ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 さてと、エルズミア480のインプレッションを書くつもりだったのですが、別のことを今回は書きます。インプレは今年中になんとか。それはそうと書きたいことが山ほどあって(どうでもいい内容ばかりですが)おっつかない状態です。ファルトボート専門誌どころかカヤック誌すら年に2回程度しか出ない状況、ブログやHPがそれに変わるものとしてますます重要になっていきそうです。以前も書いたと思いますが、僕程度でも結構続けられるので、興味のある方書いてみませんか、だまされたと思って。

 でそれはそうと本題。出会いがあれば別れもあるのが人生というもの。まあもちろん今回は所有艇のことです。出会いはK2、別れはクイーングース

                 IMGP0545.jpg

 参号艇クイーングースはフジタのウッドフレームと塩ビパイプフレーム製のタンデムファルトで、中古で買ったのは良かったものの、電車派の私、どうしてもタンデムなら軽いアルピナ2-430を使用してしまうので結局今年は一度も出撃する機会がありませんでした。

 アルピナ2に比べて11kgは重いものの、車で行く分には問題なく、より積載量やゆったり感が高く、バウ側、スターン側の足元も余裕があり、体格のいい2人でも窮屈間無く乗れるのが魅力。組み立ても簡単で一度組み立てると覚えられる程度。時間も15分程度で組みあがります。20年程たってますが、まだまだ使えます。なんといってもフジタカヌー製、壊れようが迅速正確な修理、それもリーズナブルな価格で。

 買い手が見つからなければ、オークションにと思っていましたが、予約が入りました。友達に引き取ってもらえるということが、嬉しいものです。彼なら家で眠らさずに使ってくれるでしょう。

 屋内で久々に組立ててみたのですが、なかなか味のある形及びフレームではやはりいいものです。あまり使ってあげられなかったけど、新天地では活躍して欲しいものです。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
カヤックの活動の幅が拡がりそうで楽しみです。
こちらのくくりでも、参号艇になりますね。
2008/12/17(水) 22:30 | URL | sumi #-[ 編集]
大事に
使ってやってくだされ。さすがに僕の休みの少なさでは7艇は使いこなせないよ。ってあなたも早くも3号艇だね。
2008/12/18(木) 00:36 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tessanfalt.blog80.fc2.com/tb.php/161-b73889fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。