ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   IMGP2487.jpg     IMGP2490.jpg     IMGP2499.jpg

  流れの早い熊野川、どんどん先に進んでいく二艇。瀬が多く楽しみつつ漕いで行くと、ついつい現在地を見失いがちになるが、今回は強い味方をつれてきている。そう「デッキコンパス」だ(まあでも前編で載せたアルピナの画像にも写っているので気づいた方も多いとはおもうが)。僕も地図を持ってきているのだが、確認はS君任せて僕はもっぱら方位報告係りと化す。

 「ただ今北に向かっております」 「今西に向きました」

 僕の報告とS君の地図確認で、一旦場所を見失っても直ぐに確認できる。熊野川のこの辺りは川が蛇行しているので、漕ぎに専念しているとついつい現在地を見失いがちであるが、デッキコンパスのお陰で何の問題も無かった。まあ普通のコンパスでも確認できるが、やはりデッキコンパスは楽だ。今回のMVPはこいつに決まりである。

                   IMGP2501.jpg

 勢いよく川をくだりカーブを曲がると「瀞大橋」が見えてきた。予想より随分早く到着だ。そこそこの数の人たち が各々休日を楽しんでいる。

 
                   IMGP2508.jpg

 そこを越えて進んでいく。相変わらず瀬が多く、そしてジェット船も次々に来る。もしかすると連休で臨時便増発?ジェット船よ、ちょいと邪魔です・・・て我らの方が邪魔だわな。どうもすいませんと心の中で土下座する。

           IMGP2515.jpg     PA111175.jpg

 段々開けてくるものの、まだまだ雄大な「木津川」と言った風情。なかなかいけますな。気がつけば蛇行を繰り返す川も、ついに最後の急カーブを曲がり終え、あとはゴールまで比較的直線的なルートだ。その曲がり角に大きな岩を発見。なかなかの迫力。まあこのあたりが最後の瀬とおもいきや、ゴールまでも何度か瀬があった。これは水勢が強いためだっただろうか。

                   IMGP2520.jpg

 このまま行ってしまうと12時30分頃に到着してしまうので、途中の河原で休憩することに。しかしよくもここまで楽しめて下れたものだ、とそんな話をした後に昼寝。結局30分程過ごして出撃。後はほんの少しである。

           PA111180.jpg     IMGP2524.jpg
    
 少し漕げば熊野川との合流地点??実はここまでの川の正式名称は「北山川」が正しいようだ。ここで西からきた熊野川と合流、河口までは熊野川となるようである。下ってきた川と熊野川の色が違い、合流地点は2色の水が混ざりなかなか面白い光景だ。そして水も勢いを更に増して、カヤックを飛ぶように運んでいく。

 
           IMGP2530.jpg     IMGP2531.jpg

 最後の余韻を楽しむように、あまり漕がずに進めていく。が流れが速く、気がつけばキャンプ地の河原、ゴールに到着だ。結局最後の最後まで楽しいままのツーリングで終えることが出来た。これは本当に稀有の事である。到着時間は1時過ぎ。予定より1時間早く到着。時間が余っているので、のんびり船体布を乾かしつつ撤収作業に入る。興奮が冷めやらない僕はS君に

 「ファルトの時代が来たんじゃないか?そう思わんか?」

 
と言うとS君は

 「体力と根性がいるかな」

 
と・・・なんと言うことを言うのだS君よ。まあ今回は車2台で回送するので、ファルトの必要性は無いというのもあるが、そしてちょくちょく書いてあることなのだが、組立分解の手間は慣れである。確かにリジットに比べて根性と体力は少しいるというのは否めない要素ではあるけどね。

 撤収後はスタート地点に車を取りに行き、その後解散。結局渋滞を避けかつ休憩を取ったので、帰宅は午前様となったが、それにしても充実したツーリングであった。川のツーリングは僕にとって「気晴らし」「気分転換」という想いが強かったのだが、熊野川をこいで見て考えを改める事になった。川のツーリングも相当真剣?に楽しめるものだと。これにて紀州四天王川が内、日高川と熊野川は制覇。後は日置川と古座川を残すのみである。さてそんなに遠くない時期に行ってみたいものだ。

 というわけで熊野川を無事下ってきました。ほんとに最後まで楽しめました。水勢がいつもより強かったのも良かったのかもしれません。ただ正直カヤックを初めて間もない方にとっては少し危険であった、それくらいの水勢でしたが。川のツーリングを見直せたというのも大きな収穫でした。さてさて釧路川行はいつになるのだろうか、楽しみです。その前に日置・古座の両川と仁淀川辺りには行ってそうです。
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
天気予報チェックしたら、大型台風プラス太平洋上に熱帯低気圧が2つ!

明日から波は再び『3mウネリをともなう。』らしい...(涙)

海がダメだったら熊野川でも下ってみようかな?

もちろんカサラノで。(笑)
2010/10/21(木) 20:22 | URL | サスケ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
サスケさん、僕も確認しましたが、えらいことですね。この状況でカサラノでまともに漕げたら、
いきなりカサラノ5段ですね・・・・・。

 熊野川をカサラノってのは面白そうですね。ううむなんか一度下ってみたいものです、カサラノで大河を。
2010/10/22(金) 03:35 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。