ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 1月31日はカヤックコウノトリのイベントで咲洲キャナルを漕いできました。ここはATCの目の前にある水路。無断で漕いではいけない場所ということで、丁度いい機会なので参加。艇はレンタル、当日は雨模様、漕ぎ時間10数分程度でしたが、意外な面白さがありました。それでは簡単に書いてみます。

 10時頃に現地到着。参加者はすでに集まっていて準備は完了していた。僕が一番最後かな。艇はリジット、ファルト、ダッキーと様々。後先決め手2組に分かれて乗ることに。僕はアルピナ2-430。Kさんとタンデムで乗る。乗れる艇を見て、これかそれとも「POINT65」のレクレーション?艇かどちらかに乗りたいなと思っていたので丁度良い。

 

            IMGP1064.jpg     IMGP1065.jpg

 段差はあるものの先に浮かんだ方のサポート等もあり皆スムーズに乗船。ちなみにアルピナ2-430なら1m位の段差なら問題なく乗れる。

                   IMGP1069.jpg

 出発場所は水質がもうひとつだったものの、少し行くと意外と水質が良くなってきた。のんびりATCなんかを眺めながら、他の方々と談笑。皆さん、それぞれ勝手知ったる仲どうしということで、はしゃぎまくる。大の大人が子供のようになるのはカヤックのいいところか。相変わらず?ファルトの優しい柔らかな乗り心地のよさを少しの時間ながら満喫する。意外とここはいいところだ。

 河野さんもたまにここでこういったちょい乗りイベントをやろうかなと言っていた。家族連れなんか非常にいいのではないだろうか。

            IMGP1072.jpg     IMGP1075.jpg

 先発組みの僕は上がってから写真撮ったり、他のメンバーと話したりして過ごす。天気は晴朗ならずとも、波は無し(当たり前か!)、心は安らかといったところ。水路の向かい側に会社員の方がこちらを見ている。歩道を歩いている人も注目している。ここでやると目立つしかし、もう少し人通りが多ければカヤックのアピールとしてはいいんだけどな。

 終了後は片付けしてからカヤックコウノトリへ。短い時間ではあったがなかなかどうしていいものであった。それはそうと今月は3回目の出撃、しかし総合漕行時間4時間半程度。まあでも僕は漕ぐ距離や時間はどうでもいい。その目的を達すればそれで満足するタイプだ。といいつつそろそろ30km程度は漕ぎたいなと思っていたりもする。人間心理というものは複雑怪奇であるなあ。

 と簡単にまとめてみました。次はカヤックコウノトリ店舗で聞いた話や思ったことを何本か書いてみます。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
ヒトデは出てこないんですか?(笑)
2010/02/03(水) 17:05 | URL | 鸛 #-[ 編集]
カヤックって都会でもけっこう遊べるんですね~?    

次回はファルトを持ち込んで東京ディズニーランドのジャングルクルーズかディズニーシーのベネチアエリアに浮かべてみましょ~!(笑)
2010/02/03(水) 22:27 | URL | サスケ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
鸛 さん、ヒトデはびっくりでした。Kさんのヒトデをもっている写真はなかなかでした(笑)。
2010/02/04(木) 10:15 | URL | てっさん #-[ 編集]
Re: タイトルなし
サスケさん、急流以外はどこへでも行こうかと思っています。
ディズニーで浮かべたらあっという間に「ぱくられ」そうですね(笑)。
でも楽しそうです。子供達から手を振られまくるだろうから、手を振り返すだけで大変そう!
2010/02/04(木) 10:18 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tessanfalt.blog80.fc2.com/tb.php/301-2b6223c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。