ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

                   IMGP0842.jpg 

 さて日曜の漕行記を後回しにして、運命の転換点に関する話を。もちろんカヤックネタです。書く前に、リジット乗りの方にとって少々「いらっと来る」可能性がありますので、その辺は「ファルト乗りがほざいてんなあ」程度に思ってください(笑)。因みに写真は本文と全く関係ございません。文章だけでは寂しいので載せました。

 かつて和歌山は片男波で試乗会がありました。今までで、もしかすると今後も無いであろう位の素晴らしい試乗会。様々なメーカーのカヤックを片っ端から乗りまくり(といってもやはり僕はファルトメインですが)、一日中楽しんだ記憶があります。

 因みにこの試乗会に行った主目的は参号艇アルピナ2-430かもしくは460のどちらかを選ぶ為だったのと、その当時カヤックに興味を持ち始めた、480スペリオ乗りS君にいろんなカヤックを乗ってもらう為でした。しかし実は恐れていたことがあったのです。そうリジットのシーカヤック。シーショアを購入した当時、そのうちリジットのシーカヤックを手に入れようと思っていたのですが、だんだんファルトだけでいいと思い始めていたのです。それが丁度この頃でした。

 もしリジットに乗って「速い、楽しい、組み立てないでいいから楽だし、もうファルトなんて乗ってられないよ」なんて思ってしまったらどうしようと、こっそり緊張していました。まだ電車でカヤックにそれほどはまっていなかったという理由も大きいです。

 ファルト乗りがリジット艇を手に入れた場合、高い可能性でファルトは押入れで眠りっぱなし、もしくは放出したりするということを聞いていたので、僕もそうなるんじゃないかと。そうなったらそれでいいんだろうが、今までやってきたこと(電車でカヤックの行きっぱなし旅における経験)が「何の意味を持たなくなるんじゃないだろうか?」(もちろんそんな事は無い)なんて他人にとってどうでもよさそうなことも、つまらないことをまじめに考える変人的素質の持ち主である僕は真剣に思っていたのです。

 そしていよいよリジットのシーカヤック試乗。速い、そして風に強いだろうし、安定はファルトより低いが十分乗りなれるだろうと思ったものの、何かが足りない。大事なものが僕にとっては足りない。それはやわらかい乗り味。ファルトの船体布から伝わる波の感触、水の感触、それが無かったのです。硬いそして何か冷たいという印象を受けてしまったのです。ファルトの優しい、どこか生き物のような感触が無い。

 「助かった」正直そう思いました。やはり僕にはファルトじゃないと駄目なんだとはっきりした瞬間です。そしてその後もファルトばかりを手に入れて今に至ります。

 前から書こうと思っていて書かなかった事、今回やっと書けて何かすっきりしました。さて次は青蓮寺湖ツーリングについて書いてみます。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
そのとおり!

やはりファルト乗りは同じ感覚を持っていますね!

私の意見、『リジットは楽だ、しかも速い、でも楽しく無い!』

私もファルトのあの乗り心地が好きです。

リジットに乗ってると妙にあのファルトの乗り心地が恋しくなります。

確かに、アノめんどうくさい組み立てが好き! 分解が好き! なんてどう考えてもおかしい。

あの、乗り心地のために払わなければならない労力なのだ、アノつらい組み立ては!(笑)

でも、遠征はイイですよ~!

一度組んだら組みっぱなしですから...。(笑)
2009/11/09(月) 23:52 | URL | サスケ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
サスケさんもそうでしたか。
いやあこれを書くときに、今までご一緒させていただいたり、ネット上で知り合ったリジット乗りの方々を
思い浮かべました。「硬い」という表現はともかく「冷たい」はちょいとまずいかなと。まあでも本当にそう感じたから仕方ないですが。

 組み立てはそうですね、出来上がる瞬間からやっと楽しくなります(笑)。分解は楽しくありません。
がしかしそうすることによって遠方を楽々漕げたり、行きっぱなしの旅が出来るので、それが良いのですね。
もちろんあのやわらかい乗り心地も。

 遠征、そうですよね。組みっぱなしですよね。まだせいぜい2泊3日くらいしかしたこと無いですが、
確かに朝出発時楽でしたね。
2009/11/10(火) 11:28 | URL | てっさん #-[ 編集]
旅にはファルト
私はリジット艇も使いますが、旅にはファルトが一番ですよね。

どこにでも行けるという自由さが気に入っています。海の上のバックパッキングみたいなもんですかね。

穴があいたらどうするのとファルトを毛嫌いする方もおられるようですが・・・、穴があけばガムテープでふさげばいいだけですから。
2009/11/10(火) 20:33 | URL | ts #zmMd9Ld2[ 編集]
はじめまして。

私は、シングル最大級のリジットを、瀬戸内海で漕いでます。

金銭的な理由で、てっさんの様に何艇も購入出来ません。
そして、マイフィールドを、海況に左右される事無く年中漕ぐ為、今の艇を中古で購入しました。
本当は、ファルトを購入して、行きっぱなしのキャンプツーが理想です。

私は、ファルトを購入して、リジットを押入れの奥に仕舞いたい・・・。

こんなリジット漕ぎも居るのです(笑)
2009/11/10(火) 20:45 | URL | naka@リジット漕ぎ #-[ 編集]
Re: 旅にはファルト
TSさん、やはりファルトですね。ほんとどこへでもいける自由がある限り、リジット艇に鞍替えということは
僕にはありえないです。

 穴なんて簡単に防げますし、フレームが折れても、それですぐ遭難ってな事にはまずなりませんし。なんとでもなるのがファルトのよいところですね。

 しかしそれにしても兵庫県日本海側制覇、たいしたものです。香住から竹野あたりは来年にでも行ってきます。
2009/11/10(火) 23:13 | URL | てっさん #-[ 編集]
Re: タイトルなし
naka@リジット漕ぎ さん、どうもはじめまして。独身かつほかにお金のかかる趣味がないことをいいことに、
勢いで6艇持ってしまいました。恐らくこれで打ち止めです。

 リジットを押入れにしまって・・・・・。おお素晴らしい考え方です(笑)。
 たしかに珍しいと思います。
2009/11/10(火) 23:16 | URL | てっさん #-[ 編集]
いまさら何を書いてますか?って感じが否めなくもないですが。
車を所有しないって決めたら、ファルトしか選択肢が無かった、っていう、わたくしとはえらい違いですね。
まぁ、マンション内に収まる最適な大きさだし、郵パックで送るのも問題ないし、で、ファルトが一番。
それに、リジットにたまに乗させられると、よく沈しますよ。
2009/11/10(火) 23:17 | URL | 黄色赤色ウィスパー #-[ 編集]
Re: タイトルなし
黄ウィスパーさん、琵琶湖ではお疲れ様でした。
たしかにいまさらってところですが、書いてみてすっきりしました。
まあまさか乗り心地でリジットが駄目になるとは思いませんでしたが。
リジット艇、カサラノを所有してから大概大丈夫になりました。カサラノに比べると大体おとなしいです(笑)。
まあまたよろしくお願いします。
2009/11/10(火) 23:28 | URL | てっさん #-[ 編集]
何度かメールさせていただいた者です。こちらには初めてお邪魔します。
私は屋根にモノを載せた車を運転することがどうしてもうっとうしくてカナディアンをお蔵入りさせましたので、カヤックに興味を持ち始めた時、リジット艇は初めから選択肢にあがりませんでした。実際に手に入れてみて、車の屋根にモノが載っていることに比べたらファルトの組み立ての方がよっぽどましだと思います。
またファルトは落ち着いた色が多いので、水だけでなく風景全体になじむと思います。どうしてもティールが欲しくて、ダメもとで問い合わせてもらったら在庫があって実現した私のカサラノ、とても気に入ってます。
とても気に入っているのに、なかなか乗る時間がとれずに悶々と過ごしていますが、都合がつけば出て行きますのでまた懲りずに誘ってください。これからもよろしくお願いします。
2009/11/11(水) 01:27 | URL | ヒグチ #Z2NwqVTs[ 編集]
懐かしいです。その片男波の試乗会、39.7度の高熱で死にそうになりながら浜辺にいてました。あれは本当に長い1日でした。
ファルトとリジット 実は両方所持しかつ乗る私は温度差は感じません。ただ次いくコースがどちらが楽かだけですね。まあ置き場所があるという根本的な問題はご勘弁。
例えば海峡越えで距離はさほどではないものの往復が嫌な時は絶対ファルトです。畳める要素はなにものにも代え難い。ただ紀伊水道のように逃げ道なしで30キロあるようなところはリジットでしたね。やはり硬さによる基本スペック 平均時速が速いので横断の時間が早い。30キロだと平均5キロと6キロだて一時間も違う。潮流と本船航路ぬって行くときにこの差は大きいです。
一般的なバランスなんかは慣れるかどうかなんでそればかりだと段々きぬらなくなってますね。 でも最近 リジットが面倒でファルトが増えてますね。慣れたらファルトも楽ですしね。まあどれか一艇しかもてなくなったら4メートルぐらいのファルトかなあ~ それなら川も行けるしなあ…
2009/11/11(水) 09:21 | URL | 鸛 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
ヒグチさん、ご無沙汰です。
カナディアン所有されていたのですね。カートップ、苦手なかたいますね。僕自身やったこと無いというより
やる必要が無いのでやっていませんが、気になりますね。落ちないかなとか、トンネルや高架でうたないかなと。

 確かにファルトは風景に馴染みます。リジットに比べてとけこみますね。しかしヒグチさんのカサラノ、何色なのかと思っていたのですが「ティール」だったのですね!ティールが選択色からなくなるのは残念です。フェザークラフト社も継続したいと思っているのですが、いかんせん生地を作っている会社が作るのをやめるのですから仕方ないことです。

 ちょくちょくおさそいいたしますよ。またよろしくお願いします。
2009/11/11(水) 11:29 | URL | てっさん #-[ 編集]
Re: タイトルなし
鸛さん、そういえば顔色悪かったですね。大変そうだったのを覚えています。
しかしそれにしても、大規模な試乗会、関西では二度となさそうです。

 実践的な鸛さんらしいご意見ですね。距離や場所等を勘案、リジットかファルトか、池や沼ならポリのリバーかダッキーか。それはともかく、紀伊水道横断いつになるやらです。行くとすればシーショアです。

 やはりいきっぱなしはよいです。そもそもゴールを決めずにいけるってのも素晴らしい。やはり私はファルトです。どれか一艇、5m未満のファルトのシーカヤック・・・・・持ってません!
2009/11/11(水) 11:42 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tessanfalt.blog80.fc2.com/tb.php/273-5d36a8f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。