ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 様々なアドバイスありがとうございました。
 何種類の一眼レフから検討し、これに決めました。 
 
               ニコン「D90」

                  IMGP2938.jpg


 一世代前の奴です。値段的にもこなれており、皆さんにいただいたアドバイスの「本体の性能はあんまり気にしないでよい」「画素はあまり多いのも問題だ」というのも参考にさせていただきました。ネット上のレビューでもおおむね好評だったのもあります。ついでに実機を触りに行きましたが、なかなか手に馴染んで扱い易かったのも好ポイント。

 レンズはAF-S DX 18-105G VR というやつです。3種類ほどのレンズキットの中間です。
 何故これを選んだかは、性能は真ん中でありながら値段は安めで、大きなポイントは本体とのバランスがよくそんなに重さを感じないことでした。とりあえずこれでいってみて、必要なレンズは将来的に買い足していこうかと。

 ついでいうと、一番上のタイプはちょっと重めで、本体とのバランスが僕にとってはもう一つだったのと、やはり値段が跳ね上がります。 公共交通機関利用の旅行と、カヤック行での撮影を考えると、ある程度重量を押さえたいというのもありました。

 ネット上のレビューでも「ぱっと行って、ぱっと撮る」くらいならこれで十分だとのことです。まあ実際使ってみないと分かりませんが。

 まあカヤックにドンだけ持っていけるかは分かりませんが、少なくとも「屋上からの景色」画像は良くなりそうです(笑)。

 冬場は強風で行かない日も多くなるので、その間に練習でもしておこうかと。
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
素早いですね(笑)
D90なら、いい選択だと思います。
レンズもその焦点距離ですと、今の季節ですと、白鳥なんかも、ぎりぎり撮れるかもしれません。WEB掲載時にはトリミングで大きくすればいいかと。
楽しみが増えてよかったですね。
2010/12/04(土) 01:42 | URL | Oe #mQop/nM.[ 編集]
Re: タイトルなし
Oeさん、比較的無難な選択をしているかと思います。
一世代前のトヨタ「カローラ」といったところでしょうか?

 このレンズで白鳥がぎりぎり撮れる・・・・・まだ何故そうなのか理解は出来ませんが、わからないことだらけというのは、それはそれで楽しいものです。新しい知識をこれからどんどんきゅうしゅうしていけるのですから。

 しかしレンズというのは高いですね・・・ここまでとは。

 楽しみです、これから。後はカヤックでどれだけ使えるか、使いやすいようなやり方や工夫を考えようかと。 


2010/12/04(土) 11:02 | URL | てっさん #-[ 編集]
ニコン
ニコンD90ですか、私と同じニコン党になりましたね

とても良い選択だと思います、レンズも含めて

一応カメラマンのはしくれからアドバイスさせていただきますと、まずは狂ったようにバシバシ撮るのと、自分が良いと感じる写真を沢山見て真似してみてください、この時余裕があればそのカメラの設定も参考にするのが良いです

環境が似たようなものであれば意外とあっさりいい絵が撮れるはずです
後はその設定をしっかり自分の物にし、それを繰り返していけばなんとなく色んな物が見えてくると思います

あと単焦点レンズは確かに写りは素晴らしいですがカヤック行には正直不向きです(書いていた人すいません

単焦点は被写体も環境も決まっていて、かつ、カメラマンがそれをコントロール出来る場合は強力ですが、カヤック行の場合は、特に水上ではどちらもどうにもできない時がほとんどです
カヤッカーはカヤックしにいくのであって写真を撮りに行くわけではないですし、まあ私は稀にありますけど…

一番良いのは標準ズームと高倍率ズーム(18-200とか)です、とにかくシャッターチャンス優先、画質は二の次
沢山撮ってれば自然と自分の撮りたい焦点域と設定が見えてきます(もっと望遠欲しいとか広角欲しいとか)ので、次のレンズはその時考えるものです

まずはバンバン撮りましょう



ちなみに私も最初の頃は普通のカメラ雑誌を見て技術的要素を、今ではナンバーやナショナルジオグラフィック、ちょっと高めのファッション誌(ヴォーグとか)を見て感覚とセンスの面で参考にしています


あとグランストリームの大瀬さんは広角の使い方がとても上手いです
2010/12/05(日) 18:33 | URL | イシケン #IqMj.zRI[ 編集]
Re: ニコン
イシケンさん、ニコンでしたか!
実は日曜日、カヤックに行かずに家電ショップを梯子しまして、一応念のため、別のメーカーも見てきました。
ソニーのα55なんか、10連写撮影やそれを利用した「パノラマ」撮影など出来て、遊び心満載で魅力的だったのですが、まあいろいろと制限等もあり。

 結局D90にやはり最終決定しました。

> 一応カメラマンのはしくれからアドバイスさせていただきますと、まずは狂ったようにバシバシ撮るのと、自分が良いと感じる写真を沢山見て真似してみてください、この時余裕があればそのカメラの設定も参考にするのが良いです

 ありがとうございます。とりあえず基本的なことは、本で読んだので、あとは実戦あるのみという感じで取りまくろうと思います。デジカメはやはりこういうところが便利です。

 良さそうな写真がネット上に相当数アップされていますので、その時の設定を真似させてもらいます。





> あと単焦点レンズは確かに写りは素晴らしいですがカヤック行には正直不向きです(書いていた人すいません
>
> 単焦点は被写体も環境も決まっていて、かつ、カメラマンがそれをコントロール出来る場合は強力ですが、カヤック行の場合は、特に水上ではどちらもどうにもできない時がほとんどです
> カヤッカーはカヤックしにいくのであって写真を撮りに行くわけではないですし、まあ私は稀にありますけど…

 単焦点レンズ、了解です。
 レンズに関してなんですが、実はもしかすると18-105ではなく18-200に変更するかもしれません。再度、重量及びバランスを試しに、両レンズを何度か付け替えてみたところ、以前思ったほどのバランスの悪さや重さを18-200に感じませんでした。

 そして店によって2万円プラスで18-200が手に入ります。とりあえず18-105買ってから、将来定価5万円の70-300が良いかなと思っていたのですが、いきなり18-200だけで済まそうかなと思ったりもします。
 
> 沢山撮ってれば自然と自分の撮りたい焦点域と設定が見えてきます(もっと望遠欲しいとか広角欲しいとか)ので、次のレンズはその時考えるものです

 実戦あるのみ、いいですね。僕のカヤックもそうですが、習うより慣れろというところですね。
 そういうのが性に合っています。

 ナショナルジオグラフィック!これからは今まであまり見なかった本等を参考に出来るので、そういった意味でも世界が広がって楽しそうです。

 大瀬さん、さすがは野生のカンが速くもカメラ撮影能力に生かされているのですね(笑)。

2010/12/06(月) 23:49 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。