ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 セーリングカヤックについて少しだけ

 
                M3091903-tileぶrpg


 まあまだ10分ほどしか乗ったことが無いのでえらそうなことは言えません・・・。それはともかく、
 グランストリームの大瀬さんから、参考画像を頂きました(因みに右下の写真ならぬ文字は当方が許可を得て作成・・・あんましうまいこといってませんね。つづりあってるかな・・) 。例の沖縄方面セーリングトリップの「写真」です。

 いやあ、なんか「ロマン」がありますね。風を帆に受けて飛ぶように進んでいくK2が目に浮かびます。

 それはそうとカヤックセーリングは、もともと日本ではそんなに馴染みの無いものですが、ヨーロッパ等では普通にやっているとか聞いたことがあります。 そういえばクレッパーもノーティレイもセーリングキットを販売していますね。 因みにクレッパーアエリウスのタンデムにセールつけての大西洋横断は結構有名?

 セーリングカヤックには先ほども述べたように、一度だけ10分程乗せていただきましたが、風を利用して水上を渡るというのは、なかなか楽しく爽快でもあり、そしてちょっと快感でした。まさにカヤックとは別物です、が漕げるという点でやはりカヤックでもあります。

 カヌーライフ6号にこのセーリングカヤックが6ページ掲載されていて、そこにも書いてあるのですが、フェザークラフトユーザーから賛否両論を受けてます。手漕ぎでこそカヤック、それからカヤックの組立だけでなく、セーリングの艤装?もあるので、「手軽」とは言えません。この点でしょう、おそらく。

 たしかにそれについては理解できます。がまあ僕はカヤックとは別物という捕らえ方をしているのと、それでも漕げるし、セールを降ろせばカヤックそのものですから、ちょっと矛盾した言い方になるかもしれませんが、「確かに別物でありつつもやはりフォールディングカヤックであり、それもカヤックよりはるかに遠くへ行ける」という点に魅力を感じているので、セーリングも「あり」だな、なんて思っています。 とまあ自分なりの意見をえらそうに書きましたが、要はエンジンなんか使わない限りは、「楽しけりゃいいな」とそういう感じです。

 大海原を越える時は「セーリングと漕ぎ」もしくは「セーリング」だけで、そして島に到着後は帆を降ろして「カヤック漕ぎ」でというのを想像すると、相当楽しいだろうなあというふうに感じます。島渡りは風を利用して「かっとばし」、島の周辺は、帆を降ろしてのんびり景色や「水中を眺めながらのツーリング。まさにセーリングカヤックならではの楽しみ方かと。

 が、やはりその能力故にセーリングカヤックを使いこなすには、まとまった休みが必要であるのも事実。休みの少ない僕ではとても使いこなせないので、今はやろうとは思っていないのが本当のところです。ただ将来は分かりません、休みの取れる状態になったら、当方K2も所有しておりますしね。まあとりあえず現状では「もしかしたら」というところで。

 まあやるやらないにかかわらず、一度セーリングトリップキャンプツーリングには参加してみたいと思っていますが・・・・・はい私休みがなかなか取れませぬ・・・ほんとなんとかならないかな。それはともかく今回の旅については、また何らかの形で発表されると思われるので、それが楽しみです。
 
 
 最新のKライト

                 Kライト

 Kライトについても参考画像を頂きました。
 以前僕が掲載した写真(右)側ではあんまり分からないので(実はもっと分かりやすい写真を撮ったつもりが取れていなかったのです)、この画像はありがたいです。

 旧Kライトはもっと丸く可愛らしい形をしていましたが、かなりシャープになった感じを受けます。例えるなら、まだあどけなさの残る若者が、「修羅場」をくぐって渋い男になった、そんな感じです。ってそういえば舟は女性形ですね。ということは修羅場をくぐって「妖艶な」・・やっぱり表現としては「渋い男になった」のが合いますね。

 見た目だけでなく、性能もアップ、まさに別物らしいとのことです、これはこの前も書きましたが。

 こういう艇の進化的な話は、僕は好きなんです、もちろんフォールディングカヤックに限りますが。
 
 今回はこんなところで。
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
セーリング…
セーリングは確かに通常のカヤックとは違いますがでもやっぱりカヤックだと思います
まあ個人個人考えは在るとは思いますがあまり否定的なことは言わずに生暖かい目で見守ってほしいです(T_T)


フェザークラフトから新艇出るのですね、文を見るにK1とカサラノを合わせたような高速ツーリング艇とのこと、どんな船に仕上がるか楽しみです(買えませんけど…)
Kライトも新しくなってるんですか?
フェザーは常に改良されて進化しているのが凄いですね


ポルシェの「最新の911が最高の911」みたいな感じかと思いますが、古いモデルは古いモデルでまた渋いところもポルシェみたいですね
2010/11/22(月) 21:24 | URL | イシケン #IqMj.zRI[ 編集]
K2でのセーリング、まさにロマンですね~!

琵琶湖で体感して実感しました。

で、いろいろ考えた結果、そのロマンを手に入れたいと思います。

まずは来年、K2引っ提げてアリューシャンを漕いできたいと思います。

将来は2艇でセーリングトリップに行けたらいいですね!




2010/11/22(月) 22:00 | URL | サスケ #-[ 編集]
Re: セーリング…
イシケンさん、まあそれだけ「漕ぎに」こだわっているということでしょうね。
セーリングについては少し、本を読んでみました。まあその前にも聞いてましたが、普通に追い風が一番スピードが出るものだと思ってました・・・・・。

フェザークラフトの新艇、僕が写真を見た印象では、カサラノの長さとK1の安心感、そしてウィスパーのような形状と「三位一体」という感じの完成形のような感じでした。早く試乗してみたいものです。

 Kライト、最初はカフナかと思ったくらいです。短いカフナと思ったらKライトだったと。かっこよくなり、性能も上がったみたいです。こちらも人気でそうです。

 まあフェザークラフトのいいところはマイナーチェンジがどんどん行われるところですね!
2010/11/23(火) 09:36 | URL | てっさん #-[ 編集]
Re: タイトルなし
 サスケさん、セーリング、ほんと将来気がつけば、日本の海を行きまくっていたりして・・・。

 ついに手に入れられるのですね。そしてアリューシャン列島・・凄いなあ。
 海だけでなく山の知識もいりそうなアリューシャン・・手ごわそうですね。
 外国ではインサイドパッセージなんかにはいけるものなら行ってみたいですが。

 セーリング2艇、いいですね、ほんとやってみたいです。相方探さないと、まず(笑)。

 

 
 
 
2010/11/23(火) 09:40 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。