ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 日曜日は大雨の中マキノを漕いでグランストリーム訪問をしてきました。それを書く前に、いつもどおり役にたたないことばかり書くのもあれなので、「少し役に立つ(と思う)」事でも書いてみます。今までカヤック行においての失敗談から主に。


 行きっぱなしの旅において、そこが初めての撤収地の場合、上陸後は駅やバス亭、船着場には歩いて確認するのが良い

 
 撤収地について駅等をろくに確認せずに分解撤収後歩いていったら、えらい苦労した、時間がかかったという経験を何度かしています。まあ電車派の宿命ではありますが。時間があるときは、駅が見えている場合を除いて、大体偵察に行きます。その間に船体布を乾かすという目的もありますが。意外と駅等まで距離がある場合は、漕ぎ直してより近づくことも可能です。荷物が無い場合、「たかが数分」余分に歩くのはどうということも無いですが、カヤックと装備一式ある場合は言わずもがな「たかが数分」ではありません。

                    IMGP0104_20100714165013.jpg
      
  今までの最悪の失敗は「餘部」駅付近の浜に上陸時の事。一応駅の下まで行ったのですが、確認が不十分。スロープと階段があり、その向こう側にエレベーターがあるものと勝手に思い込んでいたので、其処まで確認しませんでした。折畳んで行ってびっくり。ホームまで結局ピクニックする羽目に。それも修行という名のスーパーピクニック!偵察はおろそかには出来ませんね。まあ餘部はバスもあったので、そっちにのって何処かの駅前で降りればよかったんですが(多分何処かの駅前には行くでしょう、未確認)・・・。そういえばそろそろ鉄橋架け替え完了だったような(8月中旬予定らしいです)。

 

 やはりインナーは大事


 カヤックウェアでは取り合えずインナーは「保温性の高いできたら着心地の良い」ちょいと高めのものがお勧めです。忘れもしない「堰堤」落ち。低水温下で助かったのはしっかりしたインナーを着ていたから。水温の非常に低い時期はともかく、普通のカヤックシーズンならインナーに良い物をそろえていさえすれば、中間着やアウターはとりあえず間に合わせでいいかと思っています(もちろん状況によります)。



 ラダーや遭難の話は不用意にしない方が

 
                   IMGP0070_20100714165013.jpg

 シーカヤック乗りは大人率(人が出来ているという意味で)高いと思います、一般社会平均よりも大分。しかしこの2つの話題をするとあれびっくり、いきなり「キレる」人が・・・・まあネット上の話ですけど。どちらも自分なりに考えて理由らしきものは理解しているつもりですが、遭難はしゃれにならない場合もあるので、ラダーについてそのうち書きます。以前も書きましたが、より深く「えげつなく?」。ということで貴方が初心者であればあるほど、寄せてもらっているチーム?や仲間が「ガチガチ」であればあるほどこれらの話題は避けるほうが吉です。もちろん遭難しない為の「話」なら問題はありませんが。

 
 
 「イコカ」は電車でカヤックでは使いづらい

 便利です、あれは切符かわずにスイスイ改札通れます。でも、割引切符使ったほうが場所によっては大分交通費うかせられます。そして地方では未だに使えない場所多々あり、清算に気を使わないと行けません。会社員でもない私、使おうとは思いません。普通に何処か行くときも割引切符使ってますので・・・・。まあ今回はこの辺で。
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
大変為になるお話です。
全て実感ですね。
駅まで歩いて偵察・・・基本ですね。
インナー・・・は命です。
ラダーや遭難・・・まったくそのとおり(笑)
ICOKAは・・・北陸本線で出れなくて駅員もいなくて探し回りました。改札とおるのに30分。
2010/07/15(木) 17:40 | URL | 鸛 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
鸛さん、イコカがそんなに駄目だとは・・・。
ラダーはともかく、遭難は危なすぎますね。
僕は一般的なカヤック乗りと違った風に考えていますので、書いてしまうとえらいことになるかもしれません。

2010/07/16(金) 23:25 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。