ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
          IMGP1971_20100601174415.jpg     IMGP1972.jpg

 日曜日にカヤックコウノトリの日生ツアーで使用した、エルズミア480の船体布及び装備類を屋上で洗ってました。早くも出撃回数5回と、船体布にも傷が増えてきました。一旦休憩?させることとして、そろそろカサラノやK2を出撃させることとしましょう。

 5月23日はついに?ロールの練習を再開予定でした。それだけならあれなのでカサラノでツーリング後に、イナゾーンでロール、それからカサラノでロール、見事上げて今年の目標を一応クリアーの予定でしたが、悪天で中止(ロールの練習は出来ますが、イナゾーンを持っていってのロールなら平日でも出来るので休養日にしました)。31日は久々に車でカヤックに行ってきましたが、愛車が出発時から調子が悪目で帰宅後故障。まあほんとよく戻ってこれたというところ。頑張ってくれました。たいした故障じゃないのですぐに直りましたが。結局ロールは今月中ごろ練習を開始。カヤックの神様が「ロール練習はあせらんでいいよ」とおっしゃっているのでしょう、恐らく。

 最近ふと気づいたこと?というよりも記憶違いであったこと、それはカヤック歴。一年少なく計算?してました。今年の9月で7年目に突入することが判明。ベテランと初心者の丁度「間」ってところでしょうか。そんなに漕いでないのにいつの間にやら時間が経ってしまったというところです。

 やっとこさETCカードを注文。これで淡路方面に自家用車でやっといけます。行動範囲も広がることでしょう。がやっぱり正直なところ「電車でカヤック」がいいですね。行きはともかく、帰りの運転は常に寝不足でこいでいる僕にとって「罰ゲーム」のような感じを受けます。電車なら仮眠するなり出来るのにと当たり前の事を、運転しながら考えていました。
 
 ロールもそうですが、そろそろタープとフォールディングコットを使った「寝不足」気味の僕に向いている?「寝不足をフィールドで解消」ツーリングをやってみようかと思います。カヤックフィッシングも待ってます。ほんまに「忙しい」年になりそうです。
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
私はカヤック4年目に入りました。早いものです。そろそろロールも覚えて、少しは進歩しないと。
6/1は三浦半島の葉山で2時間ほど漕いできました。上がる前に、久しぶりに沈脱再乗艇をやってみようと思いつき、ただひとつ知っているパドルフロートレスキューを試みましたが、まったく再乗艇できず。まるで、きれいさっぱり忘れてしまったかの様な有り様でした。
浜にいたお兄さんが見かねて、わざわざ泳いできて艇を支えてくれたので、何とか乗り込むことができましたが、前にできたからといって練習を怠ってはいけませんね。
ところで以前、シーウィングのことを書いていらっしゃったと思いますが、あれを使うとパドルフロートを使わなくとも、あるいは荒れた海況でも、容易に再乗艇できるほどカヤックが安定するものなのでしょうか? レスキュー用品として、とても気になっているのですが。
2010/06/02(水) 00:13 | URL | つカヤック #Dob0RPKU[ 編集]
Re: タイトルなし
> 私はカヤック4年目に入りました。早いものです。そろそろロールも覚えて、少しは進歩しないと。
 つカヤックさん、ロールは当方も今年の課題ですが、あまり根つめてやる気はありません、気楽に行こうと思っています。再乗艇は夏場なんかに何度かやっています。ロールが出来るようになってもロール以外の再乗艇はやるべきだとも思っています。

 シーウィグについて、その内まとめようかと思っています。
 簡潔に言いますと、再乗艇時及びその後の安定性は格段に上がります。かなり楽に乗艇できると思います。ただフローとが抵抗になるので、カヤックのスピードが大幅に落ちます。あと取り付けに時間がかかります。

 最後の手段と当方等は思っていますが、基本的にカサラノでしかもって行っていません。岸近くなら、フロートを膨らませている間に上がった方が早かったりします。

 ロール、パドルフロートや横乗りの再乗艇、そして最後にシーウィングと順番的にはこのような感じになるかと思います。お近くなら一度お試しいただいてもよかったんですが・・。

2010/06/02(水) 14:07 | URL | てっさん #-[ 編集]
エルズミア、こき使っていただいて嬉しい限りです。

私も月曜日、今週末の松崎シーカヤックマラソンにそなえてカサラノで出撃してきました。

久しぶりにチヌークを使ってみたら漕ぎ難いったらありゃしない。

完璧にアリュートパドルに慣れてしまったようです。

ということでウナラスカでいけるとこまでいって、疲れたらシムシルに換える作戦で行きたいと思います。
大瀬殿も出場するようですね。

私は車の運転は好きなので、どこまででも行っちゃいます。

今年の夏の大隅半島遠征も車で行く予定です。
2010/06/02(水) 21:46 | URL | サスケ #-[ 編集]
解りやすいご説明、ありがとうございます。シーウィング、かなり頼れそうですね。
可能性としては低いでしょうが、洋上でスポンソンの空気が抜けてしまった場合にも有効でしょうね。
それにしても、日本のネットでシーウィングのレポートが読めるのは、てっさん様のブログだけでありましょう。ありがたいことです。
2010/06/02(水) 21:52 | URL | つカヤック #-[ 編集]
Re: タイトルなし
サスケさん、エルズミアはスピードもでて安定感もあるので使いやすいですね。

ほんとうにアリュートパドルに慣れてしまったみたいですね。アリュートのあの漕ぎアジが僕は好きです。

 大瀬さん、グランストリームチームで出撃されるんでしたよね。カサラノやウィスパー部隊ならファルト部門は優勝間違いなし?ってところでしょうか。

 大隈半島とは九州ですよね。ぼくならフェリー使ってのんびりします。そこまで車で行くのは考えたくありません・・・。
2010/06/03(木) 17:39 | URL | てっさん #-[ 編集]
Re: タイトルなし
つカヤックさん、シーウィングは本当に最後の手段と思っています。
荒れた海での準備は練習が必要ですし、オフショアの風が吹いているときに下手につかうと沖に流されますし。そのあたりを考えつつ使えば、「まずまず使える」のではないかと思っています。
2010/06/03(木) 17:41 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。