ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 8月2日は日生から牛窓まで漕いできました。このルート、実は初めてだったりします。単に僕がバスにカヤックを乗せたくない ので敬遠していただけですが。出撃艇は久々に五号艇カサラノ。それでは書いてみます。

 7時少し前の電車に乗る予定が、大雨の為様子見、結局8時26分の新快速で日生に向かうことに。今日は日生ちょい漕ぎになりそうだ。まあ久々のカサラノ、じっくり「漕ぎ」を楽しむとしよう、ついでに海水浴も。

 現地では薄日が射す状況で風がそれなりにあり、思っていたよりは暑くない。バケツに水を汲み、たまに頭からかけつつカサラノ をのんびり組み立てる。準備完了は11時40分。とりあえず出撃だ。カサラノ久々だけど、妙に今日はしっくりくる。

          IMGP0001_20090804111828.jpg      hinase21.jpg

 駅前の港を出てすぐ大型船の係留場所手前まで漕いでいくと、いきなり動力船が登場。あのう「右側通行」なのですけど・・・。ばっちり左側をぎりぎりで進んできた。そう夏場は「右側通行ってそんな法律ありました?」と言う皆様が多くなる季節である。ま あシーカヤックの場合、杓子定規に右側通行を守ると、場合によっては危険な場合もあるので臨機応変に対応しなくてはいけないが、それにしても動力船だからなあ。

 その場所を越えてすぐに左手からかっ飛ばしてくる動力船とジェットスキー。夏場はやはり船が多い。普段以上に気をつけないと いけない。そのまま曽島方面に漕いでいくが、このあたりは漁港の防波堤と船舶交通の多さや潮の流れもあるのだろう、結構波が複 雑な場合が多い。まあ久々のカサラノなので調度いい練習になるが。そのまま進んで曽島へ向かう。

 カサラノはやはり漕いでいて楽しい。いつもながらこの独特の水上を滑っていく感覚。初めてフェザークラフトの試乗会に参加し たときのことを何故か思い出した。今だから言えるが、最初は「フェザークラフトってどんなもんだい?」といったやや挑戦的な姿勢があったのは否めない。まあもう少し直截的?に言うと「何ぼのもんじゃい」といったところ。

 そして実際にまずカフナに乗ってみた。450cmのシーカヤックとしては短めだったので正直やや侮っていたが「速い」という のが第一印象。そして操作性がなかなか良いと次に思った。そして以前書いたとおりにカサラノ、ウィスパーと乗った。試乗会が終わったとき、まさにミイ ラ捕りがミイラになってしまっていた。

 カフナの450cmというサイズは電車でカヤックツーリングの観点から言うと 絶妙なのだろう。性能は折り紙付き、軽くコンパクトなので楽なのだ。まあ正直5m以上のファルトは普通のデイツーリングにおい てはオーバースペックといったところ。ただ荒れたときは非常に頼もしいが。もちろん荷物を沢山積んでのキャンプツーリングや海 峡横断や距離のある島渡りには艇長の有る方がが有利なのはいうまでも無し。まあ450cmくらいの国産艇が出てくると面白いと個人的には思う。430cmのフジタのトレックがあるやないかと突っ込まれそうだが。

 脱線ついでにフェザークラフトの新艇「ウィスパーエクスペディション」が発売される(された?)が、当初新艇のうわさを聞いたとき、あの川用に開発された「FRT」が復活するのか、それともついにファルトでもっとも人気のある450cm前後のタンデ ム艇でも出るのかと思ったものだ。まさかラダーが付いてクロスリブが6本(ノーマルのウィスパーは4本)になって発売されることになるとは夢にも思わなかったが。フェザークラフト製、450cm前後の小型タンデム艇、出れば結構人気が出そうだが。と脱線はここまでにして話を戻そう。

 曽島の北側に到着後、上陸してクールダウン。組み立て時にあった風が止んで、えらい暑い。しかし海が非常にぬるいのでクールダウン効果が低い。まあやらないよりはましだ。5分ほどいてから出撃。

          IMGP0011_20090804111932.jpg     IMGP0010_20090804111917.jpg

 島沿いを漕いでいると水の流れる音。夜中に降った雨が小 さな滝?となって流れている。もちろん上陸、そして浴びる。非常に冷たく最高だ。当分この場所に居たくなった。その後適当な場所まで漕いで行き、ここに戻って水浴びしてから、日生駅前まで戻るという「楽々ツーリング」をしようという誘惑にかられる。し かし最近ろくに漕いでないので、もう少しまじめに漕ぐことにしようと思い直し出撃することに。危険な?誘惑であった。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tessanfalt.blog80.fc2.com/tb.php/230-27885915
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。