ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 さてと1月11日は風が強いためツーリングに行くのは止めて、お世話になっているバイエルン枚方店に行きました。予想外のサプライズでファルト乗り冥利に尽きる展開とあいなり滞在時間6時間!さてそのまさかとは一体なんでしょう・・・・・。

 昼ごろ到着した僕、早速フィールド関係の話をしていただき、情報をいただく。店長の河野さんは、僕の次の目標「紀伊水道横断」をすでに行われているので、その話を特に詳しく聞く。うーん、後は時期と天候とそして僕の「勇気」だな。その他「賀茂川」作戦(漕げるのか?)、和歌山城堀漕ぎや今後漕ぎたい場所などの話をしていると、Hさんが見えられた。3人で話を継続していくと途中で何故か「クレッパー」の話が。

 ファルトの元祖「クレッパー」艇がなんと倉庫に眠っているとの事だ。それも新艇・・・なぜ販売しなかったの?という疑問は河野店長も明快な答えが出せず。それはともかく、いい機会だから見せてもらうことに。

 倉庫に収めてあるクレッパー艇を出そうとした河野店長が「EXあるやん」と・・EXとはエクスペディションバージョンの事で、船体布強度が上がっており、予備パドルホルダーがついていたりする、ノーマルのバージョンよりより過酷な場所に行く為の艇である。しかしさすがはアオキカヌー、何が出てくるか分からない。歴史の長さ故ですな。

    00000008.jpg    00000009.jpg    00000012.jpg

 箱から取り出して見せてもらった。フレームがやはり美しい。天然素材のウッドフレームはやはり現代素材のフレームより美しさにおいては凌駕している。そして艇長4.5mであるがキール及びガンネルは2本のフレームで頑丈に作られている。

                  00000006.jpg

 個人的にはリブのこの金具の部分が気に入っている。さすがドイツというべき「剛」を感じる部分だ。
 
                  00000007_20090114013642.jpg

 基本的なパーツ構造は我が2号艇SS-1に類似しているが、頑丈さは大分上だろうな。それとやはりあちらではセーリングは普通なんだろう。最初からマストを立てるホール金具?が付いている。日本で普通に購入できる艇では最近フェザークラフトが力を入れてきているが、もちろんカナダ製である。そういえばフジタカヌーも試作を作っていたけどあれは止めたのかな?パドリングとセーリングの垣根が低いのだろうな。シーカヤックの歴史の長さが日本とは違うというのもあるだろう。
             00000001.jpg      00000002.jpg
 

 でバッグだ。でかい!で かすぎないかクレッパー河野店長の身長に近い長さで。これだけあったらワンザックに収まらないものかと思うのだが。人が十分中に入りますよ、ほんと。ちなみに緑がスキン用で。紫がかった赤がフレーム用(と思う)。素材はもろ軍隊のザックに使用されていそうな丈夫な素材。

                   00000005.jpg

 それから船体布。重い。4.5mなのか?と思うほど。さすがはファルト界最強の船体布といわれるだけあって厚いのだろうな。素材はハイパロンだったはず。

とフレーム船体布をじっくりみせてもらったあとは、カタログや資料等を拝見させてもらう。資料によると

 AERIUSEⅠEXPEDITION

 艇長4.50m 幅72cm 重量27kg 最大積載量 270kg

このサイズにしてはすごい積載量とそして重量。 5.70mのエルズミア570がラダー込みで27.3kgですから、それとほとんど変わらない!

 「軽さ、コンパクトさってなんですか?頑丈さと積載量こそ大事でしょ?」ということをアピールしているようだ。日本人が使うことなど考慮されていない。潔い?なあ。さすがドイツ、さすがはクレッパーというところか。  

 その後、とある資料を見てみるとそこには驚愕の事実が・・・、なんと永遠に人類の歴史に名を留めるであろうあのお方も使用しておりましたとさ。さてその「お方」とは。それは次回に書くとしよう。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tessanfalt.blog80.fc2.com/tb.php/175-8a22d4bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。