ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 人間の欲望というのもは際限のないもので・・・・宗教で禁欲をといているのはなかなか慧眼かと思ったりしています、以前から。

 カヤックに使えるデジタルもので検討しているものなどを、何故か書いてみます。写真ちょいと暗めですが・・・面倒くさいので撮り直しはやめておきました(笑)。

 一眼レフカメラ   

                IMGP2929.jpg

 ファルトのブログを見ていて、「えらい凄い画像だな」なんて思うことがあります。明らかに経験や技術だけではない、何か。それがカメラの違い、「一眼レフデジカメとコンパクトデジカメ」の埋めようのない画質の差。ここまで違うのかというのが、はじめてみた時の差でした。

 大分前から気にはなっていたのですが、ちょっとこの前梅田の「ヨドバシカメラ」に行ってきて実際触ってきました。なかなかの重量感とがっしり感。でも写真は適当に店内を取っただけなので、いいかどうかわかりませんでした(笑)。結構手ごろな値段(といってもレンズセットにするとそこそこいきますが)の物もありました。例えばコンパクトタイプが適当に撃ちまくる「拳銃」とすれば一眼レフは一撃必殺の「狙撃銃」といったところか。まあデジカメなんで失敗は許されるので「連発式狙撃銃」といったところでしょう。「シャッターチャンス」を逃さないという決まり文句が合いそうですね、一眼レフは。「写真は適当でいいや」と思っていた僕には意外でした。

 電車派ファルト乗りにとって

 そう、コンパクト一眼レフならともかく普通の一眼レフデジカメを持っていくのは、結構荷物になります、あたりまえですが。それにレンズもあるし、ペリカンケースもいるでしょう。

 ソフトタイプの防水ケース(19000円程度で売ってます)を使っての撮影をする場合、カヤック上で首からぶら下げつづけるのはうっとうしいですし、邪魔になります。デッキに何らかの方法で固定するのが現実的と。まあいろいろ電車行では手間がかかりそうです。

 車で行くことの少ない僕にとってはどうしても出撃機会が減りそうです。しかしカヤックに限らず使うと考えると、将来的にかなり高い確率で購入してしまいそうです。というわけで早速本を買ってきて知識吸収中。
          
                    IMGP2933.jpg

 まあ一眼レフ特有というよりカメラの常識と言うべき、「ホワイトバランス」や「絞り」、「被写界深度」なんぞの意味が初めて分かりました。なかなかカメラの世界というよりも写真の世界ってのは奥が深そうですね。

 
 ペンタックス「オプティオ W90」

          IMGP2931.jpg     IMGP2932.jpg

 僕の使っているW80の最新後継機です。渋くなり、より性能もアップ。ただそれだけで「欲しいな」と思ったわけでなく、このタイプ、リモコンが使えます。そろでも自画像取りが楽です。W80で自画像取りする時は「インターバル撮影モード」を使用しています。これは一定時間ごとに写真を自動撮影するモードなのですが、一つ欠点が。「ズーム」出来ません・・・・。リモコンならより思っている画像が取れそうです。ただリモコンの使用可能距離が確か4m程(要確認)・・・この倍くらい届ければ既に購入していたのですが。まあ今回は見送りかな?

 
 デジタルフォトフレーム


               IMGP2930.jpg

 デジタル画像を映せるフォトフレームですね。ええと5000円位で売ってるもんだと思い、見に行ったら普通に1万円越えどころか、高い奴は3万円台のもありました。まあ1万円切る奴もありましたが。モバイルパソコンなんぞももっているので、それで「スライドショー」をしていれば代用できるので、もっと安く高性能の物が出るまで保留といったところです。


 防水スマートフォン

 来年にAUで出るとか聞いてますが、さて。普通のデジカメ天気予報は見にくいので早く出して欲しいものです。もちろん天気予報だけの為に買い替えるわけでは無いですが。まあ苦手なキャンプの夜の暇つぶしにも使えそうなのが良いです。

 ほんといろいろ欲しいものばかりです。普通のカヤック用品もそうだしその他にも・・・・人間の欲ってのはほんと際限の無いものです。
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
確かにカヤック関係のブログで、色鮮やかなインパクトのある写真を掲載しておられる人がいますよね。すごいなあって思いながら、僕も見たことがあります。
僕も、デジタル一眼レフを今年の9月から導入しておりますが、なかなか楽しいですよ。
カヤックで写真を撮る事についての記事をブログで書いてみようと思います。
2010/11/30(火) 22:22 | URL | Oe #mQop/nM.[ 編集]
Re: タイトルなし
Oeさん、そうなんです。えらい綺麗だなあなんて思ってみてました。
気がつけば興味を持っていました、一眼レフ。

やはり一眼レフ良さそうですね。ネットで早速調べはじめています。
雑誌も明日にでも買おうかなと思っています。最近出た一眼レフの比較が載ってました。

記事期待しております。ほんと写真は入門者なので。

2010/12/01(水) 00:09 | URL | てっさん #-[ 編集]
一眼レフ、防水対策が大変そうで...。

ペリカンケースも必要そうだし...。

でも大瀬さんは気軽に使ってますね。

そういえばインターバル撮影機能まだ一度も使ってません。
2010/12/01(水) 21:15 | URL | サスケ #-[ 編集]
物欲
自分も欲しいものばかりです

カヤックでデジ一眼使ってますが実際使える状況は結構限られます
安定抜群の船かつコックピットが広い(カサラノでは技術的にも心理的にも不可能に近い)、好天でないと出したくない、でかい、重い、邪魔、壊すと金額的にかなり痛い、自分を撮ってくれる人がいない、写真撮影に夢中になってパドリングが疎かになる(団体行の時は追い抜いたり置いてかりうろちょろ…)、メンテが結構大変…等々

ただやっぱり撮れる絵は格別です
ちなみに使う器材は二種類選択肢が合って、堅牢(防塵防滴)で多少の雨なら大丈夫なもの、でも高い

安い廉価モデル、金額的に優しいので最悪壊れても割り切れる
けど悪条件には弱い


はっきり言って本体は高くても安くても写る絵には大差ないです(レンズのほうがはるかに重要)


自分の場合は安定性の高い船、K2とかシットオン、静水でのカナディアン等に乗るとき使っていて、足下にソフトクーラーを置いて出し入れしてます
ソフトクーラーは耐衝撃性もあり、ある程度の防水性もあるので重宝してます



何とも言えませんが単独行ではデジ一眼は相当大変です
天気が良ければ防水のコンパクトデジカメでも結構撮れますよ
あと画素数は少なめのほうが色々な意味で良いです、俺のデジ一眼は600万画素ですがA3までは十分です

長々すいません、参考までに
2010/12/01(水) 22:53 | URL | イシケン #u0Qatnm2[ 編集]
Re: タイトルなし
サスケさん、一眼レフカヤック乗艇中の使用はいろいろ制限がありそうですね。

まあ陸上での旅にも使えますので、カヤック限定でないということで、一台?買う予定です。

インターバル撮影・・・惜しむらくはズームが使えないこと。あれが使えればもっと自画像撮りが
楽なんですが。
2010/12/02(木) 13:02 | URL | てっさん #-[ 編集]
Re: 物欲
イシケンさん、やはりいろいろ制限ありそうですね。

カサラノではさすがに無理です。シーショア、アルピナ2-430、K2での使用を考えていますが、実際はアルピナ2とK2での使用といったところです。

一応機種は絞ってあります。防塵防水はソフトハウジング?(19000円程)に頼って、値段はレンズやSDカード込みで9万円程になりそうです。所謂中級機の一世代前の奴です。

 しかし本体性能があまり関係ないというのは以外でし。そしてレンズの値段が高さ。軽く本体をオーバーしてる奴もありますね。レンズの性能次第。まあとりあえずは一番基本のレンズよりも少しいい奴を考えています。

 何分最初なので3年程度使えればなんて考えていましたが、レンズ次第で、本体がさほど関係ないとすれば、意外と長く使えそうです。ただデジタル物なのでどれだけ持つかというところですが。

 ソフトクーラーは2つ持っていますので、ちょっとそれを工夫して最初は行ってみようかと。ペリカンケースの開け閉めとかめんくさそうなので。それか首からぶら下げ漕ぎかというところです。

 ツアーでは確かにおいていかれるとしんどいので、持って行くのは難しそうですね。単独行では、いろいろと試して自分なりのやり方を見つけてみようかと思っています。さてどうなることやらですが。

 画素が少ないほうがよいというのは意外でした。その辺もネットで調べてみます。
 アドバイス、非常に参考になりました。ありがとうございます。

 

2010/12/02(木) 13:12 | URL | てっさん #-[ 編集]
ファルト漕ぎのnakaと申します。

てっさんの漕行記、楽しく読ませて頂いています。

ブログ、カタログ等の画質レベルでは、現行品でのカメラの画素数は,全く気にしなくてもよいと思います。画質、描写性能は画素数だけでは、表す事は出来ません。何年も前の最高級デジイチより、現行の安物コンデジの方が画質は良いです。
被写界深度も、レンズ絞り値以上に考慮する事もあるし、被写体を目の前にして考える事は多いのです。
これから一眼はじめる方は、安物の本体+超高倍率ズーム+PLフィルター等の小物品、慣れた頃に単焦点レンズのパターンが良いと思います。
写真の出来は、機材よりカメラマン自身のレベルにかなり左右されます。

巷で流行っている、戦場カメラマンならぬ、船上カメラマン狙ってます???。(笑)



2010/12/02(木) 21:48 | URL | naka #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> ファルト漕ぎのnakaと申します。
>
> てっさんの漕行記、楽しく読ませて頂いています。
>
nakaさん初めまして。アドバイスありがとうございます。

画素数、うっかりだまされそうになりました。多いほうが単純にいいものかと思っておりましたので。

対象物を目の前にして考えることが多い・・・・ほんと経験あるのみというところでしょうか。それはそれで自分だけの考えといいますか、好みといいますか、タイミングで撮ることが出来るので面白そうですね。

 本体に関しては大体絞れてきました。レンズはとりあえず一番したの奴はやめておいて、もう少しいいやつを考えていますが・・・・単焦点レンズ・・・まだその活用方法までは理解していませんが、レンズもいろいろありますね。

 ネットで見ていると、とある場所の風景を取る場合、最高の一枚が欲しいが為にマンションを借りるひともいるとか。ほんと恐ろしい世界です。本人の才能とセンス、そして執念ですね。カメラマンのレベルに相当左右されるというのはデジタルでありながらもアナログチックでよいです。手に入れたらとりあえず取り巻くって経験を積もうかと。

 船上カメラマン・・いいしゃれです!まあなかなかカヤック上で撮るには制限ありそうですが、ちょっとやってみようかと思っています。ありがとうございます。

2010/12/02(木) 23:23 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。