ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

                  IMGP0246.jpg

 まずアルピナ2と梯子を細引きでつなぎ、固定。荷物を全部ほうり上げて片手を梯子に、片手にアルピナを担いでもって上がろうとしたが、梯子が壁面にはあるものの上がった場所の地面には無いため、これでは無理だ。アルピナを気合でほうり上げようとしたが、バランスが非常に悪くやめておくことに。艇を傷めるかもしれないし。

 仕方ないのでのでアルピナ2の中に頭をいれて背負って持って上がろうとしたが、なんせ上がった場所にはての取っ掛かりが無いのやっぱり厳しい。無理するとアルピナごと僕も川へどぼんである。

 いったんアルピナを川にもどしてちょいと沈思黙考。・・・・そうだリブに細引き結んで、僕は上の地面に座り引き上げてみよう。でそれを実践。アルピナが斜めに持ち上がりそれをゆっくり引き上げる。僕も落ちないように気をつけて、バウのグラブループがつかめる場所まで上がってきたので、そこを片手でもって一気に引き上げ!なんとかいけた、成功だ。

 さてこれで終わったわけではない。ここから道路に出るためには高さのある擁壁の梯子を重い荷物を背負って上がる必要がある。まずは荷物を持たずに偵察頂上は広さもあり、また丈夫にもとっかかりがあるので、先ほどより条件が良い。これは大丈夫そうだ。

 再度アルピナのザックかついで登る。これが意外と登りにくい。登る度にザックがゆれて後ろ側に体を引っ張る。慎重に、3点支持でゆっくりゆっくり登っていく。結構緊張するものだ。

 頂上まで来て最後により慎重に登りきり反対側を降りようとしたら、反対側の道路に通じる階段の先にはなんと金網が・・・。要するにここは立ち入り禁止区域といことだろう。僕は緊急避難であるから法的に問題ない・・・と思う。電車派ファルト乗りには法律の勉強も必要なのかもしれない。

 ザックを金網の手前でおいて再度装備の入ったザックをとりに行く。今度は重量も軽く楽チンだ。

 そして最後の難関。まずは装備を入れているザックを金網の向こう側にやり、付いている紐を握りつつ、ある程度の高さにきたらそこで手を離す。ザックの中身は着替えやPFDなので壊れない。

 次はアルピナのザック。担いで金網の上にいったん置き、そこから付いている紐をにぎりつつある程度の高さまでおろし、そこから先ほどおろしてザックに向けて離す・・・。ばっちり装備の入ったザックの上に落ちて(クッション代わり)無事成功。後は僕自身金網を乗り越え任務完了!!

  まさに「ミッションコンプリート」

 完璧なる任務遂行といったところか。しかし最初はどうなることやらと思ったが、終わってみればいい体験であった。というのは電車でカヤックにおいてもしかすると究極の出撃撤退方法の免許皆伝を得たとも言えるからだ。ファルト旅を電車で行った場合、出撃撤退場所の自由度は非常に高いのだが、なにせ今まで出撃撤退できなかった場所でも、細引き等を利用することでやろうと思えばできることがわかってしまったのだ。

 といってもやはり危険を伴う「技術」なので最後にお約束。良い子はまねしないように!もし僕の方法を参考にして怪我されても当方一切責任はとりかねます。 というより止めておきましょう。僕も基本的にはどうしようもない場所意外はやらないと思います。でも結構楽しかったな。

 というわけで無事に帰ってこれました。以前別の場所で書いたのをブログ用に若干改訂?して載せてみました。オープンカヤックである為、荷物を取り出すのが簡単だったこと、及び水出しも楽。そして軽量だったのが幸運でした。このときのツーリングは流れの無い川を20km以上、途中から向かい風・逆潮という状況の中、総合的に考えるとアルピナ2-430という艇選択はベストであったと思われます。違う艇であったらもっと苦戦していただろうなと。

 

 

 


スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
艇は片側が浮いてると案外軽いですねえ。しかしまあ凄いなあ… だから私は腰に3メートルのレスキューロープつけてるんですよ あれなら艇を流さず両手で上がれますし~ まあ密かに似たような経験ありと言うことで(・_・;)
2009/02/07(土) 18:50 | URL | 鸛 #-[ 編集]
なるほど
鸛 さん、レスキューロープですか!なるほど便利そうだ。山用の道具もああ場合いいやつがあると、とある方に聞きました。ちょっと面白そうなので工夫してみようかな?
2009/02/07(土) 23:03 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tessanfalt.blog80.fc2.com/tb.php/185-5caed1f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。