ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます

     IMGP0013_20090804112042.jpg     IMGP0019_20090805171239.jpg     hinase22.jpg

 曽島に足が根を生やしそうなのを、何とか振り切って出発。島の端まで来てから、斜めに横断、本土側へ渡る。このあたりから南風が吹いてきて涼しくなってくる。今日は調子も悪くなく、天気予報も大外れで晴れて景色よし。そのまま長島へ向けて南進、以下だの間を通って長島到着。それから西側に向けて島沿いを漕ぎ、小豆島に面している外の海へ抜けることのできる場所まで漕ぎ、外へ出る。

                   IMGP0020_20090805171253.jpg

目の前には小豆島が見え、左斜め前に手影島。毎度毎度の風景だ。さてこれからどうしようかと迷う。進路を東にとり、大多府島に向かうもよし、西にとり虫明瀬戸からまた内海に戻り日生に戻るもよし。とどうせなら牛窓まで行ってしまおうと思い立ち、結局牛窓へ向かう。

 
再度出発してすぐに、沖合いからのうねりでちょっと複雑な波が立つ場所に来る。とりあえず乗り入れてみる。最初はいやな感じがしたものの、慣れてきて、ついでに波の中での操船練習をすることにした。波の中で外傾ターン、いろんな方向から波を受けカサラノの反応を試す。時々スターンラダー。10分ほどあれこれ試し、牛窓方面に漕ぎ出す。
    

            IMGP0022_20090805171351.jpg     IMGP0024_20090805171405.jpg


  漕ぎ出してすぐ風が止む。とたんに暑くなってきて、漕ぐのがつらくなってくる。せっかくこのあたりの景色は抜群なのに、じっくり見つつ漕げないのが残念だ。ついでに言うと、南からのうねりを常に真横から受ける状態、そして潮の影響もあり結構漕ぎにくい。というわけでラダーを落として漕いでいく。暑いので最短距離を行くのを止め、いったんクールダウンのために上陸することに。適地見つけて上陸して、クールダウンするしかし海がほんとにぬるいなあ。

IMGP0025_20090805171419.jpg  IMGP0027_20090805171448.jpg IMGP0028_20090805171434.jpg IMGP0029_20090805171504.jpg

 5分ほどで出撃、今度は鼠島へ向かう。ここは牛窓諸島手前にある小さな丸い島。休憩場所からそんなに遠くないのだが、暑さのため、えらい遠く感じる。到着後時計を見たがやはり大して時間はかかっていない。それにしても夏場のシーカヤックマラソンってのは大変だな。炎天下をひたすら漕ぎ続ける。カサラノ三兄弟、長兄のK氏は、この間開催された「奄美シーカヤックマラソン」において、体調不良、日射病寸前、ハンガーノック等で意識が遠のくなか、完走したとか。その後ぶっ倒れて担架で運ばれたとのことだ。漢だ。僕なら名誉ある撤退(棄権)をしてるだろう。

 鼠島で5分ほど休憩後、撤収予定地の前島へ向かう。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
知床から無事帰ってきたら、8月の29(土)・30(日)と琵琶湖入りすることにしました。

大瀬さんとこで、土曜日はカサラノ&カサラノS徹底乗り比べ。

で、日曜日は他のフェザーユーザー達と一緒にカサラノ借りてツーリングの予定です。

なんとかなるならS無しのカサラノが欲しいな~。

ラダーは嫌いなので...。

カラーはもちろんカーボンです!

2009/08/05(水) 22:23 | URL | サスケ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
こんにちは、サスケさん。ついに知床ですね。知床いったみたいです。景色がすごいんでしょうね。
8月終わりに琵琶湖こられるんですね。僕も予定がなければ、もしかするとマキノあたりに出没するかもしれません。その際にはまたよろしくお願いします。

 ラダー嫌いであれば、すでに答えが出ているような・・・レギュラーですね。
 カーボンいいですね。K2のデッキがだめになったらデッキだけでも船体布張り替えてもらおうかと思っています。カーボン色のK2かっこよさそう。
2009/08/06(木) 17:14 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tessanfalt.blog80.fc2.com/tb.php/231-865ae328
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック