ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 遅ればせながらエルズミア480のインプレッションを。この艇前から一度乗ってみたかったのです。
  

     エルズミア480

     艇長 4.80m 幅 58cm 重量 18kg

    IMGP0539.jpg    IMGP0215_20081222232921.jpg    IMGP0217_20081222232912.jpg

 アルフェックが生み出したグリーンランドタイプのシーカヤック。値段が238,000円と決定したとき、ファルト業界に激震が走ったとか走らないとか。当初聞いていた性能に関する話はスピードが速い、剛性高し、一時安定性がやや低いというもの。乗ってみた感想は・・・。


 スピードについてはうわさどおり速い。出だしはそうでもないが、最高速度はウィスパーに匹敵するくらいで普通のツーリングならリジット艇とでも問題なくいけると思われる。

 担いだ感じでは剛性は確かに高い。ただ僕はファルトの剛性についてあまり興味が無いので、関心はあまり向けていなかった。たしかに思い出してみると結構高かったと思う。

 安定性は結構高い。グラグラする感じはほとんど無く、ウィスパーより安定しているくらい。エアチューブが結構大きいのが寄与しているのだろう。

 操作性はまずまず。リーンも掛けやすく回転性もなかなか。グリーンランドタイプなのだからもう少し一時安定性を低くしてよりリーンを掛けやすくしたほうがいいなと個人的には思う。まあエアチューブの空気量の調整という手があるが。

 荷物はボリュームのあるカヤックみたいに何でも乗せるというわけには行かないだろうが、バウ側のハッチは大きめで、スターン側はジッパー開閉できるため乗せやすいかと。

 フットペダルは結構踏み込みやすくいいかなと思う。

 風にたいしては、今回は空荷のため艇が浮かび上がりウェザーコッキングの影響はそこそこあった。外傾ターンで大概しのげるだろうが。向かい風については強いかと思われる。荷物を積んで喫水下げれば風に対しては強そうだ。ラダーもつけることが出来るし。

 組み立て分解はやっていないのでわからないが、まあユーザーのブログを見る限り30分前後、慣れれば20分真ん中くらいで出来そう。ザックへの収まり具合等も今回は見ていない。余裕はどれだけあるのだろう?PFDは入るかな?

 
 いい艇です。コストパフォーマンスは抜群といったところ。キャンプツーリングでも問題なくこなせそうで、安定性もあるので安心して乗れると思う。乗っててそれなりに楽しいし。惜しむらくは色の展開が少なすぎること。川向けのボイジャーシリーズのようにデッキ4色くらいは欲しいなあ。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tessanfalt.blog80.fc2.com/tb.php/165-2462992c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。