってきた。もちろん海は右側通行だが、ここでは臨機応変に左岸へ。杓子定規に従っていたらそのまま衝突だ。そこをこえて川崎重工業の工場沿いに差し掛かったらそこにはJRの車両が。ぱちりと一枚写真撮影。

                   IMGP0064_20081020080930.jpg

 後は出撃地に戻っていくだけ。兵庫運河ではさらにボートの数が増えて活気が増している。

 出艇地に戻って時計を見ると、ちょうど2時間ほど経っていた。パフィンスポーツらしい楽々ツーリングだった。艇を乾かしていると釣りのおっちゃんがボートを車に積んでやってきて。いろいろ話て見る。今は小あじがよくつれるとのことだ。大分涼しくなってきた。そろそろカヤックフィッシングも再開しようか・・。

 というわけで無事処女航海が終了。パフィンスポーツはこういった波穏やかな場所をピンポイントで漕いだり、流れのある川、小さな湖のちょい漕ぎに適しています。これからたまにこういった場所を漕ぎに出撃しようかと。割り切った使い方をすればこれほど楽な艇も無いといえるほどの艇です、こいつは。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
楽しそうな船ですね
ご無沙汰しております。

パフィンスポーツは使い方さえ選べば楽しそうな船ですね。兵庫運河のことも初めて知りました。足元に日本最大の運河があったなんて驚きでした。てっさんらしい旅に感銘を受けました。
2008/10/22(水) 19:58 | URL | telemarkstyle #zmMd9Ld2[ 編集]
早速出撃!
こんばんは!
早速出撃して来ましたね。
今回も色々と参考にさせて頂いております。

私もパフィン・スポーツの可能性を探って行きたいと思います。
2008/10/22(水) 22:19 | URL | 鞍馬天狗岳 #-[ 編集]
telemarkstyle さん、軽さを生かしていろんなところに持っていこうと思います。割り切って使えばかなり「使える」カヤックかと。

兵庫運河、ぼくも日本最大だとは思ってもみませんでした。小樽が最大と思っていましたが。
2008/10/24(金) 08:59 | URL | てっさん #-[ 編集]
使えますね
鞍馬天狗岳さん、とりあえず処女航海に行ってきました。全装備載せても軽すぎるので、コンパクトなので電車でいっても、まるで荷物忘れてるんじゃないかと不安になるくらいです。今後も以前から漕ぎたかった湖や川等を行こうかと思います。
2008/10/24(金) 09:01 | URL | てっさん #-[ 編集]
こんな都会を漕ぎたいです。
私も清盛ファンです。福原の築港跡なんか残っていたら行きたいです。
2008/10/25(土) 08:18 | URL | Tanigu痴 #-[ 編集]
おおそうでしたか
Tanigu痴さん清盛ファンなんですね。僕もそんなに詳しくは無いのですが、武士の地位を上げたのも清盛、神戸の今があるのも清盛のおかげかと。

 もし行かれる機会があれば、よろしければお声をおかけください。時間が合えばご一緒させていただきたいかと。
2008/10/25(土) 12:42 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tessanfalt.blog80.fc2.com/tb.php/143-984edbcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。