ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 エネルギー充填した後、ツーリング再開。さて近江舞子か北小松かと悩んでいたが、時間的なものも考えると近江舞子ということに。それはそうと今日はジェットスキーが夏場以上に多く、その間を縫ってツーリングしている感じがする。そして湖岸各所でイベント、相当賑やかな環境下で漕いでいる。

 
           IMGP2406.jpg     IMGP2407.jpg
 
 とりあえずこのあたりかなというところで上陸、駅への道を探すが、全く違った。遠くにJRの高架が見えるだけ。とっととK2に戻り再出撃。地図を再確認、大体の位置関係は分かった。出撃後直ぐ、「鼻」を回ろうとするところ、渋いおっちゃんの歌声、野外コンサートというところか。湖面から聞く歌もまたよろし。

 鼻を回るとある程度建物が密集している町並みが見えた。まあ大体あの辺りだろうと見当を付けて漕いでいく。このあたりで少し風波が出てきた。琵琶湖荒れの前触れか。しかし直ぐに大人しくなる。

 K2に乗りながらS君は「ほんとゆったりしている」「かなリしっかりつくってるなあ」と結構K2を気に入った様子だ。まあたしかにこのファルトは本当にしっかり作っている。それゆえに極地遠征に耐えうるのだろう。
 
                   P9260914.jpg

 そして程なく浜に到着。リハビリツーリングはこれにて仕舞。到着前に湖上から駅の位置は確認していたが、とりあえず一応駅まで歩いてみるとほんとにすぐであった。

 2人でテキパキ分解撤収している最中に、琵琶湖は荒れ始めた。先ほどのやつは、やはり前触れであったようだ。久々に急変を目の当たりにして、やはりここは琵琶湖だと実感。
        
                    IMGP2410.jpg
 
 結局駅のホームまでS君に手伝ってもらい、後は家まで僕がK2を持って帰るという形になったが、フジタの大容量ザックとエルズミアのザック 、そして高性能カートの組み合わせによって楽ではないものの、前2回より随分楽にK2での電車行が出来たのは収穫であった。日生辺りならまあ問題なく電車でも持っていけるだろう。しかしデイツーリングの最小装備で2つのザックがパンパンになっているのを見ると、ヒマラヤ遠征どころかオリンピック山(火星にあり、約25000m)遠征隊の一員になった気分だ。もしくは現代版「重装歩兵」。超長距離携帯式対艦ミサイルでも ザックの中に入っていれば、尖閣諸島の中国船に向けてぶっ放してしまいそうである。しかしあの船長なめてるなあ、英雄気取りとは。はよ自衛隊配備してくれ、尖閣諸島に。民主党はほんと駄目ですなあ・・・。

 それはともかく、やっとK2の出撃を果たせた。相方が必ず必要な艇かつ使う場所等の考慮(僕にはアルピナ2-430という軽量タンデムがあるので)で制限があるものの後2回ほどは今年中に出かけたいものである。

 とまあこれにて所有艇全艇出撃完了となりました。もっているファルトは眠らさずに出撃させるというのを常々考えています。という理由でこれ 以上艇は増やさない方針です。 というよりもさすがに十分すぎますし、置き場所に困ります、たとえ折畳めるといえども。

 それはそうとやはり電車行者は多くなっていると、ネットを見たり聞いたりしながら感じています。経験、やる気、カート選び、ザック選び、途 中まで車で行くなりすれば電車行はどうとでもなる、そして行きっぱなしのツーリングをすればファルトがますます好きになる・・ほんと電車行はお勧めです。まあいつも書いていることですが。
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
2度目(笑)の再婚旅行は、K2でアリューシャン遠征へ行きたいな~!
等と夢見ています...。
2010/10/01(金) 23:09 | URL | サスケ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
サスケさん、僕の新婚旅行はK2での津軽海峡横断です・・・。いやそれよりも先に津軽を渡るより難しい相方探しです・・・・・女性ってのはつくづく難しいものです。それ以前に出会いもくそも・・・・・ですが。
2010/10/02(土) 01:29 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。