ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 7月26日は和歌山へ480スペリオ乗りのS君と漕ぎに行ってきました。当初天気は雨の予報だったのですが、日曜日に近づくにつれて好転、まあ最悪漕がずに温泉でも入ろうと考えていたので、著い漕ぎ出来る場所ということで和歌浦へ。出撃場所は浜の宮海水浴場。そこから片男波方面に向けて。出撃艇は日本海に持っていって、結局漕がないでザックにしまい続けていた壱号艇シーショアをそのままもって行きました。それでは書いてみます。

 いつもどおりJR和歌山駅でS君に拾ってもらう。和歌山駅まで来るのは結構楽だ。神戸から大阪まで行き、そこで乗り換え、紀州路快速で和歌山へ。海水浴場までもすぐである。あっというまに到着、とっとと組み立て開始。シーショアのフロントストラクチャー全部のショックコードが切れてしまっているので、パーツがまるでたくさんあるかのよう。いい加減にフジタさんに直してもらおうかな。

          IMGP0031_20090727125602.jpg      IMGP0032_20090727125619.jpg

準備完了後2人で協力して浜まで艇を運び出撃。家族連れが多くジェットスキーも多いので慎重に離岸そして北へ向かって漕いで行く。今日は風もそこそこあり、うねりもそれなりにある。ウサギも少し飛んでいる。艇の進行方向に対しほぼ真横からこれらが来るので常にウェザーコッキング状態で結構だるい。水質ももうひとつ、いきなり訓練漕ぎとあいなった。

          IMGP0035_20090727125635.jpg       IMGP0038_20090727125731.jpg

 そのまますすみ片男波まできたら、防波堤やテトラによる三角波で漕ぎにくい状態に。おまけに風も強くなっている。陸地の影から出たからだろうか。いやらしい波に翻弄されつつS君と相談。とりあえずテトラの間から入り、海水浴場の邪魔にならない場所まで漕いで上陸、海につかることに。

 テトラの内側は穏やかな楽園状態。一番はしに向けてこいでいると、ロープで囲われた海水浴客の若者に話しかけられる。カヤックに結構興味があるみたいで、シーカヤックの存在を知っていた。フォールディンカヤックを簡単に説明。さすがに組み立て式のカヤックは知らないとの事。彼らの一人が発した言葉が非常に印象的であった。

 「むっちゃいい顔してはりますやん」


 自分の想像以上にカヤックをこいでいる時の僕は満たされた顔をしているのだろう。

 彼らに挨拶をし分かれる。少し漕ぎ、線引きされた中に入って上陸しようとすると、サーフボードに乗った監視員のお兄ちゃんに注意をうける。カヤックでも中に入ったらいけないそうだ。ゴムボートは問題なく浮かんでいるが・・。まあルールなので仕方なし。いったんロープの外に出て、一番端っこに向けて漕いでいき、海水浴場の範囲外と思われるところに上陸。 

                   IMGP0039_20090727125745.jpg


 ちょうどカキ氷が売っていたのでそれを食べた後、海水浴をしてから再度出撃。これ以上進むか、それとも戻るか。風がさらに強くなってきたので、帰りの時間、天気が悪化予報等を考慮し戻ることに。同じルートを戻っていると今度は舟に乗った監視員登場。 「入ってこんといてくれ」とのこと。「わかってます」と答えそのまま進んでいくと、またもや同じおっちゃん参上。

 「海上保安庁呼ばんとあかん」 どうやらテトラ内にも入ったらいけないらしい。それならそうと最初から言えばいいものの。まあしかしあれだ、サーフボードの兄さんは丁寧な口調だったのにたいし、このおっちゃんは素晴らしく偉そうだ。最近の若者はマナーがなっていないという人は多いけど、あんまし変わらんぞ。

          IMGP0049_20090727125850.jpg     IMGP0050_20090727125907.jpg

 仕方ないのでテトラから外に出ると荒れ気味の海。先ほどより風はあるものの波がまだ素直なのでなかなかどうして楽しいものだ。テトラ地帯を過ぎるとより素直な波になり、なかなか楽しい状態に。そのまま進んで出撃地近く間で来ると、そこはサーフゾーンになっていた。前方から押し寄せる波にデッキを洗われまくりつつ漕ぐのは楽しい。ただジェットスキーが相当いるのでそれだけは気をつけないといけないが。

      IMGP0052_20090727125950.jpg    IMGP0062_20090727130607.jpg    IMGP0063_20090727130631.jpg

 まだ時間はあるので出撃場所を越えてちょっと景色のいい場所へ。奥まで漕いで行き浜に上陸するもののジェットスキーだらけで落ち着かず。結局すぐに出撃場所まで戻り撤収することに。今日は距離はほとんどこいでいないものの、ウェザーコッキング、三角波、海水浴季節の注意事項(笑)、サーフゾーン、ジェットスキー避け、まあいろいろあったので結構楽しめた。

 撤収中に小雨が降るも、すぐにやむ。そして車にすべてを積み込んだそのとき本降りが始まった。一気に雨量が増し、さながらスコールの様。早めに戻ってくる判断は正しかったのだ。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
和歌浦は夏の海水浴シーズンにはいったことなかったので知りませんでした。
でも海水浴場はほとんど駄目ですね。広川ぐらいではないですか?
2009/07/29(水) 18:46 | URL | 鸛 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
広川ぐらいですか。まあ海水浴シーズンは致し方ないですね。なんかあったら管理者の責任問題にもなるんでしょうし。
2009/07/30(木) 17:16 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tessanfalt.blog80.fc2.com/tb.php/229-4b1fd63b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。