ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は、電車でカヤック行「出撃場所の探し方」でも書いてみます。

 電車利用のカヤックにおいて、最適な出撃撤収地の条件をまとめてみると

 1 駅やバス停から近い

 2 その場所にスムーズに行くことが出来る(乗り換えやかかる時間・本数)

 3 出しやすい地形・場所(浜・段差のほとんど無い場所等)

 4 使いやすい交通機関だけ利用していけるかどうか

 5 組み立て場所良好(コンクリートや草地で広々としているところ)

 6 コンビニやトイレがある

 7 漕ぎ出してすぐに「見ごたえのある場所」に行きつける

  まあいろいろ思い浮かびますが、1から4を特に重要視して探しています。

 公共交通機関についても書いてみます。

 

 電車

 電車でカヤックの代名詞にもなっている総合的にもっとも優れた交通機関。
 本数(ローカル線は除く)、居住性?(本が読める快適性)、ザックを置くスペース、そして特急等を
利用すれば相当快適に、時間を節約して目的地にいける。中でもJRは最強で新幹線を利用することで驚くほど遠くに快適に行けたり、
シーズンは限られるが、金銭的最終兵器ともいえる「青春18切符」が使えるのは素晴らしい。
弱点はやはり新快速や特急は時間帯により非常に混むという点。それから平日は女性専用車両に「要注意」だ。

 バス 
 
 結構使いにくい、という印象を持っている。そもそもザックを置くスペースが厳しく、混んでいたら乗り込むのが非常に気が引ける。乗った後、込んでしまって、結局最後まで降りることが出来なかった経験あり。結構気を使う。ただ最近バリアフリータイプが増えてきたので、快適になりつつはある。あくまでもほかに交通機関が無いので「仕方なく」使用する場合が多い。しかしローカル線は結構すいていて意外と使いやすい場合もあるが、本数が少なすぎて使いにくい場合が多い。 


 高速バス

 あえてバスと別記したのは、「電車でカヤック」において、まったく違う乗り物と行っても過言ではないからだ。大型トランクルームにカヤックザックを入れてしまえば、 快適かつ広めのスペースを取ったシートでくつろいで現地に向かえる。乗り換えなしでJRよりも早く現地にいける場合があり(日本海方面は断然こちらの方が早い)、料金も安めである。短所は可能性は低いがザックを載せることが出来ない場合がある(本末転倒?)のと特定方面にしか出ていない、そして早朝便が僕の使っているバスターミナルからは出ていない(到着時刻が遅めになる)といったところ。というわけで日の長い季節意外は使いづらい。


 船

 主に瀬戸内に行ったときに利用。スペース広く、乗りながら海上から島や陸地を偵察できるメリットがある。しかしいかんせん本数が少ないので電車やバスとのつながりがうまくいかないと、出撃地に付いたら昼少し前だったなんてのはざらだ。


 タクシー

 最後の手段。快適だが「お金」がかかる。2人以上で行く場合は、上手に使えば有効か。

 僕の場合電車のみ、もしくは高速バスのみ、そして場所により電車+船を使ってたどり着ける場所を「出撃場所」に選ぶ場合が多いです。
探すときもこの点を考慮して探します。その弐へ。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tessanfalt.blog80.fc2.com/tb.php/220-5d378313
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。