ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  
IMGP2575.jpg IMGP2577.jpg IMGP2584.jpg iesimakaidou122.jpg


 太と書いて「ふとん」とよむ、なんとなくユーモラスのある名前の島。実は企業所有の島で、研修などが行われるとか。と言うわけで上陸は遠慮しておくことに。鞍掛島を回り込むと、島の属島もしくは岩場があり、その向こう側に太島が見える。太島までは直ぐ、陸地近くまで来て小休止。ここも結構独特の形状をした島で、2つの陸の間に平地があるといった地形。鞍掛しまより整地されている為か、キャンプはし易くなっている。

 さてその次はいよいよゴール地点である男鹿島だ。ちょっと風が強くなってきた。潮の流れも少しあるのか、海面もざわめきが強くなっているが、正直ラダーを使用する必要性は無い。しかし折角持ってきたので、使ってみることに。操船は足に任せて、あとはもう景色を楽しみつつゴールに向かうだけだ。

         IMGP2588.jpg     IMGP2593.jpg

 男鹿島と直ぐ近くの宇和島との間、宇和島寄りに漕いで行き、途中から一気に男鹿島に進路を変え漕いで行く。この辺になると瀬戸内らしい雰囲気が出てきて、船舶数も多くなる。島の間を抜けて後は楯崎を回り込めば、ゴールの砂浜が見えてきた。ここに来るのは相当久しぶりだ。

 
                  IMGP2597.jpg

 砂浜のすぐ側に定期船発着所があり、その近くの浜に上陸する。上陸後、とりあえず自販機を探しに行くが、見つからず。さて時間はまだまだ余裕だが(丁度2時くらいだった)、どうするか。家島本島や坊勢島なら十分行ける、というよりそのどちらか男島しか定期船が出ていない。

  IMGP2601.jpg     IMGP2603.jpg     IMGP2606.jpg

 結局リハビリ漕ぎ出し、今日はのんびりしようという事になり予定通りそのまま撤収することに。適地が無かったので、桟橋の邪魔にならない場所を使わせてもらい、分解パッキング。その後は島内散策。北のほうに道沿いに歩いていると、なんと動物園ならぬ「鹿園」があった。そういえば「男鹿島」だものなあ(因みに「たんがしま」と呼ぶ)。そのまま楯崎(淡賀楯崎)まで歩いていくと、石碑が建っていた。ここは家島十景とのことだ。確かにここからの景色はなかなかだ。佐和島がよいインパクトを与えている。そしてここからも上陸でき、草地や東屋もあるので、今度かここから出撃撤収しようかとも思う。

 それから定期船がくるまでうろうろし、4時9分の船で姫路港へ向かう。しかし今日は釣り客が多い。まあ家島は釣りの名所だからなあ。そういえば今年はカヤックフィッシングをまだしていない。あれにはまれば、姫路港まで車で来て、アルピナ2-430で釣りまくるのだが。

 船上でぼうっとしていて、ふと振り返ると夕陽に照らされた「男鹿島」「太島」「鞍掛島」「上島」が並んでいるのが目に入る。神々しいまでの雰囲気に見とれてしまった。まるでそこに道が出来たような、まさに「街道」ならぬ「海道」が忽然と現れたような、僕の目にはそうようにも見えたのである。「家島本海道」・・もちろんそんなものは無いが、思い浮かんだのはそれだ。ああしまった・・家島本島まで行くべきだった。一応目的地まではいけたので、普段ならそれで満足するが、珍しく航海してしまった。それほどこの景色が美しかったのである(シャッターチャンスも逃してしまった)。

 それはともかく、久々に真面目に海を漕いで、体はそこそこの距離漕ぎは問題ないことを再確認。涼しくなったし、これからはもう少し海派らしく距離漕ぎも仕様かと思い直した次第だ・・・・が、まともな連休は正月まで無しということで今年はちょい漕ぎ連発になりそうだ。仕方ないなあ、休みはどうにもならぬのだよ。
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
紀伊半島でも鹿を見ました。

キャンプ地の浜では巨大なイノシシの足跡も。

後ろの山のミカン畑には猿の群れも...。

いい季節です。

今年はレイヴンパンツを買ってもう少し頑張ろうかと思ってます。

海の水もまだ温ったかいし。
2010/10/26(火) 20:48 | URL | サスケ #-[ 編集]
脱帽
渋いルートを漕ぎましたね。

家島諸島の東側は盲点でした。
男鹿島から近くの小さな島を巡ることを考えたことがありますが、まさか加古川から漕いでいくとは・・・
てっさんらしいというか、脱帽です。
2010/10/26(火) 23:06 | URL | ts #zmMd9Ld2[ 編集]
Re: タイトルなし
サスケさん、動物の気配がするってのはいいですね。
でも猪と猿はちょいと厄介かもしれませんが。
まあ一人でキャンプしている時は、ヒマなので遊びに来て欲しいものです、害が無ければですが。

 レイブンあれは傑作です。そろそろあいつに履き替えて出撃しようかと思っています。
 まあしかし台風で今度の日曜は駄目そうです・・。
2010/10/28(木) 13:44 | URL | てっさん #-[ 編集]
Re: 脱帽
TSさん、前から行こうと思っていたのですが、やっと行ったという感じです。
あそこへは男鹿島から行って戻ってくるということも考えたのですが、帰りが面白くないだろうと
いうことで、加古川からのワンウェイで行きました。

後は男鹿島の周辺を漕げば、大体家島諸島は漕いだことになります。
2010/10/28(木) 13:47 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。