ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 以前からお願いしていた1PのGパドルが出来上がったので、グランストリームに行ってきました。出撃艇は四号艇カサラノ。マキノから海津なのでツーリング記録は大幅に割愛(何度も来ているので書くのがめんどくさいのです)して、その他パドルや大瀬さんにお聞きした話などを2回に分けて書きます。

 漕行記


   IMGP2369_20100917012558.jpg     IMGP2371_20100917012557.jpg     IMGP2370.jpg

 今日はのんびりしすぎて到着は11時を回っている。のんびり準備、湖水につかったりして気がつけば12時半。ラダーをもってきていないので、組立はいつもよりは楽であった。今日のツーリングでラダーをとってしまうかどうか決定する予定だ。

 準備完了後、穏やかな湖面を海津に向けて漕いでいく。エアをしっかり入れた状態のカサラノについては「相当慣れた」と最近感じる。ちょくちょくリーンしながら漕いだ効果が出ているようだ。まあ一応プレイスの練習もしていたし(プレイスは実戦ではたして使えるかどうか分からないが)。じっくり漕ぎつつラダーはもうよさそうだという気持ちになる。

 海津の小学校近くの浜まできてからしばし湖水浴。目の前にはリジットカヤックやダッキー(恐らくスターンズレイカータンデム)、セーリングカヌー(アクアミューズ製?)が浮いている。家族連れで楽しそうだ。のんびりしてから大瀬さんに連絡、グランストリームにパドルを取りに行く。そこで受け取り後、大瀬さんとともに海津の浜まで戻り試す。その後様々な話を聞かせていたいて、気がつけばすでに15時半。いい時間になったので、別れを告げマキノに戻る。戻る途中でエア無しのカサラノに久々に乗ってみて漕いでみる。意外といけるのでそのままマキノのテラスまで戻り撤収。有意義な一日は終わりをつげる・・・。と投げやりな?漕行記はこの辺にして、パドルや大瀬さんとの話、その他についてこれから書いていきます。まずはパドルから

 
 1PGパドルを試し選ぶ

                   IMGP2374_20100917012557.jpg

 このパドルはフェザークラフトユーザーが作成されたもので、大瀬さんが窓口になってオーダーを聞いています。なんと、お願いしていた長さやタイプのものと別のもの、計2本作ったということで、どちらでも選んでよいということでした。最初は見た目も持った軽さ等も「お願いしていた」パドルが良いと感じましが、まあとりあえず漕いで見ないと分からないということで海津の浜近くでこぐ事に。

 お願いしていた方は(写真撮り忘れ)、予想通りの軽さや漕ぎ味で見た目も良いもの。そして2本目はパドルの先が平べったく(今まで見てきたGパは先が丸くなっているものばかりだった)、長さも少し長く(230cm)、重量も少し重いもの。しっかり水をキャッチする感覚が結構気に入りました。距離を漕ぐなら1本目なのですが、こっちの漕ぎ味も捨てがたい・・・悩みに悩んだ末、2本目を選ぶことに。当初お願いしていた方と違うものを手に入れるとは、まあこれも縁というところでしょうか。

 この新1PGパドルはカサラノに凄く合ってます。今まで何種類かの2Pパドルを使って漕ぎましたが、それらよりもしっくりきます。ついにカサラノのメインパドルとも言うべきパドルを手に入れたといったところです。しかし230cmなので電車で行くのはちと骨折りです。まあそれについてはまた後日。それからそしてウッドフレームの浮力の凄さを改めて実感(ウッドパドルは今まで何度も使っているのに何故か改めてわかりました)。まあこれについてはまた次回に書いてみます。
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
私もアリュートパドルの浮力に慣れてしまったせいでFRPやカーボンパドルで漕ぐと違和感があります。

最近は新谷さんが使っている松原パドルに興味が有ります。
2010/09/17(金) 06:33 | URL | サスケ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
サスケさん、たしかにウッドパドルはカサラノに合いますね。安心感があります。
松原パドル、あの独特のつなぎ目の奴ですね。
まあしかしパドルはいろいろあっていいですね。
2010/09/22(水) 11:39 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。