ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 またどうでもいい話を。

今年は自分の車で3度ほどカヤック行に行っています。それで気づいたこと・・・・そう撤収がえらい楽だ。いや分かってはいたんですけどね。

 出撃に関しては、電車行でも自宅でパッキングする時間は有り余るくらいあるので問題ないのですが、撤収に関しては、特に時間に余裕の無い場合は、あくせくしなくてはいけないにもかかわらず、ちゃんとパッキングしなければいけないので、ちょっと面倒です。改めてくるまで行ってみると、持って行った大型防水バッグに濡れ物を適当に放り込んで行き、本体と船体布だけパッキングするだけで撤収OK。少々の水漏れなんぞ愛車が濡れる程度などで問題なし。

 いやほんと当たり前の事を書いているだけ・・・でも電車派にとっては新鮮なのです。

 でかいザックと装備をカートに乗せていくという、あの慣れないとしんどい故にあまり流行らないのかと思っていましたが、この撤収の面倒くささもあるのではないか、と改めて思いました。そしてその後は温泉なり食事に行けますしね。

 
                   
IMGP2916.jpg


 参考までにちょっと前の日曜日に、カサラノで瀬戸内の某所に行ってきて(まだ書いていません)、その撤収時の写真です。全ての荷物をちゃんとパッキング、もちろん艇の中に収めないといけない・・・ああ面倒くさ!と思われても仕方ないですね。それもこれでデイツーリングの装備ですから。そしてファルトゆえの組立分解もする必要があるし・・・・。これから電車行をやってみたい人には見せたくない画像ですね、載せてて言うのもなんですけど。因みに海故にこれだけの装備がいりますが、川なら随分楽ですよ。後、基本的に僕は小心物なので、比較的「重装備」です。

 でもやはり僕はそれでも電車行が好きです。

 理由は今まで書いたとおりですが、それに加えて最近特になんですが、単独行時で時間に余裕のある場合、のんびり艇と装備を乾かしながら近場を歩いたりして景色やその場の雰囲気を楽しんだり、地元の人と話したり、あの時間が結構いいものです。なんと言いますか、あの「格別の時間」とでも言いますか。現実世界に戻る前の「ワンクッション」の時間帯とでもいいましょうか。全然意味が違うのですが「逢魔が時」ならぬ「逢幸が時」と言ったところです、強引過ぎます造語ですが、それも出来の悪すぎる造語ですが。まあツーリングの余韻にも浸れますし。ただ正直時間の無い時は、面倒でしんどいだけですけれど。

 正直いいますと、車で行こうと電車で以降と楽しければどっちでもいいやと言われればそれまでなんですが、電車を進めるのはやはりファルトとダッキーにしか出来ない芸当だからです。これは10回は書いているかと。

 それはそうと、来年は間違いなくファルト界は今年より盛り上がりそうです。その辺の話も今後書いていこうかと思っています。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
遠征時、フェザー2艇とキャンプ道具をラゲージとリヤシートに無造作に積み込んだ我が家のランクルは、いつもまるで夜逃げ状態です!(笑)
2010/12/07(火) 19:06 | URL | サスケ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
サスケさん、夜逃げ(笑)・・いいですね、いや良くないか。
当方の愛車は兄との共同所有なので、道具入れっぱなしに出来ないのが難点です。
もっと車乗るなら、自分用の軽のバンでも買うのですが。

来年はもう少し車行を増やそうかと。
2010/12/09(木) 12:12 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。