ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 「カサラノライダー」、それはファルト最難艇「カサラノ」を自由自在に乗りこなし、中長期のキャンプソロツーリングに行ける実力を備えた者のことである。と僕は勝手に思っております。実は、プロはともかくアマチュアの方ではそんないないかとと思われます。そのためにはやはり「ロール」をいい加減やらないとね。ということでロール練習を開始することにしました。水温が高い夏から始めればよいものの、なんとか重い腰を上げたのが9月。さてその様子を書いてみます。

          IMGP0011_20090908120227.jpg     IMGP0012_20090908120337.jpg

 9月6日、場所は香枦園浜、カサラノを持って行き、砂まみれになりながら組み立て、12時前に組みあがる。組み立て中、奄美出身のおじいちゃんに話しかけてもらったが、こういう形のカヤックは初めてみたとのことだ。シーカヤックマラソンについてはご存知だった。

 今日は実はグリーンランドパドルを持ってきている。重量が少し重いので、最近海では使っていなかった。カサラノで使用するのは初めてだ。グリーンランドタイプのカヤックにはグリーンランドパドルでしょ、というこだわりも持ってはいなかった。

 漕いで5秒で分かったこと、それはカサラノに非常に合うということだ。僕の持っているメインパドル3本(アリュートパドルのインチューン、ATのエクセプションEベント、タイワープ悪魔のパドル)よりしっくり来るのはびっくりだ。この長いブレード部とウッドの浮力が頼もしい。一時安定性の低いカサラノに安定をもたらせてくれる、かつ漕いだ感触が妙にいいのは何故なんだ?まさに侍と日本刀の関係の如く。うっかりロール練習やめてツーリングに行きそうになったぞ。

 カサラノであまりやらない内傾ターンをやったりロープレイスをしたりした後、早速ロールを。とりあえずマスクをつけてひっくり返る。意外とひっくり返った状態は不快ではない。スイーブロールを2回。びくともしません!これは今何回やってもだめだ。パドルの向きや軌跡が全然だめ。分かりやすい C to C に変更。これも2回ほど、ウーンおかしい。これも駄目。とりあえずパドルフローとつけてやってみる。やはり上がる。まあこれは誰でも上がる。そしてヒップフリック?の確認と頭が早く上がらないように調整し、フロートをはずす。そしてやってみると、もう少しで上がりそうになるが、途中で上がりきらずにドボン。

 こんな調子で途中別の練習をはさんだり、パドルフロート最乗艇や横乗り最乗艇の練習したり。浜には心配そうな家族連れが。おぼれているのではなく「沈脱」しているのです!

          IMGP0013_20090908120352.jpg     IMGP0014_20090908120407.jpg

2時間程たってから休憩。海上で行われている、ディンギーのレースを見ながら、頭の中でいろいろ考える。そしてまたパドルフロートを付けて何度が上がってみる。そして再度挑戦、今度はもっと腕を高く水面に出し、パドルの角度を考えてやってみる。惜しい!もう少し。

 と結局12時から15時30分くらいまで休憩挟んで練習するも、上がることなし。しかしなんとなく上がりそうな方法が分かってきたような気がする。その点を踏まえて?また次の日曜日に練習だ。あと意外だったのは、練習がそれなりに楽しいことだ。まあ近所の須磨海岸から完全に海の家が撤収されたら、平日もたまに練習に行ってみるとするか。

 カサラノライダーへの道は長く険しいのである。そもそも荒れた海でソロでこいでいる時、それも不意の沈で上がらないと意味があまりないので。さてさてどうモチベーションを持ちつづけるか?それが一番の問題だ。とりあえず曲りなりにでも上がるようにならないと。

 ということでロール挑戦は百戦百敗(実際は20数回くらい挑戦)。しかし家に戻ってからDVD見たり、ネットの動画を見たりでいろいろ研究したのでスイーブロールのやり方、パドルの軌跡、最初のセット等を一応理解しました。やはりスイーブで挑戦してみることにします。次のロール練習楽しみだ。C to Cも駄目だった理由がわかったので、これもそのうちやってみようかと。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
カサラノ・ライダーの定義は私もその辺りで同感です。

一緒に切磋琢磨してカサラノ・ライダーを目指しましょう!

あっ、でもまだ私は買ってもいなかったっけ。(笑)

2009/09/09(水) 00:48 | URL | サスケ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
長く険しい道のりになりそうですが、楽しみつつがんばります。
そういえば、サスケさんはまだ所有されていませんでしたね。
すでに所有されているような感じがしております。
2009/09/09(水) 16:49 | URL | てっさん #-[ 編集]
ひとつアドバイス
頭が最後にはわかりにくいので右の耳を肩につけてやってみては・・耳と意識すると自然に頭が最後になります。
あとはパドルを漕ぐほうを長めに・・パドルフロートで起きれるなら少しずつ空気を減らしていくとわかりやすい。でもフォームのでは無理かな・・
2009/09/11(金) 17:14 | URL | 鸛 #-[ 編集]
Re: タイトルなし

鸛 さん、ありがとう御座います。右の耳を片につけるですね。やってみます。
食い入るようにDVDを見て、そして仕事中もイメージトレーニング。頭の中ではばっちりあがっておりますが・・・・。とりあえず一回意地でもあげたいと思っています。

 パドルフロートについても参考にさせていただきます。鉄は冷めないうちになんとやら、この勢いがなくなる前にロールをできるようにならないとと思っています。
2009/09/12(土) 00:21 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tessanfalt.blog80.fc2.com/tb.php/243-565c337e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。