ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
 10月10、11日の連休は熊野川へ480スペリオ乗りのS君と行ってきました。熊野川は、日本の名だたる川を漕いだ方から「僕にとっては日本一の川」と聞いていたので、以前から行ってみたかったのですが、やっと念願叶い行くことに。僕にとっては日本で2番目に行きたい川でした。因みに一番は釧路川です。それはともかく、出撃艇は参号艇アルピナ2-430。もちろんS君は480スペリオと「フジタカヌーコンビ」となりました。それでは書いてみます。

 9日、新宮地方は大雨洪水警報。すわ中止かと思われたが、同日夜には雨が止み水位下はさがりはじめる。まあ大丈夫だろうし、最悪駄目な場合は熊野観光に切り替えるということで、出撃することに。

  
    IMGP2436.jpg     IMGP2439.jpg     PA101046.jpg

 10日早朝、車で阪神高速湾岸線経由阪和自動車道を終点まで行き、降りた後は下道、休憩を含めて約4時間40分で道の駅「ほんぐう」に到着。ここでS君と待ち合わせていたのだ。因みに本日は移動日及び観光日。そこから熊野本宮観光、資料館を見に行き、その後は熊野川の河原でのんびり過ごす。3時頃に今日のキャンプ地である役場前の河原に移動、テントを張る前に熊野川温泉「さつき」に行く。因みにここは入浴施設だけでなく宿泊施設もある)に行き、帰ってきた後はキャンプ準備。

 
                    PA101051.jpg

 車を使用するキャンプは久々である。豊富な食材や様々な道具を持ち込め、そして使わない荷物も置いて置けるので、非常に楽だ。調子に乗って食材を買いすぎたので、無理やり食べるもののウインナーが結構残ってしまった。朝食はウインナーに決定だな。
 
 そして食事後は満点の星空を眺める。S君にとってこんなに多くの星が瞬く空を眺めるのは初めての経験との事だ。僕にとっても久々である。石垣島やネパールではもっと多くの星が瞬いていたなあ、なんて星を見ながら懐かしむ。その後は8時にお開き?テントに入る。気がつけば眠っていた。深夜12時過ぎに起きてからは、朝までしっかり眠ることが出来ず、結局やや寝不足のまま本番突入となった。 それはそうと最近とんがりテントに興味を持ってきたのだが、使い勝手はどんなものだろうか?

           
          IMGP2455.jpg     IMGP2457.jpg


 6時頃には起き、食事(ウィンナーとキムチのみ)後車を一台置いておき(この河原がゴール地点である)、瀞峡までS君の車で行く。途中朝霧で包まれた神秘的な熊野川を車内から見て、嫌が上でも期待が高まる。

 瀞峡(田戸)到着後、急な階段をザックかついで降りていくと、地元の方が観光客相手の店や写真撮影場所の準備などをしていた。そのまえで組立出撃準備をし、9時半にいよいよツーリングスタート。

    IMGP2462.jpg     IMGP2464.jpg     IMGP2473.jpg

 すでに階段の上から瀞峡の景色は眺めていたのではあるが、カヤック目線の景色はまた全然違う。そしてカーブを曲がっていくと、そこにはいままでネット等で何度も見たことのある「下瀞」の景色が広がる。まさに写真ではお伝えできない凄い景色。期待以上どころではない。僕もS君も頭が可笑しくなったかのように奇声を上げ続ける

    IMGP2477.jpg     IMGP2482.jpg     IMGP2483.jpg

 
 「ヒャッホー」「ウオー」・・・・・モヒカン野郎供の気持ちが良く分かったどころか、なんとなく火炎放射器で「汚物を消毒」したくなってしまったものだ。

  がしかし当初の興奮がおさまった後は、下瀞の景色が凄かっただけに、後は段々駄目になるのかなと思い、逆に少し残念な気持ちで逆にテンションが落ちてしまった。がこれが間違いだったのが直ぐに分かることになるのである。

                    IMGP2485.jpg

 それはともかく後ろから大きな音が近づいてくる。ジェット船だ。川幅が広いので避けるのは余裕だが、瀬で出会うと厄介ではあるなあ。まあしかししょっちゅう通るものでもないだろう、と思いあまり気にしないことにする。 下瀞を越えて景色は落ち着いたものの、それはそれでなかなかワイルドな景色で結構あきない。そして前日の大雨のせいか、水量や水勢強く、ガイドブックには乗っていない場所にそれなりの瀬が出来ている。キャンプ場のある玉置口前の瀬は1級の瀬なのであるが、今日はパワーアップ、2級前後になっていた。そういうのもあり、楽しくて楽しくてテンションが上がりっぱなしだ。
 
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
熊野川、キレイですね~!

釧路川は過去に3回下りました。

出発地点の屈斜路湖のキャンプが快適です。

野田師匠が浸かった湖畔の露天風呂も最高に気持ちいいですよ!

今週末は有給休暇を使って4連休にしちゃいました。

明日の夜から紀伊半島へ遠征してきます。
2010/10/20(水) 21:04 | URL | サスケ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
サスケさん、熊野川は予想以上でした。十二分に満足できる結果となりました。

釧路川、温泉も期待しています。のんびり使った翌朝出撃を考えています。ついつい2日くらい湖で滞在してしまうかもしれませんが。いついけるか、それが問題ですね。

 東紀州いいですね。一度しか行っていませんが、ほんと景色は雄大でした。駅に近い出撃場所もそこそこあって、電車行がしやすいのも僕にとっては嬉しいですね。ただちょいと家から遠いので、デイツーリングはきびしいですが。

2010/10/21(木) 00:26 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する