ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

              IMGP0028_20090117170242.jpg      IMGP0031_20090117170254.jpg 

  今度はアルピナ2-430のメンテです。我が四号艇アルピナ2-430は川にも行くので、結構底を擦っており補修箇所が最も多い艇でした。といっても貫通はしていないので、念のために「アクアシール」を塗っただけですが(雑だ、綺麗に刷る場合はシーリングテープでも張った方がいいです)。因みにアクアシールは効き目が強力ですが、お値段がそこそこします。という事で状態によって、他の接着剤やシーリング剤を併用しています。ついでにブログ用にスプレーカバー付けて撮影を数枚。

                  IMGP0037_20090117170307.jpg

 後はK2 Expeditionを電車で行く為に、ダッフルバッグタイプのザックを背負えるように、テープ?と樹脂パーツを購入して付けてみました。全フレーム入れて担いでみましたが、意外と背負いやすいです。肩にもテープが食い込まないし。ザックに関しては背負ったときに底部になる場所に布を張って補強するくらいかな。
 
 後はフレームや船体布及び個人装備をどう分けて持っていくかです。重さと持ったときのバランスを考える必要がありますね。すべての荷物をひとつのザックに入れてしまった場合、重量が重すぎるとバランス悪く、陸上移動が結構しにくいことがあります。そういう場合は無理せずに、2ザックに分けた方がいい場合もあります。後もう一度組み立ててみて、ラダーロープ交換すれば一旦は終了です。

 カサラノのザックもまだまだ大丈夫ですが、一部アクアシールで補強。1000円前後で売っているタイヤの小さいカートが壊れて手元に無い場合やキャンプツーリングには、シーショアでもこのザックを使用しているので(フェザークラフトのパックカートは頑丈かつ分解できるので艇内でも場所をとらない為便利です)、ザックの使用頻度は結構高いのです。
 
 七艇持っていればメンテする艇に事欠きませんね(笑)。
 

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tessanfalt.blog80.fc2.com/tb.php/178-9d469ad5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。