ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 さて1月18日は琵琶湖は湖南の石山から出撃してきました。最近古傷の右足アキレス腱が寒さの為痛み出し、ただでさえ寝つきの悪い僕が、さらに寝つきが悪くなっています。で結局朝まで寝られず。寝れなかったときでソロ漕ぎの場合、最近はカヤック中止か近場で漕ぐかのどちらかにしていたのですが(行っても大概ろくに漕げずに帰ってくる場合が多いため)、禁?を破って行く事に。しかし距離は漕げないというより、漕ぐ気が起きないだろうということで、浮いてくることに。出撃艇は壱号艇シーショア。オーバースペックですが、実は晴れたら和歌山の海を漕ぐことを想定していた為、いまさら荷物を入れ替えて別の艇にするものめんどくさかったので、こうなりました。前置きが長くなりましたが漕行記を。
 
 JR石山駅下車、琵琶湖方面へ歩いて行き、橋を渡る。階段を降りて橋の下まで行くと、何とか出艇出来る場所を発見。時計を見れば9時丁度位。とりあえず組み立て開始してフレームを船体布に入れようとすると、地元の方が見えられて話しかけていただく。

 なんといきなり「フジタカヌー」ですか?とのことだ。初期型をもっているとのことなのでどうやらSS-1を所有しているらしい。花見の時には出撃しているのだが、その他はほとんど乗らずということだ。。しかし今回僕のカヤック出撃準備をみて乗りたくなってきたとのことだ。そのほか色々と結局15分くらい話させていただいた。組み立て完了後ものんびり競技カヤックの練習を眺めたり、トイレ行ったり、今後のためにより良い出艇地を探したりで気が付けば10時30分。いい加減に出撃することに。

    IMGP0040_20090121143938.jpg    IMGP0044_20090121143929.jpg    IMGP0047.jpg

 斜めになっている護岸を慎重に降りて出撃。とりあえず近江大橋に向かって漕いで行く。風弱いものの湖水温が非常に低い。これは落ちたら大変だ。景色は・・・・左岸の工場からもくもくと煙が。しかし湖面には野鳥がかなりの数浮かんでいるので、景色よりそちらを眺めつつ漕いで行く。

    IMGP0052_20090121144016.jpg    IMGP0053_20090121144025.jpg     IMGP0061_20090121144109.jpg

 そして近江大橋を越える。この辺りから右岸は葦がよく生えていて、先程よりは良い景色に。矢橋帰帆島を巡る水路に入っていき、島を回る。この辺りから風が吹いてきた。寒い、漕いでいても。ジャケットについているフードを被ると、ましになったので被ったままで漕いでいく。島からは家族ずれの歓声が聞こえる。楽しそうじゃないか。僕はまあまあです。

          IMGP0063_20090121144137.jpg    IMGP0065_20090121144145.jpg

 漕いでは休み漕いでは休み、気が付けば水路の出口?だ。この頃から空が暗くなってきた。やばい、天気の悪化が早まったか!対岸の山はガスっていてはっきり見えず、雪景色を望むべくも無い、というよりも山頂に雪は積もっていなさそうだ。    

                  IMGP0069_20090121144218.jpg

 とりあえずスピードを上げて対岸まで漕いで行く。対岸についてから岸べたを漕いでいく最中にますます暗くなってきたので一目散に撤収予定地に向けて漕ぐ。後は時間との勝負だ。さすがに眠気が飛んできた。

                  IMGP0075_20090121144226.jpg

 大津駅から琵琶湖にまっすぐ下りてきた場所に上がれるところがあるので、そこに上陸。丁度上陸したとたん無常にも雨が。電車で行った場合の最悪のパターン「撤収時の雨」。寝不足、低水温、寒風、そして雨ですか!

 
                     IMGP0078_20090121144237.jpg

 さて屋根のある場所が近くにないかなと探すが・・・・あった。しかしそこはちょっとやばいかもしれない。その場所は、トイレだ!しかし背に腹は変えられない。幸か不幸か雨なので人通りがほとんど無く、使う人も少ないでしょ。しかし女性はあまり来て欲しくないなあ。トイレの出入り口でゴソゴソしていると、変質者に間違えられそうだ。しかし変質者ならわざわざこんな目立つことはしないからまあ大丈夫でしょ、と己に言い聞かせ、撤収開始。

 低水温の琵琶湖から上がった為か、雨に打たれても寒くない。冬場は漕いでいるときはそうでもないが、上がったら寒いものなのだが、今回は逆だな。長居はしたくないので撤収は僕らしくなくすぐに終わった。

 防滴インナーバックに船体布とフレームの一部をいれ、他のフレームはしっかり水滴を落とし収納した。後は駅までの道、ザックにかかる雨を少しでも減らす為、ゴミ袋をザック上部にかける。駅までとぼとぼ坂道を歩いて3時前には大津駅到着。電車の中では結局水漏れ無し。寝不足もあって電車の中ではうとうとと。気が付けば神戸駅到着。寒い、冷たい、眠たいそしてちょいと足痛いの四重苦ツーリングであったが、やはり水に浮かぶってのはいいものだ。最後のトイレ撤収もまあなかなかの経験だったかな?

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
久々にこちらに書きます。
琵琶湖いいね!
琵琶湖の南の方はバス釣りよくいったなー。
今年は、ぬくくなったらカヤックフィッシングやりに、この辺行こうかな?
2009/01/22(木) 13:07 | URL | sumi #-[ 編集]
sumi殿、カヤックフィッシングにはよいかもね。湖北より荒れにくいし、出艇場所には困らないしね。バスボートはさすがに何艇か見かけたよ、カヤックはもちろん僕1艇ですが。
2009/01/23(金) 14:34 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tessanfalt.blog80.fc2.com/tb.php/179-a5028df4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。