ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

                       IMGP0273_20091007142615.jpg  

 まずはいまさらですが「ナルゲンボトル」です。これが販売された当初、一度だけキャンプツーリングで使用した後に使うのをやめました。理由は、形が出来上がっているので、嵩を減らすことができないからです。上陸して使う小物など、防水バッグの中にでも入れてから、船体内に収めればいいということで、バッグに入れていました。が今回実は、キャンプツーリングに行く前に、仕事で指を深く切ってしまい、いつでも絆創膏を取り出せるような状態にしないといけないことになってしまったので、久々にこれを使うことに。デッキバッグに収め臨戦状態で使ってみました。

 いやあよかったです。防水性は防水バッグより強く、形が出来上がっているのと中が見えるので取り出しやすい。そして上陸時はこれをそのままテントに放り込んでおけば良く、スマートです。防水バッグに比べて、嵩は減らせずともその防水に対する信頼性とその扱いやすさを優先させたといったところ。またタッパ等でも問題は無いのでしょうが、信頼性は比較にならず。キャンプツーリング時のレギュラー装備になりそうです。参考までに、絆創膏や軟膏、虫除けや虫刺され、その他常備薬関係とカラビナ、ライター、結束バンド、アーミーナイフ、電池類を入れていました。まあ要するにテント内で使うもの及びぬれては困るものをいれておくということです。言わずもがなではありますが。

 これだけではベテランの方には面白くないので、いいものを紹介しましょう。これです。そう「糸ようじ」・・・・・。


                  IMGP0274.jpg
 

 注目していただきたいのは、反対側の爪楊枝にあります。まっすぐ伸びた木の爪楊枝に比べ、遥かに歯に詰まった物を取りやすい、ちょっとしたカルチャーショック?を味わえます。耐久性も木より強い。一度お試しください。すいませんうっかり期待した方。

                   IMGP0275_20091007142614.jpg
                
 
仕方ないので止めです。以前にも書いたかもしれませんが、これです!玉葱ネット。キャンプする方ならピンと来るかと思いますが、テントのメッシュペグに使います。その辺の大き目の石を入れて使うと、効果は抜群。実は冗談抜きで僕のキャンプ常備品となっています。注意点は家族連れのキャンプなんかでは使用しないほうが良いでしょう。子供が可愛そうです。またカップルで使用した場合、相方に理解がある人ならともかく、最悪の事態を招かないとも限りません。それはともかく再利用ということで今はやりの「エコ」でもあります。電車でカヤックと組み合わせるとさらに「エコ」ですね。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tessanfalt.blog80.fc2.com/tb.php/257-ebe0351b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。