ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 フェザークラフト社製「LTメッシュデッキバッグ」です。今のメインデッキバッグとも言うべきバッグで愛用しています。 簡単に特徴を。

 
         IMGP1591.jpg     IMGP1592_20100417171554.jpg

 まず開口部にワイヤーが入っていて、片手で開け閉めができ、便利です。 
 
 ショックコードではなく、ベルトと誦す製パーツでデッキに取り付けるため、結構しっかり付きます。 

 バッグの底にもう一枚ウレタンゴムの板?を張ってあり、その間にパドルを差し込むことにより、パドルフローとレスキューがやりやすくなります。

 メッシュゆえに水抜けよく、かさばらないので電車でカヤックにもってこいです。

 肌触りが素晴らしい・・・・・。 

 現在、どいつもこいつも「イケメン」だの「美人」だの「カリスマ」だのとインフレ気味の世の中ですが(経済はデフレですけど)、侍という言葉もインフレやや気味です。が、このバッグを初めてグランストリームの大瀬さんから受け取ったとき、真の役割を?一瞬にして見抜いてしまいました。まさに題名の如く、侍というに相応しい。

 このバッグの底の素材は、フェザークラフト製カヤックのボトム素材と同じ「デュラテック」らしく、先ほど書いたようにバッグの底にもう一枚余分に張られています。これでピンと来られたかたもいらっしゃるはず。そう想像を逞しくして欲しいのです。

 遠征に行って、船体布が大きく破れるアクシデント!補修布を全て使っても足りない。その時デッキバッグがささやきかけてくる、「私が身代わりになりましょう・・・」と。

 要するにバッグの底ではなく、もう一枚を切って、補修布として使い、危急を凌ぐことが出来ます(それもバッグとしての機能は失われず)。カヤック本体を主君とすれば、バッグはまさに「侍」の如くというわけです。バッグの機能は残るということから「切腹」というよりも主君を守った挙句の大怪我ってところでしょうか・・・。いい加減この辺で止めておきますか。

 ネタと思われるかもしれませんが、大瀬さんから受け取った瞬間考えたのは大筋でこの通り・・・僕の「下らんことを真面目に考えるという変な癖」は治りませんね。

 それはともかく、機能性もよくデザインも渋いこのデッキバッグ、フェザークラフトユーザーにかかわらずお勧めです。
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
私も買いました。(赤)

でも、まだ一度も使ってませんけど。
2010/04/17(土) 23:51 | URL | サスケ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
サスケさん、購入されてましたか。
かなり使いやすいですよ。カサラノ以外にも大概の艇で行くときに、
もって行っています。
2010/04/19(月) 23:32 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。