ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 11月8日は青蓮寺湖へ、毎度のS君と行ってきました。参号艇クイーングースの引渡しも兼ねて。ということで出撃艇はクイーングース。久々の湖漕ぎ、そして予想以上に良いフィールド。ちょいと悲しい別れ・・・。新興宗教よりきつい勧誘?それでは書いてみます。

                     IMGP0498_20091111105841.jpg

 近鉄大和八木駅でS君に拾ってもらい、一路「青蓮寺湖」へ。現地には10時20分位に到着。車を降りて湖を見てみると、以前より水位が上がり、湖畔の浜辺が水没どころか、降りていく階段も殆ど水没。ちょっと出撃はやりにくくなった。鴨たちがのんびり泳いでいる。それから駐車スペースの開いた場所で、フジタカヌーの「アルピナ2-430」を組み立てているご夫婦がいらっしゃった。

 少し話をさせてもらう。今年からはじめられたとの事で、慶良間も行ったことがあるとか。その後S君にレクチャーしながら2人で組み立て。本当にあっという間に組みあがっていくのでS君もびっくりで少し感動?している。これぞ「シンプル」を重要視するフジタカヌーの真骨頂?まあS君の弐号艇480スペリオよりもっと楽だからなあ。ついでに言うと、この艇を譲るにあたり安心なのはやはりフジタカヌーのバックアップ体勢。まさにファルト界最高のリペアスピード及び正確さそして他社では及ばないリーズナブルな価格。まあS君がなぜか激流に突っ込んで(注:ファルトは激流に行っては行けません)、クイーングースのフレームをバキバキに割ることがあっても、すぐ直してくれるので安心して譲渡できる。

 それはともかく、組み立て途中で先ほどのアルピナ乗りの方が見えられたので、話させていただく。次は480スペリオを検討しているとか。となるとユーザーのS君だ。S君といろいろ話しつつ、そこに僕も加わり話をする。そんなこんなでのんびりしつつ、11時10分頃には出撃準備完了、湖上に漕ぎ出る。

          IMGP0499.jpg     IMGP0518.jpg

 今日は僕がもっているインチューンではないもう一本のアリュートパドルを持ってきた。木製で以前試作品として頂いたもの。かなり美しい見事なパドルだ。しかし何故殆ど使っていなかったのか?それはその重量が1.7kgだからだ。まあちょい漕ぎなら問題ないので、久々に使ってみた。陸上で持つよりも水上なら、木の浮力があるため大分ましになる。

           IMGP0503_20091111105841.jpg     IMGP0505.jpg

 青蓮寺湖は漕げる範囲はしれているものの、形状が意外と複雑で、進んでいくうちに景色が変わっていきなかなか面白い。そして周りには車道が通っているものの、高度がややあるためか予想より静かだ。まだ紅葉していないとはいえ、なかなかの景色の中、なるべくのんびり、そしてしょっちゅう手を止めて話しつつ漕いでいく。

                  IMGP0508_20091111105841.jpg

 湖上にはバスボート数艇と先ほどのご夫婦及びアルフェック艇1艇が浮かんでいるくらい。奥へ奥へと漕いで行くと、オイるフェンス?が見えてきた。その真ん中に、向こう側にいける場所(門?)が見えるものの、流木で塞がれている。仕方ないのでそこから引き返し別の場所へ。

 そこからアリュートパドルとS君のワーナー「スカッジ」を交換。S君結構アリュートパドルを気に入ったみたいだ。アリュートパドルの無理なく水に刺さっていく感触が良かったみたいだ。まさに現代パドルには無い感覚だ。漕いでいて楽しいのである。結局最後までパドルを交換せずに漕ぐことに。ちなみにスカッジも結構漕ぎやすい。軽さとキャッチ力のバランスが取れている。こいつも長距離漕ぎに威力を発揮しそう。

          IMGP0511.jpg     IMGP0512.jpg

 そんなこんなでそろそろ上陸場所を探して昼にしようと思い、とある場所に陸地に近づく。とある場所に付くと、そこは木陰になっており、殆ど雑音も聞こえず静寂が支配する場所。しばし話をするのを止めて、浮かぶ。これぞ湖といったところ。海がメインでたまに川、湖は殆ど行かない(琵琶湖は淡水の海という認識)僕であるが、たまには湖もいいかもしれない。

                  IMGP0515.jpg

 それから上陸できそうな場所を探しつつ、湖上散策。一箇所合ったけど人がいたり、上がることは出来ても斜面だったりと、適地を見つけれず。仕方ないので出撃場所に戻ってからにしようとすると、なんとか上陸できそうな場所をやっと発見、昼にする。その場所は山から下りてくることが出来る場所で、道が着いていた。弁当とS君が持ってきてストーブで湯を沸かしおすそ分けのカップラーメンを食べつつのんびりだ。

                  IMGP0516.jpg

 その後、出撃場所に戻り撤収となった。そして分解、いよいよクイーングースとお別れだ。S君の下でカヤックフィッシング艇として活躍する予定、ちょいと寂しい気持ちがこみ上げる。

 撤収完了後は、大和八木駅近くの温泉に行く。その途上、車中でS君に今のファルト界の状況を懇切丁寧に説明。といってもどこそこのメーカーの売れ行きが云々といった事ではなく、紙面媒体の年間出版回数が少なく、情報はもっぱらHPやブログに頼りがちであること云々である。

 たとえばブログ作成者が50人増えるとする。一人につき、月間更新回数3回と仮定。
 
   3×50=150本。150÷30(日)=5(本) 一日平均5本見れる。

がまあ実際は火曜あたりが更新回数は多くなるので、火曜には20本くらいは見れそうだ。そんなことをしゃべりつつ「S君、きみもどうだ」なんて新興宗教勧誘の如くブログ作成を奨める。

 S君もどうやら少しはブログ作成に興味があるらしい。もしかするとそのうち480スペリオやクイーングースが登場するブログが誕生するかもしれないな。皆様こうご期待ですぞ。後49人、先は長い。「ファルトボートユーザーの皆さんやファルトに興味をもっている方及びファルト界の為」という偽りの「大義」を語りつつ、「僕がただ見たい為」という「真の理由」を隠しながら、ブログ作成者増加の為今後と頑張るとしよう(笑)。

 温泉ではのんびり浸かり疲れを取って、その後駅の目の前で下ろしてもらい、S君と別れる。彼とはまた今年中にK2での出撃を約束。K2は所有艇中、唯一2人で漕ぐ必要のある艇であるので、「根回し」が必要だ。

 その後、鶴橋に寄ってザックを担ぎながらあちこち歩き回る。ザックのパドルホルダーに差してある、アリュートパドルがいやがうえにも目立つ。すれ違う人々の驚く視線。そしてこいつは一体何物だ?いう視線を浴びつつ、程ほどにしといて帰宅することにした・・・・・。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
オオーッ、このアリュートパドル、かなりカッコイイですねー!

でも、1.7kgじゃちょっと重たいか?

そういえば、イサナパドルの重さ聞くの忘れてました。

連絡有って、来週辺り出来上がるそうです。

ん~、楽しみだー。
2009/11/11(水) 22:01 | URL | サスケ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
サスケさん、このパドルかなり見事な作りです。重さがあるのでショート用限定になりますが、
たまにこれで漕ごうかと。やはりアリュートパドルは素晴らしいです。

イサナ、ついにですね。あの青いほういったいどんな感じなんだろう。
やはりここはフロントの女の子に見せて・・・・・・。
2009/11/12(木) 01:14 | URL | てっさん #-[ 編集]
はじめまして
はじめまして、私も今年8がつから
QG2で、てっさんのブログを拝見し参考にしながら、海や川を漕いでます。私にはこの艇の安定感が頼もしく、カヤックの楽しさにのめり込む日々です。
2009/11/13(金) 03:06 | URL | serevi #-[ 編集]
Re: はじめまして
serevi さん、はじめまして。
QG2の安定感、ゆったり感はいいですね!
ただどうしても持ちすぎで使う機会がなかなか得られず。ということで譲ることになりました。
カヤックはほんと飽きがきません。最高の趣味です。人生が大分変わりました。
2009/11/13(金) 17:12 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tessanfalt.blog80.fc2.com/tb.php/274-db62edc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。