ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ソロキャンプツーリングにおいて、僕の一番の課題は夜の過ごし方。そう幽霊が怖いというわけではなく、暇なのだ夜は。目が悪いので読書もしんどいし、ラジオもたいして面白いと思わない。夜の仕事故に、8時ころなんてなかなか寝れないし、ついでに寝つきも悪いとくる。ということで今回も寝るのに非常に苦労した。まあこの件については別に書くとしよう。そしてようやく朝を迎える。

 
                 IMGP0149_20090925142829.jpg

 朝起きたら頭が重い・・・。体調は悪化、しかし漕げることは漕げるというより漕がないと帰れまへん。というわけで7時頃には準備完了、出撃だ。昨日と違い今日はどんより曇っている。とりあえず次の目標は成生の集落。ここには「シチケンブン」という一棟に七軒の舟屋があり、村落の10戸で共同所有されているという。僕も7艇ファルトを所有しているので、ついつい妄想が。壱号艇から順に向かって左側の舟屋から置いていき一番右には七号艇K2を。気分によってどの艇で出撃するか、また友達が来たときにはタンデム艇をカートにのして目の前の浜まで運んで海に浮かべるシーンを想像するだけで楽しくなってくる。
 

 がシチケンブンを近くで見るためには防波堤の中に入る必要がある。しかしこの時、帰ってきた漁船や出撃する漁船がひっきりなしに出たり入ったり。邪魔になるのもまずいし、落ち着くまでに待っていると、雨が降る前に撤収できない。実は昨日ラジオの天気予報で夕方から雨が降るとの事だった。しかし大概こういう場合は早まったりする。ので3時頃までには撤退完了が望ましい。というわけで、体調を加味してゴール地点を天橋立から丹後由良に変更。それでも念のために先を急ぐことにしたのでのんびりしていられないのだ。

 
          IMGP0151_20090925142959.jpg     IMGP0164_20090925142930.jpg 

シチケンブンと田井の舟屋はまたそのうちゆっくり訪れることにして、成生岬に向けて出撃。今回一番の難所(だと思う)。 そのまま内海のような雰囲気の比較的静かな落ち着いた海を漕いで行き、岬に近づくとベタなぎになった。今ツーリングでもっともべたべた。風やうねりが東にある毛島にふさがれているのだろうか。

           IMGP0172_20090925143203.jpg      IMGP0174.jpg

難なく成生岬を回りこむと、日本海らしい風景が目に飛び込んでくる。この内海的な風景から日本海らしい雄大な風景に変わっ多瞬間は感動すら覚えた。そしてたった一人で雄大な風景を堪能しつつ旅をしている実感がいやが上でも増してくる。仲間同士で漕ぐのも楽しいが、単独行でないと味わえない感動というのも結構あるものだ。そして単独行でないと経験できないことも・・・・。

 そのまま左手に展開する景色を見つつ漕いで行くと、突然強い向かい風が。今日はやや強い南風だが、西側から吹いてくる!南からの吹き降ろしの風が岬や鼻を回って吹いているのだ。これは誤算だ。このまま丹後由良近くまで、時に出し風の影響ある場所もあるだろうが、向かい風は大丈夫そうだとおもっていたが。

                   IMGP0179_20090925143151.jpg

強い向かい風に抗しながら漕いで行く。洞窟がそこそこあり、休憩できる浜も結構ある。景色もなかなか。フェザークラフトK1乗りのTさんが、「野原辺りはなかなかいい」とおっしゃっていたが、なるほど。しかし今日は時間が無いばかりか強めの向かい風。のんびりしてられない。おまけに三角波等でだんだん気分が悪くなり、ちょっと吐き気が。とりあえず野原まで行って休憩だ。しかし向かい風でなかなか進まない。不幸中の幸いは?アリュートパドル「インチューン」を持ってきたことだ。向かい風もなんのその、ただその所有者の体が着いてきていない!

                   IMGP0182_20090925143144.jpg

漕いで漕いで野原の集落が見えてきたが、そこからが長かった。やっと防波堤の内側に入って風を避けることが出来、ほっと一息。おおっと野原にも舟屋が。実は帰宅してから「舟屋」の本を読み返してみたら、白黒のページに載ってあった。まあそれはともかくさてどうするか、このままでは雨が降るまで丹後由良にさえ着けなかったりして、今の体調じゃ休み休みに行くしかないので、向かい風に抵抗しながら行くとかなりしんどいだろう。とりあえず野原にバスは通っているはずなので、一旦休憩がてら上陸そして一人作戦会議だ。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
ソロキャンプでの夜の過ごし方...。

私は焚き火しながら酒を飲みます。

実はそれがしたいからキャンプツーリングが好きなんです。(笑)

てっさんは酒は飲まないんですか?

『インチューン』、風の中ではやはり頼りになりますね!
2009/09/25(金) 23:49 | URL | サスケ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
サスケさん、酒は少ししか飲めません。
焚き火、やはりそれですね。そいつでのんびり時間つぶし。酒と焚き火を楽しめると、たしかにキャンプツーリングは楽しくなりそうですね。涼しくなってきたので、食にかんしても肉等を持って行き、焼きながらのんびりすごすのもよさそうですね。

 アリュートパドルは風の中では頼もしいです。さすがはアリューシャン列島で使われていただけのことはありますね。
2009/09/26(土) 17:00 | URL | てっさん #-[ 編集]
飲みすぎて、テントまでホフク前進なんて事もたまに有ります...。(笑)

今日は強風の為、エライ目に合いました。



2009/09/27(日) 22:40 | URL | サスケ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
匍匐全身ですか(笑)。
当方酒は弱すぎるのですが嫌いというわけではないので、キャンプの夜は
次の朝に差し支えない程度に飲むのもよさそうですね。

 風、相当だったみたいですね。このキャンプツーリング、やや強めの南風のお陰で体調がわるめだったのですが、追い風で対して漕がずに運んでもらえました。
2009/09/28(月) 10:38 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tessanfalt.blog80.fc2.com/tb.php/250-8288a106
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。