ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   という題名をつけましたが、京都が都であった期間、千年以上だったかどうか?それはともかく久々に平日カヤックに行ってきました。場所は鴨川です。会社員時代4ヶ月程でしたがこの辺で勤めていました。短い期間ではあるものの、新入社員時代だったので思い出深い川だったりします。しかし、水量が乏しくまともに漕げる川では無いのです。もちろん僕一人では行きません。とこのパターンはやはりあの人です。バイエルンの河野店長。ちなみに河野さん所有のダッキーでタンデムでいきました。ついでに言うといったのは先週の水曜日、やっと書きます。最近気力がえらい落ちている・・・。疲れているなあ。仕事一週間程休んでカサラノで瀬戸内キャンプと行きたいところです。もちろん無理ですが。まあそれはともかく書いてみます。

 水曜、久々の平日カヤック行、下るは鴨川、千年王都「京都の東を流れる」、カップルで歩くのに非常によさそうな川である。うらやましい限りだ。京阪出町柳で下車、河野さんと落ち合い河原の遊歩道でダッキーに空気注入。そこに外人さんが通りかかって、、話しかけてくれた。この川をボートで下ろうとする「クレイジーなジャパニーズ」とでも思ったのだろう。ちなみに彼は嵐山にクロスバイク?で行く途中。しかし今回のツーリング、いろんな人に話しかけてもらったり、手を振ってもらったり、僕のカヤック人生屈指のギャラリー注目度であった。

                     cb12.jpg

 ダッキー完成後水に浮かべるも、二人乗ったら座礁するので僕だけ乗って、深みまで行ってから河野さんものる。しかし漕いですぐに座礁。ライニングダウンしたり、一人乗ったり、二人乗ったりと忙しい漕行というより歩漕行というべきか。

 

           CA340092.jpg            CA340096.jpg

 しかし思っていたよりは水量が多い。9割方歩くものと思っていたので、結構楽しいものだ。水も意外と冷たくない。ただ堰堤が素晴らしく多くそれで時間がとられる。大きな堰堤はもちろん安全の為、土手を上がってボーテージ。このときにギャラリーの熱い視線を浴びまくる。がこのダッキー、重量7.8kgと軽量でかつタンデムなので協力して運べば楽だ。まあしかし僕も電車派ファルト乗り、既に気恥ずかしさなど微塵も無い。

                    CA340098.jpg

   しかし京の風情ある町並みを、川から見上げるのはなかなか「おつ」なものである。たまに写真を撮りつつ下っていき、三条大橋手前の橋でバイエルンのお客さんであるOさんが見えられた。鴨川をカヤックで行くシーンをどうしても見たかったとのことだ。たしかになかなか見れるシーンではない。ここで今回一番の長距離ボーテージをし、これから下流についての情報をOさんから聞いてから再度出発することに。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
やっと
待ってましたよ。えらくブログネタがたまってるみたいで。私もあの水曜日以降金土日と三連チャンカヌー、また明日もカヌーかなあ… 後半楽しみです。
2009/04/07(火) 21:13 | URL | 鸛 #-[ 編集]
Re: やっと
いや、実はちょっと体調がもう一つだったので、気力低下してました。いやしかしさすがですね、カヤック出撃回数。今年はこれでも過去最高更新しそうな勢いです、こちらは。
2009/04/08(水) 14:47 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tessanfalt.blog80.fc2.com/tb.php/201-5331907a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。