ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 12月27日は再度カヤックコウノトリに寄らせたいただきました。当方、カヤックに行かないときは大阪に出てほっつき歩くことが多いのですが、ほんと大阪中心地からも近くなってついつい寄らせたもらった次第。以前に店について書いたので、今回は河野店長にお聞きしたことなどを、何点か書いてみます。

 
 ソックス付きドライパンツに対して、
ガスケットタイプドライパンツの利点

 ソックス付きに比べてガスケットタイプの利点が全く分かってませんでした。ガスケットタイプはソックスタイプに比べて足は濡れるし、脱着しにくい、ガスケットの劣化等。で聞いてみて利点が全く無ければこのブログでは大人の事情により書かないでおこうかと思ってました(笑)。

 ガスケットタイプはパンツの中に水が入ったときに、水を簡単に抜くことが出来る!なるほどなあと思いました。ソックスタイプは脱がない限、抜けないですからね。そうそう沈しないシーカヤックツーリングや穏やかな川、要するにファルト向きのフィールドならともかく、急流なんかの場合、沈脱下場合や下りて歩くときなんかは腰から水が入ったりするので、そういうときに便利なのだと。後はソックスが付いている分、シューズやサンダルを履いたときの違和感といったところ。聞いてみるものですね。

 
 さらばパフィンスポーツ

                      5ecc.jpg  

 五号艇を売りに出すのではありません。なんとパックボート社が、製造中止にしたとのこと・・・・。希少価値がフルパワーアップっとそれはともかく、残念です。この艇を手に入れて、ちょい漕ぎはこればかりで、他の艇をあまり乗らなくなったというほど、楽な艇だったのですが。アメリカ人には小さすぎたのか?で後継艇が写真上の「SACO」艇長50cm伸びて重量は10kg。
まあこれでも十分軽いし、性能はアップするだろう。なかなか綺麗な色だし。しかし7.8kgという驚異的な軽さはやはり魅力だ。いつかまた似たような艇が出て欲しいものだ。ちなみに在庫はラスト1艇、しかし諸般の事情に要相談。

 

 スクォート艇

 厳密に言うと13日に寄らせていただいたときの話。店に10年以上前の艇が飾ってありました。プレイボートの一種ということです。というよりいまどきのプレイボートより先に出たタイプで、かつての長い艇ではエンダーが難しかったので、こいつを作ったということらしいです。ボリュームが小さすぎて(狭すぎて)乗り込むのに1分かかるという、それだけで僕には駄目です。

 ミステリームーブという水に潜る技がやりやすく、ネット上で動画を見てみましたが、水中でくるくるまわる回る。いまどきのプレイボートでのミステリームーブも見てみたのですが、ちょいと潜ってすぐ出てくる味気ないものでした。水中技はこいつが一番ってところでしょうか。ただその他多くの技は、いまどきのボートにはかなわないとのこと。それはともかく、カヤックのジャンルではもっともマイナーな部類とか。日本に一年で一体何艇はいってきているのでしょうか、ちょっとだけ知ってみたい気がします。

 
 カヤック行においての「こだわり」

 いままで多くの方とカヤックで知り合いになり、一緒に漕がせていただきました。特に単独行が出来る人はなにかしらこだわりをもっている方が多いです。河野店長は、その場所や行く方法(車か電車か)等を考慮して、最適な艇を選ぶ方法を取られています。一言で言うと「兵法」的というべきかプロフェッショナル的というべきか。そもそもシーカヤックもホワイトウォーターもいける方ですから。時にノア500であったりアルピナ2-430であったり、K2(フェザークラフトのK2ではなくリジットタンデム艇)だったり、リバーカヤックだったり。

 僕については、当ブログを見ていただいている方にはお分かりだと思いますが、ただのファルト乗りです。そもそも僕のブログは簡単に要約すると「ファルトボート最高!」「電車でカヤックの行きっぱなし旅最高!」これだけです。ということで基本的には、リジット艇の方が大分有利な状況(海峡横断や長距離行)でも、恐らくファルトで行きつづけると思います。たとえば、リジットなら日が昇っているうちに辿りつける距離でもファルトならナイトパドリングをしなければいけない場合、迷い無くナイトパドリングをしてでもファルトで行くでしょう。かっこつけた言い方をすると「ファルト乗りの意地と小さな誇り」みたいなものです。まあそれだけファルトにこだわりがあると言ったところですね。そもそも将来的に僕がハードな海峡横断をするかどうかが一番の問題ですが。

 さてと次はまたロール練習用に購入予約した「イナゾーン」を引き取りに行かせていただくとしましょう。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
リジットの性能は認めますが、でも不思議と愛着はわきません。

ファルトで海峡横断! いつの日か行きましょう。

2009/12/31(木) 10:27 | URL | サスケ #-[ 編集]
いやいや、貴方のこだわりには勝てません!
2009/12/31(木) 18:13 | URL | 鸛 #-[ 編集]
来年は是非ご一緒しましょう、よいお年を(´∀`)
2009/12/31(木) 19:45 | URL | イシケン #-[ 編集]
Re: タイトルなし
 サスケさん、やってみたいものです、ファルトでの海峡横断。今年は不況で休みが減りそうですが、それをなんとか乗り越えて?後はやはり勇気とタイミングです。まあでもいつになるやらですね。
2010/01/02(土) 21:09 | URL | てっさん #-[ 編集]
Re: タイトルなし
鸛さん、しかしここまでファルト好きになるとは夢にも思いませんでした。
ファルト一艇、リジットのシーカヤック1艇という当初の予定は崩れ去り気がつけばファルト6艇ですから。
2010/01/02(土) 21:11 | URL | てっさん #-[ 編集]
Re: タイトルなし
イシケンさん、今年もよろしくお願いします。是非都合が合えばよろしくお願いします。
東北遠征その内行ってみたいものです。
2010/01/02(土) 21:12 | URL | てっさん #-[ 編集]
そういえば・・・・
明石海峡横断はてっさんシーショアでいったじゃないですか!
あそこ大概危ないですよ。
ちゃんと証拠写真もあるし(笑) 
でも私は紀伊水道以外は全部ファルトで行ってます。やっぱりかえるのめんどくさいし・・・
2010/01/03(日) 11:23 | URL | 鸛 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
鸛 さん懐かしいですね!明石海峡。
あの時は素晴らしく穏やかだったので、未だに明石海峡に行った実感がありません。
まあ潮がゆるく穏やかな日を狙って設定していただいたからですが。
紀伊水道、行ってみたいです。しかしいつになるのやらですね。
2010/01/03(日) 20:40 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tessanfalt.blog80.fc2.com/tb.php/290-39937777
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。