ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます

 翌日は朝食後のカヤック談義の後、9時ごろに出撃。つづらお崎を回りこみ適当な場所まで沿岸を北上することに。このまえカサラノで来たばかりなのに、相変わらず飽きない景色だ。紅葉の季節もまた宜し、濃緑?の季節もまた宜しといったところか。

     uuu.jpg      IMGP0332.jpg      IMGP0339.jpg

  しかし昨日今日と琵琶湖は穏やかだ。GWで弁天様にお仕置きを受けて、そういえば挨拶に伺っていないなあと思い、先週やっと参拝してきたのだ。ちなみにそのときの写真を3枚ほど載せておこう。

         IMGP0293.jpg       IMGP0275.jpg       IMGP0285_20081128133714.jpg

その甲斐あってかべた凪で穏やかな湖面。人は謙虚であれということか。

 IMGP0351.jpg IMGP0356.jpg IMGP0359_20081128014459.jpg IMGP0361.jpg

 紅葉を観察しつつ漕いで途中で上陸し散策。この辺は緑多く、道が無く船でしかこれない場所。これまた宜し。そこで10分ほどしてからキャンプ地に戻ることに。帰りの景色は行きよりもさらによく、紅葉ツーリングに来た甲斐があったと感じさせるもの。やはりこの辺の景色は琵琶湖随一だろうなあ。

 漕いで気が付けばキャンプ地前の湾に戻ってきている。そこを岸沿いに進もうとしたのだが、漁船が網の仕掛け作業をしているので、今回は遠慮してそのまま素直にキャンプ地に。到着するとそこには雫さんがいらっしゃった。「お昼近くのお店に注文しておきました」。キャンプとは思えない豪勢な食事を結局このツーリング中取り続けることに。僕が持っていった食材はほとんど使われずにザックに収まったまま帰宅?することと相成った。

 ちなみに昼食は「うな重」で。かなりうまかった、本当に。そもそもうな重を食べるのは何年ぶりだろう?エネルギー充填した僕は、食後マキノまで漕いで戻るつもりだったのだが、雨が結構降ってきたのでそれは断念。結局ナオさんに車で送っていただくことに。カサラノの分解をテントでさせてもらうことになったのだが、あまり見たことのない雫さんやカズさんには相当煩雑に見えてしまったらしい。まあキャンプツーリングなので物が多いのが一番の原因だと思う。確かにちょいとめんどくさいけど、それも慣れなのだ。ファルトの組み立て分解及びパッキングは既に100回くらいはやっているだろうから、僕にとっては儀式もしくは作業、仕事の一環といったところ。

 昼食中またいろいろ話をさせてもらってから撤収ということに。ナオさんの御好意で米原駅まで送っていただくことに。皆さんに別れを告げた後、ナオさんの車で僕とKさんは米原へ。車内では相変わらずのカヤック談義。このときもうひとつ僕の頭に浮かんでいたのは「船体布の中にカートの車輪を置き忘れた」との事実。駅でザックをばらして取り出すか、すべてを担いで帰るかどちらを選択するべきか?ということだったりしたのである。

 結局「米原」駅についたら電車が来ていたので担いで帰ることに。重量的に50kg位はあると思うのだが、まあ何とかなるものだ。駅から家まで近いし、気温も低いので。いやうな重が僕に力を与えたのかもしれない。  

                                           IMGP0368.jpg

  電車の中でザックの写真を撮ってみた。この2つのザックに衣食住及びカヤックがすべて納まっている。公共交通機関利用とはいえ人力で旅をするためのすべての道具が詰まっているという事実。やはりファルトってのは凄いものである。他のカヤックには無い魅力がここにある。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tessanfalt.blog80.fc2.com/tb.php/153-8facfd71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック