ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 9月21日より念願の舟屋巡りキャンプツーリングに行ってきました。場所は若狭の三松海水浴場から某所まで(諸般の事情で場所は本文内で書きます。地図も最後に載せます)です。今年は連休になると体調が悪くなるという悪循環、今回もまさにそのとおりとなり、本当にいろいろあった「濃い」ツーリングとなりました。今回の主目的はもちろん「舟屋」巡りです。その次は音海断崖及び野原周辺の探索、あとは天橋立を漕ぎです。出撃艇は壱号艇シーショア。それでは書いてみます。

 20日、予約していた「西舞鶴プラザホテル」に宿泊、前もって送り込んでいたシーショアとキャンプ道具が先に到着して待っていた。ホテル到着後、早速買出し。1泊2日の予定だったが、興が乗れば2泊3日で行こうと思っていたので、結局余裕を持って3泊4日分の食料と水は2日分くらい購入してからホテルに戻り、早目に就寝。 ちょっと買いすぎたな。

                  
IMGP0052_20090924095554.jpg

21日、三松まで電車で移動して、そこから海岸まで歩く。さすがに楽ではないが、もう少し重くても何とかなりそう。今回はデイツーリングで使用している高性能カートを使用しているので、少々重量が上がっても大丈夫。

                  IMGP0054_20090924095609.jpg  

海岸に到着した後、すぐに組み立て開始。10時頃にはすべての準備完了。全部の荷物を艇内に入れることも出来るが、今日の風向きを考え、まためんどくさいのでデッキ上にくくりつけた大型防水袋にある程度の荷物を入れる。風の抵抗は増すが、上陸及び再出撃のスピードは増す。

 波が引いていくのを利用して離岸、テトラの間を抜けて海水浴場の外へ。今日は低いうねりが北から、風はやや強い南風の為、海面は結構ざわついている。が追い風なのでそれに押されて順調に進んでいく。しかし私の体調がもうひとつなのでペースはのんびりだ。

           IMGP0059_20090924095721.jpg     IMGP0062_20090924095739.jpg

海水浴場から北西の半島に向けて漕いで行く。ところどころに釣り船が。今回のルート上は多くの釣り船及び岩場に張り付いている釣り師がいた。しかし長い時間あんな狭い足場の悪い場所でよくやるなあ。

 
            IMGP0067_20090924095834.jpg     IMGP0069_20090924095850.jpg

半島は緑多く、ほぼ北に向かって海に突き出ている。先には音海断崖。これを見に行くのも今回の目的。陸地近くまで来て、それからその近くをなぞるように漕いでしばらく行くと港及びすぐ向かいにある風島だ。その間は浅くなっていてそこがはっきり見え、なかなか綺麗だ。その間を通り抜けていくと、より強い風が吹いていた。斜め後ろからの風であるが、ラダーを落としているので問題なし。ラダーは便利ですな。  

       IMGP0078_20090924095945.jpg     IMGP0079_20090924100002.jpg     IMGP0086_20090924100146.jpg

 南東方面からの波が半島に当たり、先端近くはやや荒れ気味。がまあ写真を撮る余裕はある。音海断崖の東、今戸鼻を回ると音海断崖が見えてきた。うわさに聞いてたとおりなかなかのスケール。そして風が半島でさえぎられ、陸地近くは海も静かになった。そこをのんびり漕ぎつつ、断崖をじっくり拝見。うーん、これぞシーカヤックの醍醐味。

           IMGP0092_20090924100254.jpg     IMGP0100_20090924100354.jpg


 音海断崖を通り押回鼻を通り過ぎると、湾奥より強めの南風。海面はウサギが飛んでいる。そこをフェリーグライド気味に漕いで行き、対岸の正面鼻を越える頃には風の影響は弱くなった。とりあえず湾をなぞるように漕いで行き、今日キャンプする場所を探す。

             IMGP0105_20090924100417.jpg       IMGP0106.jpg  

 次の湾は水ヶ浦の集落だ。そしてその静かな湾に入ると南側に港が、そして北側には水ヶ浦のオンリーワン「舟屋」だ。たった一つの舟屋、まさに孤高の舟屋。僕のボルテージは昇竜の如く急激に上がる。水質のよさとあいまって少し神秘的でさえある。近くまで漕いで行って覗いてみると、どうも今は使われていないようだ。もったいないなあ!

 

             IMGP0109_20090924100610.jpg       IMGP0112_20090924100640.jpg


 舟屋のすぐ近くには船でおまいりできる神社があった。陸地からも小さな道が通じていていけるらしいが、ここなら船で行った方が楽そうだな。しかしこの水ヶ浦の集落は江戸時代以来300年間、7戸のみの集落を守り続けているという。そして港から集落までは急な道を上がらないといけない。いやあほんと凄い集落だ。まさに隠れ里?の如くである。しかしやっと来れたなあ。このあたりで20分ほどいたあと、キャンプ地探しに近辺をこぎ、まあなんとか出来る場所を探しキャンプすることに。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
いや~、若狭、いい所ですね~?

海の色、海岸の断崖...。

知床や八重山にも引けを取りませんね~。

私も行ってみたくなりました。

1週間ぐらい時間潰せるでしょうか?

やはり、旅の時はアリュートパドル(インチューン)ですね?

実は、私も例の武器(イサナ・パドル)2本注文しちゃいました。

カサラノはまだです。(笑)

てっさんはダグの来るフェザーイベントには参加するんですか?
2009/09/24(木) 22:15 | URL | サスケ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
若狭、ガシガシ漕がなければ一週間いけると思います。ただ問題が。あまりいいキャンプ地が無いかと。キャンプ自体も禁止の場所(常神)あったりします。

 インチューン、風がやや強く吹く予想だったので念のためにこれにしました。強い風にはやはりこれです。頼りになります。

 しかしイサナカヤックのパドル2本ですか!いいですね。なかなか順調に売れていると聞いています。しかしカサラノまだでしたか!

 あのイベント本当は行きたいのですが、当方土曜は仕事なのです。普通の連休とかだと行けるのですが・・。基本的にツアー等でもデイツーリングでないと参加できないことが多いです。なかなか日祝で組んだツアーやイベントというのは無いものですね。理由はもちろん分かっていますが。
2009/09/24(木) 23:52 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tessanfalt.blog80.fc2.com/tb.php/249-b214f9f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。