ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 さて11月22日、23日の連休は、22日偵察及び移動日(ホテル泊)で23日に忠海長浜というところから大崎下島までの瀬戸内ツーリングに行ってきました。小潮とはいえ芸予諸島は瀬戸内屈指の強潮流地帯。相当潮がきついかと思いきや・・・。天候穏やかだったもののまあいろいろありまして、結構疲れました。でも楽しかったですが。出撃艇はやや久々の壱号艇シーショア。それでは書いてみます。

 22日は三原から呉線に乗り「安芸長浜」駅下車、隣の忠海方面に向かい5分程度歩いたところあたりの細道の奥に、浜を見つける。人気少なく、殆ど人が通らない舗装された道があり、ここで組み立ても出来る(恐らく忠海長浜という地名)。ということで明日はここから出撃。もともと忠海にある床浦神社前の海水浴場あたりから出撃予定だったが、近いのでこちらにした。その後忠海駅まで歩いた時、雨が降ってきたのでこの辺で早くも偵察を切り上げる。ほんとはもう一箇所偵察するか、それとも「毒ガスの島」で有名な「大久野」島観光するか迷ったのだが、仕事の疲れを引きずっているのもあったので、このあたりでホテルに行くことに。

 三原駅近くの「三原シティーホテル」に宿泊。従業員の対応が丁寧で気持ちがいい。夜は生口島は「瀬戸田」のみかんを食べながら読書。程々にして明日に備える。

  IMGP0601.jpg  IMGP0607.jpg  IMGP0605.jpg  oosakikami11.jpg

 次の日は、朝6時40分台の電車で「安芸長浜」駅まで、そして昨日の浜まで行き組み立て開始。釣りに見えられたおじさんと話つつ組み立てをし、終了後出撃。風は殆ど無し。浜の隣、向上から立ち上る煙はほぼ真っ直ぐ上空へ。浜近くの海面は穏やかだが、遠くに潮が流れているのが見える。

   IMGP0616.jpg     IMGP0622.jpg     IMGP0623.jpg  

 まずは目の前3kmほどのところにある「阿波島」に向かう。途中潮がゆるく流れる場所があるものの、なんなく到着。浜がところどころにあり、上陸して少し休憩。5分ほど島にいた後出撃。島を回って「唐島瀬戸」を渡り、「唐島」へ向かう。

IMGP0626.jpg IMGP0628.jpg IMGP0631.jpg IMGP0632.jpg

 阿波島の先端あたりはそこそこ潮が流れていて面白い。唐島瀬戸も難なく通過、「唐島」到着後、西南西に位置する「生野島」へ。この島は鬼の頭のような形をしていて二つの岬はまさに角のようだ。この島の右岸は結構雰囲気が良い。角の間から内側の湾に入り、ある程度奥まで行ってから時計を見ると、意外といい時間になっていた。今日は「大崎下島」まで3時くらいまでには行く予定なので、先を急がないと。

           IMGP0636.jpg     IMGP0644.jpg

 「生野島」左側の角を越えると、見えてきたのは「契島」。まさにジブリアニメに出てきそうな島だ。まさに工場の島で、「島ダス」によると、東邦亜鉛株式会社所有の島で、許可無く上陸は禁止。因みにこの島での亜鉛生産量は東洋一と何気に凄い島である。別名「軍艦島」。あの長崎県の沖合いにある「軍艦島」の小型版のように見えなくも無い。ここに勤めていたら、カヤック通勤してしまいそうである。夜はもちろんナイトパドリング・・・。

   IMGP0647.jpg     IMGP0651.jpg     IMGP0654.jpg
 

 生野島と契島間をとおり、次は「木臼島」へ。そこからすぐ隣の「臼島」へ渡っていく。このあたりはなかなか雰囲気が良く、白島には瀬戸内版「舟屋」らしきものを見かけた(でも恐らくただの朽ちた家)。潮の干満差が結構あるので、直接海面に接しているのではなく、土台の上に立てている。将来の参考にするとしよう。しかし舟屋を見るとついつい妄想が湧き出てくる。このあたりのどこかの島に住み、軍艦島で週3日程、農家その他の手伝いで週2、3日、すべてカヤック通勤。農閑期は夏はカキ氷、冬はおでんを軽トラに積んで、観光客相手の商売。たまにこっそりアルピナ2やK2で渡船業・・・。舟屋内にはもちろんフジタカヌー本社内にあるカヤックラック装備(下左の写真)と、まあこの辺で止めておこう。

             IMGP0129_20091125164011.jpg      IMGP0655.jpg

 それから白島に沿って南に向かい、すぐ側にある「箕島」との間を強めの逆潮に逆らいつつ越えて、次に目指すは「大崎上島」と橋でつながっている「長島」。しかしほんと島だらけの海域で漕いでいてまずまず楽しいのだが、それにしても時間があまり無いので心から楽しめないのは残念だ。もっと早い電車に乗るべきだった。それはそうと海図に載らない「強潮流」場所は無いのかな・・・。小潮とはいえ「がつん?」として潮流に流されて行きたいなと思っていたのだが・・・・。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
いいじゃないですか、島生活。

夢はどんどん膨らませましょう。

私も以前、ドナウ川河口を船旅した時から、『ヨシ!ここでカヤックガイドやろう。』って夢持ってます。(笑)

それにしても瀬戸内海の景色は良いな~!
2009/11/25(水) 19:57 | URL | サスケ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
サスケさん、まあ夢を持つのはいいものですね。民主党の馬鹿たれの皆さんのお陰で日本はぼろぼろになって行きそうです。夢でもみとかないと・・・・。

ドナウ川・・・・外国にも久々に行きたいものです。まあ新婚旅行ででも行ってきますって相手がいない(笑)。

瀬戸内はいいところです。ほんと移住するなら僕は瀬戸内ですね。一年中漕げますし。
2009/11/26(木) 12:23 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tessanfalt.blog80.fc2.com/tb.php/279-4e94dc2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。