ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 1月24日は恒例のフジタカヌー工場見学に行って参りました。お世話になっています「カヤック  コウノトリ」のイベントです。初めてファルトに乗った5年前(シーショアと480スペリオを試乗させていただき、その結果シーショア購入にいたる)に工場見学をさせていただいてから、これで4回目。これに行ってはじめて僕のカヤックシーズンは始まります。参加者にはリンクさせていただいている、テレマークスタイのTSさんと舞鶴発/新米パドラーどこへ行くのTさんも参加されていました。それでは書いてみます。

 早朝の電車でシーショアのパーツが入ったザックを担いで乗り込む。今日は漕がないのだが、シーショアの修理の為担いできたのだ。しかし何か忘れているような・・しまった!デジカメ忘れた!まあ仕方ない、携帯電話カメラで撮るしかないか(実は帰宅してから携帯をいじっている最中に誤って写真を消してしまったが、ある程度PCに取り込んだ後だったので、写真は少ないがブログにはアップできるのでほっとしていたりする、そして一部河野さんからも借用させていただいた)。

 JR奈良駅で電車待ちしていると、S君とT君に会い、そこから3人で電車に乗って向かう。乗車して車両にTSさんが乗っておられてたので(というよりローカル線故の本数の少なさ故この時間を逃すと遅刻するので、これしかないのだ)、早速新艇「カフナ」について聞いてみる。ウィスパーとカフナの違いや新ペダルの調子、その他もろもろ。そんな感じで鴨まで行ってから乗り換え、笠置へ。因みにTSさんは本日ノア470をレンタルして木津川ツアーに参加するとの事だ。気がつけば当方のようにファルト6艇くらいになっていたりして・・。

 笠置駅には河野さんに迎えに来てもらった。早速大阪屈指のドブ川と呼ばれる「第二寝屋川」紀行について聞いてみる。相当念願であったとの事なので、行った事に関しては良かったし、後悔していないとの事だ。河野さんにはいろんな変わったところに連れて行ってもらっているが、ここまで完全拒否させていただいた場所は無い。そして未だに行きたいと思わない、それほど第二寝屋川の水質は悪い。特に放出近辺はよどんでいる為に特にだ。僕の水質限界は道頓堀プラス(マイナス?)少しといったところ。限界値を越えてしまっているので、第二寝屋川へはとてもいけないのです。

              IMGP0110_20100126030116.jpg      fac6.jpg

 そんな話をしているとフジタカヌー研究所の工場に到着。今回は参加者が相当多く、内半数は見知った顔である。しかしなかには僕以上の回数、見学されているツワモノもいる。このイベントはついついまた来たくなる、妙な魅力があるんだな。 スタートする前にいろいろ見回る。相変わらず渋いカヤックラックに数艇が出荷を待っている(左写真は去年のもの)。そして工場内を見ながら僕は思う。もしこの工場の半分サイズでいいから、そして平屋でいいから、倉庫なんて所有していたら、毎日こもってファルトいじって遊んでいるだろうなと。そうこうしているうちに参加者がそろい、10時過ぎた頃には工場見学スタート。

 まずは藤田清前社長の話から始まった。高木氏がクレッパーを持って帰ってきて、それを元にファルトを作った話から、それにたいして藤田清氏がうっかりもっといい奴作れるよということを言ってしまい、ちょっと怒らせてしまった話、それからいろんな会社を渡り歩いてカヤックを作った話(知る人ぞ知る話であるが、あのビクターでも作っていた)等をされ、それから工場のいろんな場所に行ってから素材の説明、勢作工程?の説明が始まった。

     CA340128.jpg    CA340137.jpg    CA340143.jpg

 フジタカヌーPEシリーズのリブフレーム(耐水マリン合板)の切り出し、耐食性の強いフジタカヌーのアルミフレームについて、アルミフレームの曲げ加工や切り落とし等の実演、特に一度曲げた方向と別の方向に曲げる実験(写真右)は面白かった。フジタのアルミフレームは粘りがあるので、そう簡単には折れないで、曲がった状態で耐えるのだ。

                   IMGP0119_20100126030116.jpg

  それからグラスファイバーポールの強度の強さ体験用の装置?を踏んでみたり(去年の写真)と盛りだくさんの内容。しかし毎年少しずつ趣向が変わっているのはいいものだ。飽きがこない。

 説明を聞きつつ、周囲に目をやると、相変わらず生産中止になった旧式艇のパーツがストックされている。我が2号艇「SS-1」のフレームなんかもかなり在庫あり。1年に一体どれほど出て行くのだろうか?そりゃ修理が早いわけだな。

 一言でいえば「多くのイベントの連続」を体験?していき、FRP工場(別棟)に移る。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
おお、早いですね… 後半の写真が楽しみだ。
2010/01/26(火) 20:08 | URL | 鸛 #-[ 編集]
毎年見学に行ってるんですね。

これじゃフジタファンになるのも解ります。

フェザー工房、一度見に行きたいものです...ムリですね。(諦めが早い)
2010/01/26(火) 20:09 | URL | サスケ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
鸛さん、写真お借りしました。
後半も早い目に書きます。ありがとうございます。
2010/01/27(水) 00:18 | URL | てっさん #-[ 編集]
Re: タイトルなし
サスケさん、毎年行ってます。
ほんと恒例の行事というところです。
フェザークラフトの工場、カナダ行く機械があれば寄らせてもらいたいと思っています。
ドイツに行く機会があれば、クレッパー博物館も。一生に一度位はどちらの国にも行きたいとは思っています。
2010/01/27(水) 00:20 | URL | てっさん #-[ 編集]
てっさん様
お世話になりました。

今回で470ノアの疑問点解消とどのように工夫したらより快適に組み立てられるかヒントを獲ました。

これからもてっさんの力でコウノトリさんに魅力的な企画の提案をお願いいたします(是非日本海側にも・・・)その時はご一緒させてください。



2010/01/27(水) 09:52 | URL | パドラーしげ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
パドラーしげさん、先日はありがとうございました。
僕もこっそりいろいろ質問して、ブログには書かないほうが良い話なんかをお聞きしました。
日本海、是非よろしくお願いします。夏にでもご一緒してください。

2010/01/27(水) 13:26 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tessanfalt.blog80.fc2.com/tb.php/298-55073798
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。