ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます

   6月28日の日曜日は以前から連絡させていただいていた、さすプーさんと木津川(定番の笠置から木津)を下ってきました。出撃艇は六号艇「パフィンスポーツ」。何気に今年初出撃。暑い季節、組み立て撤収が非常に楽なので重宝?します。それはともかく書いてみます。

 JRの木津駅でさすプーさんが電車に乗り込まれてきた。アルピナ310の乗り手である。派フィンスポーツにしろアルピナ310にしろ川のデイツーリング電車行には最適だ。軽く、組み立ても簡単で回転性も良い。

     IMGP0034_20090629173937.jpg    IMGP0035_20090629173944.jpg    IMGP0036_20090629173953.jpg

 笠置に到着後、いつものキャンプ場でなく、もっと上流からということでカヌー広場へ向かう。広場にはフジタカヌー研究所の方々がいらっしゃる。相当数のカヤックが並べられていて、聞いてみると今日はカヤックのイベントがあるということだった。学校の生徒が来てカヤック体験との事。いいなあ、学校行事としてこんな経験が出来る子供たちがうらやましい。

 許可をもらって(この辺の土地は確か藤田さんの所有地だったはず)組み立てを始める。まあしかし今日はフジタカヌー製ではなく「派フィンスポーツ」だったりするのはご愛嬌?だ。ついでにいうとアンダーはファイントラックだが、上はモンベルのステンレスメッシュ、ついでに帽子と上にはくパンツも。ばっちり裏切り者である。デビルマン状態だな。

        
     IMGP0037_20090629174000.jpg      IMGP0042_20090629174049.jpg

 11時前に出撃。とりあえず目の前のとろ場を10分ほどだだよってから下流に向かう。橋の下の瀬とキャンプ場前の瀬あたりは浅く底をするのが当たり前なので気を使うが、そこを越えたら木津川らしい景色が飛び込んでくる。10回以上来ているが飽きないなあ。

 
     IMGP0045_20090629174058.jpg      IMGP0051_20090629174130.jpg      IMGP0049_20090629174105.jpg

 話をしながら2艇で下っていく。今日は水量が少なめで気を抜いているとたまに岩でそこをする。梅雨なのにまったく梅雨らしくない。水もいつも以上ににごっている様だ。がまあ流れはあるのでほとんど漕がずに進んでいく。途中のところどころで家族連れを見かける。ちょうど水遊びには良い季節だ。今日は結構暑くもあったので、シュノーケリングしている子供までいる。


            IMGP0053_20090629174137.jpg    IMGP0054_20090629174145.jpg
     

 適度に瀬があるの飽きることなく進んで気がつけば加茂まで来ていた。鮎は解禁されど木津川には鮎つり師は少ないのであまり気にせずに下れるのはいいものだ。清流と呼ばれる川はこの季節下れたものではないらしい。川派の人が夏場に海に出てくるのは、こういう理由があるのだ。

            IMGP0056_20090629174211.jpg    IMGP0060_20090629174225.jpg
  

 途中で3回ほどたったり、そこを結構すったりしつつも結局3時間ほどかけてのんびり下って木津に到着。上陸後、撤収時にスキンを調べてみるが、傷はついているものの、穴は開いていない。結構パフィンの生地は強度があるのかもしれないな。

 太陽が照っていて気温が高いのですぐに乾き、すぐに撤収できる。その後はさすプーさんの車に乗せてもらい食事へ行き、その後は駅まで送ってもらい帰宅。車の中ではカヤック談義。次はどこへ行こうという話をいろいろさせてもらった。最近はろくに行けていないので、こういう話はいつもよりわくわくする。梅雨が明けたら日本海方面をメインにどんどん出撃するとしよう。後は体調次第だな・・・。
 

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tessanfalt.blog80.fc2.com/tb.php/222-6cba4fca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック