ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 漕ぎ収めに円山川へ行ってきました。玄武洞駅前から出撃、城崎までのたった6km程!、上がって温泉に入って浸かってきました。まあその慰安旅行?的カヤックツーリング。何故か一度やってみたかったのです。青春18切符利用で交通費は2300円ぽっきり。しかし往復8時間以上の電車行。体がだるく、最悪漕がずに温泉に入っただけで帰ってくる可能性もあったのです。という条件で最適の艇は六号艇「パフィンスポーツ」。短すぎるツーリングなので書くほどのことも無いのですが、一応漕ぎ収めなので、書いてみます。

 電車でとことこ、玄武洞駅に11時30分ちょっと前に到着。とりあえず川際に行く。渡船乗り場からちょっと下流に行ったところに良い出艇地を発見。とっとと組み立てて出撃だ。
   

    IMGP0031_20081231023038.jpg     IMGP0032_20081231023059.jpg     IMGP0037_20081231023138.jpg

  円山川、水は濁っていて透明度は低い、かつ景色は微妙であるが、そんなに悪くは無い。ただそんなに面白くもない。簡単にいうと中途半端・・・。ただ漕ぎ終わったら、パフィンスポーツを荷物預かりさせてもらって(駅前にあります)温泉に入れるので、これも合わせて楽しむ為に来たのだ。

 真面目に漕ぐとすぐに到着するので、なるべく漕がずに流れていったりしつつ時間を使って下っていく。右岸側はそこそこ景色は悪くない。左岸は道路が川際を走っているので風情は無し。ということで右岸よりに漕いで行く。
 

      IMGP0041_20081231023146.jpg      IMGP0045_20081231023230.jpg     IMGP0049_20081231023334.jpg

それでも気が付けば結和橋に到着。赤く塗られた橋脚をくぐって少し行くと城崎大橋が見えてきた。底を越えたらもうゴール。適当にやっていても気が付けば城崎大橋も目の前に。狭い橋脚の下をくぐったすぐ左岸側には城崎温泉街の建物が見えている。

                    IMGP0062_20081231023342.jpg

 そこは階段状になっていて上がりやすいのだ。そこを上がると子供がサッカーをやっている。後ろには大きな建物、学校?

                    
IMGP0067_20081231023426.jpg


 最後に右岸側の緑が多いところまで漕いでのんびり時間を使ってから左岸にあるグラウンドの前に上陸。

 草が生えている土の上でパフィンを分解、そして撤収。大きなザックを担いで城崎温泉街を歩くとギャラリーの熱い視線をいやでも受ける。まさかカヤックとは思うまい。

 パフィンスポーツを荷物預かりしてもらって城崎七湯の「御所の湯」に入ってほっこりしてから、帰宅。結局家に着いたのは9時30分頃。ほとんど漕がない温泉付きツーリングだった。まあその漕ぎ収めにとりあえず行けたので、よしとしよう。もう一回やるかと聞かれるとなんともいえないツーリングというのが本音である。なにはともあれこれにて漕ぎ収め終了。まあよしとしようか。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tessanfalt.blog80.fc2.com/tb.php/169-eb1541d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。