ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月14日は以前から時々ご一緒させていただいているウィスパー乗りTさん(telemarkstyle)と鳴門はウチノ海へ行ってきました。Tさんが以前からお世話になっている「ホライズン」の試乗会兼フリーパドルツアーに参加。以前から乗ってみたかったアルフェックエルズミア480をお借りして出撃。詳しいインプレッションまた次回にでも。先に漕行記を。

                   IMGP0503.jpg

  今日は新兵器?折りたたみ式カートにシーショアを乗せて行くことに。K2を電車で行く為に買ったのだ。このカート耐荷重50kgで車輪が大きく、普段使っている小型のカートやフェザークラフトパックカートより断然陸路走行力が高く移動が楽だ。ただカート本体の重量が3kg以上と重い、かつ大きめなのでクイーングースやアルピナそしてK2じゃないと船体に収まらない。オープンカヤックであるパフィンスポーツの船体に収まるかもしれないが、あれにはカートはいらない。

 本題に戻ろう。明石駅にてTさんの車に拾ってもらい一路鳴門へ。車内ではホライズンでの話し、現地海域でのはなし、そしてやはりK2の話題。あれやこれやと話をしながらホライズンへ。

 到着後、代表の尾崎さんに挨拶。気さくな明るい方だ。いろいろ話をさせていただくと、なんとK2を以前所有されていたとの事。スピードが速いのと乗りやすい、かつ組み立ても結構楽との事だ。手に入れたK2はボトム素材がデュラテックではなく、ヘビーハイパロンなのだが、ハイパロンというのはどうやらファルトの素材としては相当強いとのことだ。

 気が付けばいい時間。ということで出撃することに。今日は北風強く、風裏になるうちの海に行くことに。やばそうなところならシーショアで行くつもりだったのだが、問題ないということでアルフェック「エルズミア480」をお借りして出撃。前から乗ってツーリングしてみたかったので願ったりかなったり。シーショアには悪いが、ザックの中で眠っていてもらおう。Tさんはもちろんウィスパー。尾崎さんはリジット艇だ。
   IMGP0509.jpg     IMGP0513.jpg     IMGP0216_20081216101112.jpg

  3人で話をしつつのんびり海上散策。ウチノ海は鳴門の瀬戸内側へ通じる堀越海峡と、鳴門の紀伊水道側へ通じる小鳴門海峡の間に位置する内海。まるで湖のように穏やかで結構水質も良い。周りの景色もなかなかな綺麗だ。養殖いかだ何かもあり、瀬戸内みたいだな。そのウチノ海をぐるっと時計回りに回って漕いでいき、途中から海の真ん中を突っ切り対岸へ。

   IMGP0229.jpg      IMGP0520.jpg     IMGP0528.jpg

  堀越海峡手前まできたとき、新しいお客さんが見えられたということで、尾崎さんは出艇地へもどり、僕とTさんはツーリングを継続。そのまま堀越海峡手前まで行く。大潮とは言え転流したばかりというのに、川のように流れている!さすが鳴門海峡のすぐそばだけはある。ある程度近づいてその潮の流れの中でまわされつつ遊んでからまたツーリング再開。その後、少し漕いだ後、最後は出艇地へ一直線。

 戻るとお客さんが家族連れで尾崎さんと話している。リジット艇に試乗したり、どんなカヤックがいいだろうなどど尾崎さんに聞いている。家族みんなでカヤックというのもうらやましい。

 その後ホライズンの事務所に戻り、いろいろ話をさせていただいた後、特売品を何点か購入。K2買った僕は金銭的な余裕が無いので残念ながらあまり買えなかった。この時期はカヤックを扱っている業者やアウトフィッターのお買い得セールが結構あるのでいつもそれなりに買ったりしているが、今回は我慢我慢である。とりあえずチェックはしているが、うっかり注文しないように気をつけるのが大変なのだ。

 ツーリングの「あがり」が早かったので、日が落ちるずいぶん前に帰宅することに。帰りの車内ではもちろんカヤック談義。K2に乗っていただけるようTさんに、お願いだ。優しいTさんは快諾してくれた。とりあえず日生ちょい漕ぎでテストパドリングの予定だが、赤穂から家島諸島へ渡り、まだ行ったことの無い南側の無人島めぐりした後、日生まで一気に渡って駅前港であがるというのも面白そう。なめてはいけないが、天候さえ良ければK2なら易々といけそうなルート。まあその他K2で行きたいルートをいろいろ考えておこう。最初は調子に乗らないように程ほどに。

 その他の話として印象に残っているのは、年間出撃回数70日をかぞえるTさん、最近20km以上漕がないと満足できない体になってしまわれたとか!しかしたいしたもんだ。僕なんかはどの艇でどのルートを行こうかな?といったことしか考えていないので、距離は気にならないのだが、しかし最近ちょい漕ぎしかしてないので、Tさんの話を聞いて、それなりに漕いでみたくなってきた。

 そうこうするうちに明石駅到着。Tさんに別れを告げて家に戻る。しかし新型カートのお陰でシーショアのデイツーリング程度の装備では楽々。後はK2ではどうなるかだ。電車派ファルト乗りである私、意地でも一度くらいは行ってみよう。でもこれっきりK2電車で行くのはやめるかも・・・。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
鳴門!
 なんだぁホライゾンHPにも写っているのが、てっさんさんなんですね。尾崎さん元気でしたか?

 鳴門いいでしょう!堀越から、どぁぁ~~~と出ていって島田島廻って、小鳴門でまたどぁぁ~~~と行くのが良いんですよ。
2008/12/16(火) 18:24 | URL | tanigu痴 #-[ 編集]
tanigu痴 さん、こんばんは。ホライズン行かれたことあったのですね。今回はTさんのお誘いで寄せてもらいました。

 鳴門のそのルート、風が強くウサギが飛び跳ねていたのでウチノ海になりました。そのうち行ってみたいルートです。かなり面白そうですね。
2008/12/17(水) 01:17 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tessanfalt.blog80.fc2.com/tb.php/160-ef28ff1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。